5月11日台湾に、震度14?M14?の地震&170mの大津波が・・・来ないと思います。
5月11日午前9時から正午の間に、
台湾で震度14(M14?)の大地震が起き、
かつての世界一ノッポビル、Taipei101は3つに折れ、
170mの津波によって台湾は北回帰線を境に南北まっぷたつに分断される・・・。
ap_F23_20110501120203567.jpg

という電波・・・いや、予言が台湾で話題に。

新聞やテレビのニュースでも取り上げられるほどの注目ぶりだけど

広げた風呂敷のあまりの大きさに、逆に怖がる人が少なくて
女子アナさんもちょっと笑っちゃいながら報道するレベル。

・・・だったのだけど、その「王老師」の予言を受けて
南投にコンテナでできたシェルター(とはいっても見た目はただのコンテナ?)が200個も出現、

0_20110510053258.jpg


こんなコンテナで大丈夫なの!?と思ったら

「王老師」本人のために建設中のシェルターはスペシャル版。

5月5日に完成する予定だったのが
「建材の一部に、中国製のものが使われているので、取り替えてやりなおし中」とのこだわりようで・・・
7_20110510053229.jpg
11日に間に合うのか?


好奇心旺盛な人が多い台湾のこと、南投の現場には見物客が途絶えなくて
大部分の人はおもしろがっているだけだけど

中には真に受ける人もあり
一部の信者はコンテナを高値で購入したり
物資を買い占めたりしているそうで。

「王老師」の予言自体、
コンテナや物資の販売の目的での詐欺ではないか・・・との疑いも起きてきて
当局の対応は
とりあえず5月11日が来るのを待って、起訴に踏み切るかどうか決めるという感じらしい。


「王老師」は本名も顔も公開されていなくて、
自称50歳前後のビジネスマン、
ネットでこの予言を発信して有名になったんだけど

「これはいわゆる予言ではなくて、高度な科学による予測だ」と主張。

ネットの反応は

「そんな地震来たら台湾全滅でしょ、コンテナ意味ないじゃん」
「くだらない」
「こいつコンテナ業者じゃないの」
「でも女房の知り合いは真に受けて中国へ逃げたよ」
などなど。

多くの専門家たちが鼻で笑う中、中央氣象局局長は

「小説じゃないんだから・・・科学的根拠のない妄言で、人を惑わせるべきではない。」とのコメントを発表。

そもそも、震度って7までしか設定されていないんでは・・・?
M14ってこと??? それもどんだけ!?

自由時報;強震預言涉詐財? 檢511後傳喚

聯合報;傳511是台灣末日 南投避難貨櫃屋暴

本人のブログ

追記☆

皆さんも御存知のように、
5月11日は無事に過ぎ、
地震も津波も来ず、天気予報で来るはずだった台風さえコースを変え、
台湾は暑くてお天気な一日でした。


4時間で20億円!台湾の21ものテレビ局が、震災に緊急チャリティー!!!
「台湾の21ものテレビ局が集まり、日本のために特番をしている」

Twitterのジュディ・オングさんのツイートで
急いでテレビを点けると、
すでに4億台湾ドル(日本円で10億!)近いお金が集まっていました。
DSC01331.jpg

ジュディさんが歌っている間にも、

後ろのコールセンターの電話は鳴り止まず・・・


みるみる金額は跳ね上がってゆき、

歌い終わってしばらくすると

こんな金額に!
DSC01338.jpg


台湾の人口は2000万人、日本の5分の1です。

物価は日本の半分から三分の1。
その分、お給料も少ないわけで。

そして台湾も、長引く不景気に苦しんでいます。

DSC01391.jpg
それなのに、番組終了時には、なんと寄付金の総額は、
8億台湾ドル近く(20億円)にも!

おこづかいの中から100台湾ドルを寄付する子供さんから、
何百万・何千万台湾ドルを寄せる企業まで、

台湾の有名な億万長者、郭台銘(クォー・タイミン)氏は、
なんと2億台湾ドルを寄付!

番組終了後も、このまま電話は30分受け付け、
さらに後日振込も受け付けるそうです。

DSC01387.jpg
(写真は、台湾で活躍する日本人タレント、麻衣さん。
地震後日本から台湾に戻り、残してきたお母さんを心配なさっていました)


動画で~す。Accoねぇの解説つき。
急いでヒョウ柄だけは着たんだけど、
テレビ見ながらとっさに思いついて撮ったので
髪はボサボサ、顔もかわいくないし・・・


第一肝心のトークがイケてない・・・。
ほんとは、も少し上手です。中国語も日本語も。
そしてわれながらテンション低い・・・まぁ、真夜中なので近所迷惑だからかんべんしてね。


こっちは、台湾のスーザン・ボイルとも言われる美声とアレな風貌で、アメリカでも一世を風靡した
林育群(リン・ユィーチン)=小胖(シャオパン=おデブちゃん)クンの美声で、
宇多田ヒカルさんの「First Love」を、どぞ!



スペシャルゲストとして、
台湾総統馬英九(マー・インジョウ)氏も参加。

なんと忙しく電話応対するスタッフの中に、
馬総統の奥さん、台湾のファーストレディである
周美青夫人の姿も。


日本からサッカーの中田英寿さんも参加し、

SMAPから預かった手紙を代読。
(昔、909で木村さんの紹介で中田さんとビリヤードの「勝負」したことあります。^^)


真夜中の12時半に及んだ生放送・・・フィナーレまで、
ほどんどの出演者さんたちが残ってくださいました。
DSC01396_20110319064533.jpg


DSC01397_20110319064344.jpg
タイトルの【相信希望】とは・・・希望を信じる、ということです。





我是日本職業撞球選手「豹紋女王(不是暴力女王)」北山亞紀子(Akiko Kitayama)

以前在台湾練球6年、也台南國立成功大學語言中心念了2~3年的中文。

日本加油、感謝台湾!

我イ門一定再飛起來的!
わたしたちは、絶対にまた立ち上がって見せます。

日本有個好朋友台湾、真好!
台湾という友人が居てくれて、本当によかった。

追記☆
放送終了後も寄付は続き、その後4日間で40億円を集めています。
一昨年台湾で未曽有の被害を引き起こした「88水災」への寄付を上回る勢いだそうです。
http://ow.ly/4jhZK

追記☆
その後、台湾からの支援は150億円を突破しました。


日本人是如何面對災難  日本人はいかにそれに対処したか
Facebook上で、主に中国語ユーザーの間で
コピペされて広まっているアルバムがあります。

日本人是如何面對災難:讓世人上了一課!
(日本人は、いかに災難に対処したか;世界のお手本)


「櫻子(桜子)」というハンドルネームの
台湾の方の作ったものだと思うのですが

簡体字のものも繁体字のものも出回っているので、
中国の方かもしれません。

震災当夜の東京で帰宅難民となり
電話などに整然と並ぶ、
また黙々と歩いて帰宅する日本人を映した写真をまとめて、
こんなコメントがつけられていました。



現在全東京電話都不能用,只有網絡。
所有人這時候都在走路回家,電車癱瘓。
現在、東京では電話は通じず、ネットしかつながっていません。
電車も動いていないので、人々は徒歩で帰宅しています。

日本人只擔心沒食物。店長還很敬業的開店,怕大家沒食物吃。
只有超市關門,貨物都倒了,無法營業。

日本人たちが心配しているのは、食べ物がなくなること。
お店の人は、こんな時なのにその不安に応えるためにお店を開けています(尊敬に値しますね)。

スーパーは閉まっていますが、
棚が崩れてしまっているので、営業できないためです。


幾百人在廣場避震完畢,整個過程,無一人抽煙。
服務員在跑,拿來一切毯子,熱水,餅乾。

何百人もの人がデパートに避難し、誰一人煙草を吸う人はいませんでした。
従業員は忙しく働き、毛布やお湯やクッキーを配ってくれました。


所有男人幇助女人,跑回大樓為女人拿東西,接來電線放收音機。
幾個小時後,人散,地上沒有一片垃圾。

男性たちは女性を助け、ビルの中に女性のために貴重品を取りに戻ってあげたり・・・・。

ラジオで情報が流され、
数時間で人々は散ってゆきました。

その後には、ゴミのひとつも落ちていません。


地震後,日本三得利公司宣布所有販售機將免費供應飲料!
サントリーは、自動販売機の飲み物を無料で提供、

日本的711和全家全部免費提供食品和飲水!
渴了,自動販賣機免費,餓了,便利店免費;累了,大超市開放避難,寂寞了,公眾電話免費;聽不懂日語,電視台中文喊話教怎麼避難。
喉が渇けば無料で飲めて、おなかがすけばコンビニも開いている。

疲れればあちこちに避難所や休憩所が設置されている。
寂しければ公衆電話も無料(これは一部の被災地のみ)、
日本語がわからなくても、日本のテレビで避難の仕方を中国語でも放送してくれる。

這就是國家形象,日本雖然受災,日本人卻給世人上了一課。

これが、国家のイメージというものでしょう。

日本は、大きな災害を蒙ったけれど

世界中にお手本をみせてくれました。

一日本網友說:說句心裡話,雖然我在日本,但其實慶幸是發生在日本,不然死傷人數肯定很恐怖,我相信全世界只有日本才可以把死傷降到最低!


「これが起きてしまったのが日本で・・・
確かに死傷者の数は恐ろしいほどだけれど、
日本だからこそ、その数を最低限に抑えられる!」と、
日本のネット友達が書いていました。



<轉至櫻子>原址
http://www.facebook.com/album.php?aid=56178&id=107093512653873
(わたしのネタ元は上のURLですが、作者かどうかは不明です)



四川大震災
12日午後2時28分に発生した中国四川の大震災。
連日、新聞紙面を見るに耐えない写真が埋める。

廃墟のようになった街にあふれる、血まみれの生きている人たち、死んでいる人たち。

小学校で授業中に生き埋めになり、折り重なって掘り起こされた
眠っているようで、でももう目覚めることのないこどもたち・・・。

「各国からの義捐金と救援物資は感謝して受け取るが、人的支援は受け入れられない」

「借りをつくりたくない」「国民の対日感情が良くなるのは内政的に困る」?ためか、
受け入れを拒否していた中国トップ。
「人的援助受け入れ困難」…救済局長

遅すぎるきらいもあるけれど、ここへきて日本からの受け入れを決めた。
中国、日本を初の人的援助受け入れ国に決定



当初5名と発表された犠牲者数も加速度的にふくれあがり、
今日の報道では死者14866名、生き埋め(生死不明)9万名・・・。
追記:さらに増え、死者5万人を越える見込みに・・・
四川強震 五人死亡百多人受傷>>>四川強震大陸官方最新統計:107死、34傷>>>四川強震死14866人9萬人遭埋
>>大地震の死者、推計で5万人超える…中国政府


「命の鍵を握る72時間」はもう過ぎてしまったけれど、
”台湾の921地震”では地震発生後88時間後に
当時6歳だった子供が、がれきの下から救出された例も有る。

一刻も早く各国からの人的支援を受け入れ、
一人でもたくさんの人を見つけて助け出してあげてください!

政治的な考えで受け入れが遅れることで、
掘り出す人たちは間に合わずに死んでいってしまう・・・。

DSC01609.jpg



犬だと思って捕らえてみれば・・・
おととい台湾の新聞に載ってたんだけど


中国の山東省(歴代一番かわいいビリヤード世界チャンプ、パン・シャオティンの出身地!)で、
夜中に家の見回りをしていたお年寄りが野良犬を捕獲。
翌朝よく見ると、犬じゃなくって仔ライオンだった!

というびっくりニュース。

捕まえた人のコメントがまたびっくり。

”いやぁ、びっくりしたよ。
犬だと思って食べようと思って捕まえておいたのに、
翌朝になってよく見たらライオンなんだもん。”

さすが中国の田舎・・・。

犬捕まえて殺して食べる!!!日本ではもとより、台湾でもありえない~!

って紹介しようとしたんだけど、
過激な報道で有名なA新聞の記事だったので
裏を取ろうと思ってネットで検索。
”獅子”と"山東”で検索して
ヒットしたうちの2件。

ディテールが微妙に違ってる。

ひとつは

『お年寄りが自宅で夜中に見回り中、
大型犬が車に轢かれそうになったところを何人かでで力をあわせて助け、保護した。
翌朝見てみると生後3ヶ月くらいのライオンの子で、びっくり・・・
引き取った動物園によると
サーカスから逃げてきたものと思われるそうだ』
日付は10月15日。
http://tw.news.yahoo.com/article/url/d/a/071015/17/me4l.html
ふむふむ、よく似てるけど、
肝心の「食べようと思って捕まえた」っていう部分が無いよ?
しかも、車に轢かれそうなところを助けた???美談じゃん。

他にも発見。

同じく15日付けのニュース。

”一人のお年寄りが自宅で”ではなく”二人のガードマンが勤務中に”発見、
"何人かで力をあわせ”ではなく”二人で力をあわせ”て助けたことになってるけれど、あとは同じ。やっぱり"助けた”ことになってる。

???”食べようとして”はどこから来たの???

山東保安員救回逃出小獅子
2007年10月15日http://www.hkheadline.com/news/headline_news_detail.asp?id=35711§ion_name=wnn


更に探してみると、
ご当地中国山東省のニュースサイトでこんな記事発見。

http://www.sdtv.com.cn/news/shipin/zhengwushiguang/200710/81350.htm
『ガードマンの贾老人が食後に散歩していたところ、道端に何か黒いものが居るのを発見。犬かと思ったが、眼を見ると猫のよう?とりあえず何人かで一苦労して捕らえて、翌朝明るいところで見ると、
ライオンだった・・・(いや、虎だ、豹だ、山猫だ、といろんな意見に分かれたらしい)。
どうしていいのかわからなかったので、贾老人はとりあえず110番通報して
警察に任せた。』


日付は10月10日。
一番古いし、これが元ネタっぽいなー・・・。

それが、中国国内でひろまるにつれ、
"車に轢かれそうなところを助けた”と、美化されて伝わり、
逆に台湾向けのニュースとしては
"食べようと思って捕まえた”と、おもしろおかしく脚色されたんだろーな。

あーあ、かる~い小ネタとして5分でアップするつもりが、

こんなに長くなっちゃって・・・2時間かかりだ・・・読んでくれた人も、ご苦労さま!
特にビリヤード関係の諸君はごめん!

でも、しつこいようだけど、ウチは『ビリヤード専門サイト』じゃないからさー・・・

本命のビリヤード関係のネタ・・・女子プロツアー結果&写真、全国運動会(台湾の国体)ネタ・・・は、明日にでも!

殺しますか? あなたなら・・・
殺し屋を雇って復讐・・・あなたならどうする?
昨日(12月13日)、台湾の新聞読んでたら、目に飛び込んできた見出し。


婦雇洋殺手 報夫仇


直訳すると、

”妻が西洋人の殺し屋を雇って 夫の仇を討った”


そして、”大陸(台湾では中国の意味)”、”日本人”、という文字も目に入った。



えっ!?中国で日本人が殺されたの!?と一瞬思ってよく読むと・・・・・なんか衝撃的な事件だったので紹介するね。
事件自体は4年前のことで、今回最終判決が下ったっていう記事。

(少し検索してみたけど、日本では報道されてないみたい?
もっと注目されてもいいと思うんだけど。)


場所は中国。
33歳の中国人女性が、殺し屋(ロシア人)を雇って
ある男性(中国人)を殺した。
夫(日本人)のかたきを討つために。



Copyright © Acco姐ェ...キューを担いだ渡り鳥 / ビリヤードプロ【豹柄☆女王】北山亜紀子オフィシャルブログ. all rights reserved.