2009第3回緯來男子テレビマッチ『撞球王子 』柯秉逸連覇!
KA-


準決勝1試合目

『撞球王子』 柯秉逸 V.S. 『扶桑剣客』 古田和男


柯秉逸がスタートダッシュ、5-0でリード。
そのまま勢いは止まらず、11-2で圧勝。


準決勝2試合目

『火雲邪神』 張榮麟 V.S. 『拉桿王子』 傅哲偉

先週の台湾の国体「全国運動会」9ボールで優勝を飾った張榮麟、
6-3で序盤リード。
しかし、傅哲偉5~6連続マスワリでまくり、7-11と逆転勝利。

決勝戦

柯秉逸  V.S. 傅哲偉


序盤こそシーソーゲームだったが、
中盤以降柯秉逸が4連続マスワリをからめ、6連取。
10-3でぶっちぎリーチ。

続く第14ラック、柯秉逸4番を入れて自ら5番を隠し、傅哲偉が取りきり11-4
15ラックで傅哲偉ブレイク9、11-5とするが、そこまで。

11-5で柯秉逸が前回に続いてテレビマッチ優勝を決めた。

先週の全国運動会では、
宜蘭代表として9ボールで出場するも
復興高校ビリヤード専攻時代の先輩、張榮麟に負けて
惜しくも準優勝だったカーくん。

連覇おめでとう!


関連過去記事
台湾の国体「全国運動会」

ネタ元
2009緯來男子職業撞球大賽第三站決賽:撞球王子 柯秉逸連莊

第230回 台湾男子プロツアー
林口KEJ撞球館で開催された
第230回台湾男子プロツアー。

江振宇(ジャン・ゼンイー)が、プロ入り初優勝!

彼は、 トップアマとして活躍し、柯秉逸と同時にプロ入り。
しかし、その後スランプだったのか、
実力を認められながらも、目だった活躍がなかった。

ついに、沈黙を破り優勝!!!

230.jpg
写真左から3位タイの余豊熙(ユィー・リーシィー) 、準優勝の呂輝展、会場のKEJ撞球館の人、優勝の江振宇、3位タイ黄坤城(ホァン・クンツェン)

写真右端、3位の黄坤城のサイドネームは『風城国王』で、
準優勝の『風城小子』呂輝展の師匠にあたるそう。
(風城とは、彼らの出身地「新竹」の別名)



さて、江振宇x呂輝展の決勝戦では、ひと波乱あったそうで・・・



江振宇が先行リーチをかけたとき、スコアは10-5のぶっちぎり。

続く第16ラック
1番で呂輝展がセイフティ、江振宇、これをクッションからみごとに1-9コンビ!

ゲームボールが入り、観客が大拍手をする中、呂輝展が抗議。

江振宇が、球触りをしたらしい。

抗議は聞き入れられ、ゲーム再開。
このラックは呂輝展が取り、10-6に。

第17ラック
呂輝展、4番を外すも、3クッションでフロックイン!
ここから取りきり、10-7

第18ラック
江振宇1番セイフティ、呂輝展キックインから取りきり。
10-8

第19ラック
呂輝展ドライブレイク。江振宇難しい1番をサイドへ攻め、ミス。
呂輝展取りきって
10-9

第20ラック
1番で、双方セイフティの応酬。
呂輝展、きびしい1番をねじ込み、満場の拍手を浴びる・・・が、
続く極薄2番でなんと空振り!
あと5個取りきれば優勝の江振宇、2番イン、5番イン、
しかし薄くなった6番をまたもサイドミス!
呂輝展、6番イン、8番をメカニカルブリッジで狙うが、
9番への出しはいまひとつ。
しっくり来ないようで、慎重に狙い直すがミス!・・・が、結果セイフティに。

江振宇(たぶん縦)バンクノーイン>>渋く残る
呂輝展(たぶん縦)バンクノーイン>>渋く残る

江振宇、この9番を(たぶん縦)バンクで入れ、
11-9で初優勝を飾った。

江


(実は、彼は某有名女子プロの彼氏でもある。
彼女さんも喜んだでしょうね!)

230-0.jpg


ネタ元(写真・表も。Thanx,EDIFY!)
體委會盃全國職業撞球排名賽第230站:江振宇開胡

第229回台湾男子プロツアー 優勝は台南の戦神!!
12日に開催された、第229回台湾男子プロツアー。

優勝は、『府城(台南の別名)戦神』鄭從華(ゼン・ゾンファー)。

柯秉逸との接戦を征し、久方ぶりの優勝だ。

決勝戦も、ベスト8もヒルヒル、紙一重のところをツキに恵まれた。

この日の彼の「強運」についてネタ元のEDIFY氏が書いている。



わたしは、227回プロツアーで
鄭從華が決勝で柯秉逸に敗れた時にこう言ったものだ。

「君は柯秉逸に負けて当たり前だよ。・・・
(なんて感じ悪いことを!?!?・・・と思いきや)
・・・だって、今日カー君には、ご両親と二人の弟という大応援団がついていたからね!」

そして今回はその逆だった。
柯秉逸のご家族は今回は見えず、
鄭從華には二人の応援団が!・・・奥さん、そしておなかの赤ちゃん!

人数で、3:1で勝ったわけだ。

それに、結婚したとき、子供ができたとき、
選手はがんばるものだからね。






会場のAll In 撞球館の潘承利から賞状を受け取る優勝者の鄭從華。
ap_F23_20090912100006150.jpg

ベスト4の面々。
左から、3位タイ呂輝展、準優勝柯秉逸、一人置いて優勝鄭從華、3位タイ 張裴偉。
ap_F23_20090912100002559.jpg

ベスト16決勝日のトーナメント表。
ap_F23_20090913011828580.jpg

ネタ元(写真・トーナメント表もここから。Thanx,Edify!)
体委會盃全國職業撞球排名賽第229站All In站:戦神奪冠

第229回台湾男子プロツアー予選日結果 ベスト16は・・・
11日に「All-In 撞球網路館」で行われた
第229回台湾男子プロツアー予選は
参加者53名とやや少ない人数での開催となった。


林シ元君・周捷予の2名のトップ女子プロが参加、
うち周捷予はみごとベスト16に進出。


翌日の決勝シングルに勝ち残った
ベスト16の顔ぶれは


勝者側から
柯秉逸(カー・ピンイー)
傅哲偉(フー・ザーウェイ)
呂輝展(ルィー・フェイザン)
古田和男
王泓翔(ワン・ホンシャン)
潘聖平(パン・サンピン)
鄭從華(ゼン・ゾンファー)
盧勳成(ルー・シンツェン)

敗部側から
張裴偉(ザン・ペイウェイ)
張榮麟(ザン・ロンリン)
李昆芳(リー・クンファン)
張玉龍(ザン・ユィーロン
汪國斌(ワン・グォーピン)
林桂民(リン・グェイミン)
陳欣富(ツェン・シンフー)
そして、紅一点周捷予(ジョウ・ジェイイー)

ネタ元>>
體委會盃2009全國職業撞球排名賽第229站前16

古田和男P、台湾プロツアー2年ぶり4度目(?)の優勝!!!
Cue's連載『台湾撞球明星☆列伝』第3回にも登場いただいた
古田和男Pが、台湾男子プロツアーで2年ぶり4度目(?)の優勝!!!
20081217022654.jpg

めでたいっ!

台湾育ちで日本台湾ハーフで日本国籍。

彼が語学留学しに来日(?)していた昔(15年くらい前?)
渋谷のCUEの常連どうしだったんだけど、
そのころは日本語があまり上手じゃなかったし、
わたしは北京語なんてまったく話せなかったなぁ。


レベルの半端なく高い台湾プロツアーで、しかも
今年のランキングトップ3を軒並み直接対決で倒しての優勝は、
まったくすごいの一言!

おめでとう!

先週、台湾女子ツアー後の夜中に
練習相手になってあげた(教えてもらってただけ、とも言う)かいがあった♪

ap_F23_20081217070705242.jpg


ネタもと1(写真はここから)
Hammerくんとこ


ネタもと2(トーナメント表はここから)

Edifyさんとこ

プロツアー優勝の超ダークホース「盧勳成」って誰!?>>調べました
ap_F23_20080910113920195[1]

なんとダークホース無名プロの盧勳成(ルー・シュンチェン)がプロツアー初優勝して終わった
220回台湾男子プロツアー。

(盧勳成について知らなかったので
最初はアマチュアが優勝したのかと思ったんだけど、
プロなんだそうです。)

ベスト8で台湾No.1を永年張ってきた『撞球の申し子』楊清順(ヤン・チンスン)を破り彼の3連覇を阻止。
準決勝せは、2005年9ボール&8ボール世界チャンピオン呉珈慶(ウー・ジャーチン)を下し
決勝戦で今年の国家代表である 王泓翔を相手にヒルヒルの戦いを制しての堂々の優勝だ。

ap_F23_20080910113911632[1]
左から、今大会3位タイ呉珈慶・優勝者盧勳成・ESPN解説者でもある張文炳コーチ・惜しくも準優勝の王シ弘翔・3位タイの『小飛侠(=ガッチャマン)』朱宏銘(ツー・ホンミン)

ap_F23_20080910023631476[1]


ちなみに優勝賞金は 60000台湾元(日本円で21万円くらい。
物価が違うので2~3倍の価値あり)

盧勳成って誰!?

いろんな人に質問されたし
わたしも気になったので
調べました♪

検索してみつけた記録では
4年前の全国運動会(台湾の国体)撞球9ボールダブルスで
張皓評と組んで金メダルを獲得している。

また過去の新聞記事によると
2006年のフィリピン開催の世界選手権では
「キュー買うお金が無くて」ハウスキューで出場、
グループラウンドを3連勝で突破してベスト64入り。
(テレビテーブルでロドニーモリスを倒したそう)

いやー、台湾にはまだまだ未知の強豪がごろごろしているのねー。
層が厚いにもほどがある!!

写真・トーナメント表は、ここからいただきました。Thanx,Edify!
全國職業撞球排名賽第220站前4名

この試合に関してさらに詳しくは

自らも参戦して女子世界選手権2連覇のツワモノ金佳映(キム・ガヨン)相手に金星をあげ(おめでと!)決勝戦では大スキな王泓翔を手に汗握って応援(涙 した、王の大ファンHくんの 参戦記でどぞ!


第218回男子プロツアー 影の主役!
女子世界選手権チャンピオン 金佳映(キム・ガヨン)、
台湾男子ツアー5位タイ入賞!!!


ap_F23_20080719115932289.jpg


決勝2回戦で優勝者の楊清順(ヤン・チンスン)に敗退するものの、

世界でもレベルの高さで知られる台湾プロツアーでこの成績はごりっぱ!

(先週のツアーでは世界選手権準優勝者、郭柏成(クォー・ポーチェン)に勝つものの予選敗退。

「もっと胸元とか露出したかっこうで出れば勝てるよ!」っていうわたしのアドバイスを
「やだ!」って即却下したクセに、
しっかり谷間強調してるじゃーーーーーん!)

写真はEdifyさんとこから。Thanx!!

217回 男子プロツアー 決勝日
12,13日の217回プロツアーでは、『撞球王子』現ジュニア世界チャンプ、柯秉逸(カー・ピンイィー)が優勝。


DSC02280.jpg
じーーーーーーーーーーーーーっと見つめて応援していた弟クン
(将来間違いなくトッププロになる!逸材!かわいいし!)と。

準優勝は、昨年プロツアーランキング1位タイ、ジュニア世界選手権2連覇『風城小子』呂輝展(リィー・フェイザン)』、『火雲邪神』ギネスツアーチャンプ張榮麟 (ザン・ロンリン) 、前々回優勝の陳英傑(ツェン・インジェー)とトッププロたちをなぎ倒したダークホース
新人プロ黄仲偉(ホァン・ゾンウェイ) 。
DSC02447.jpg
3位タイは
『玉面飛龍』張玉龍(ザン・イーロン)
DSC02444.jpg
世界ジュニアチャンプ『少年球王』陳英傑
DSC02445.jpg

ap_F23_20080714044828311.jpg
トーナメント表はEdifyさんとこから。謝謝!
Edifyさんとこ


引き球王子、優勝! 第216回華園盃台湾男子プロツアー
台北は鉄人撞球館で行われた 第216回華園盃台湾男子プロツアー。
5月4日日曜の決勝日、優勝を飾ったのは

世界選手権3位タイ
『拉桿王子(引き球王子)』 傅哲偉(フー・ザーウェイ)
ap_F23_20080504100840844[1]




準決勝で現ジュニア世界チャンプにして昨年スーパーカップ優勝者
『撞球王子』柯秉逸(カー・ピンイィー)と、
この前の月曜テレビマッチに引き続いての”王子対決”。

(過去記事柯秉逸”王子対決”を征し、ベスト4へ!!!

 あのときの借りを11-3とぶっちぎって返し、

決勝戦では3年前のテレビマッチ年間チャンプ 鄭從華 (ツン・ゾンファ)を13-5と寄せ付けず。


準優勝 鄭從華
(過去記事台湾の高速道路でUFOに遭遇!このときの動じないドライバーが、この方です。)
ap_F23_20080504100836903[1]


3位タイ、世界選手権8&9ボールWチャンプ呉珈慶(ウー・ジャーチン)
ap_F23_20080504100833172[1]



3位タイ 現ジュニア世界チャンプにして昨年スーパーカップ優勝者
『撞球王子』柯秉逸(カー・ピンイィー) 

Cue's6月号(5月2日発売最新号)にて、
この王子さまのインタビュー記事掲載!
取材は、わたくしAcco姐です♪
ap_F23_20080504100830417[1]


わたしの"地元”台南から参加の若手プロふたり、
『府城神手』汪國斌(ワン・グォーピン)。
ap_F23_20080505124129594[1]

小林(しゃおりん)こと、林泰成(リン・タイチェン)
ap_F23_20080505124134667[1]

あと1歩の5位タイ。
実力はバリバリ。
レベルが高く、層が厚い台湾では大変だけど
結果が出るのももうすぐだよね!

ap_F23_20080504100439906[1]
Steven,久しぶりの入賞おめでとう!


ap_F23_20080505012039244[1]



ネタもと(写真&トーナメント表も) 撞球協會長青組球友的發聲管道
謝謝、Edify!


金佳映大暴れ!!!第216回華園盃台湾男子プロツアー予選
昨日行われた第216回華園盃台湾男子プロツアー予選。

韓国の『小魔女』 女子世界選手権2連覇の金佳映(キム・ガヨン/中国読みだとチン・ジャーイン)が参戦、
予選1回戦、いきなり前回優勝者の陳英傑(ツェン・インジェー)と当たり、
3-7でリードされるも、
さすが3Cをバックボーンに持つ彼女。
ばっちり決まったセイフティを2回返すなど食い下がり、9-7と逆転を勝利!!

『拉桿王子(引き球王子)』 傅哲偉(フー・ザーウェイ)に4-9で負けて敗者ゾーンに回るも、そこからがただものじゃない!




9-4で2006 9月兵庫オープンの優勝者 蕭偉文(シャオ・ウェイウェン)を破り、

9-6で『冠軍終結者』(クゎンチンゾンジェーザ=チャンピオン・ターミネイター エフレンや趙豊邦などなど世界チャンピオンクラスにめっぽう強い)康進清(カン・シンチン)を破り、

9-7で最近安定した成績を残している
『風城小子』 呂輝展(ルィー・フェイザン)まで、試合からたたき出してしまった!

そして堂々の決勝ベスト16進出。


そして今日、決勝シングル。
どんな暴れっぷりを見せてくれるのかなー?

>>追記:決勝1回戦で、前半先行するも、9-11で 江柏澤に敗退、9位タイ。
しっかし、台湾男子プロの中での9位タイは、すごすぎ!!


ap_F23_20080504100502682[1]



ネタもと(写真も) 撞球協會長青組球友的發聲管道
謝謝、Edify!

もっと詳しい予選のようすは、参戦したHammerクンとこで!

台湾プロツアー事情通Edifyさんの目線から。
事情通Edifyさんの記事が面白いので
以下、少し引用させてもらいます。

昨天在台南舉行的職業會第215站有幾件特別的事情:
=昨日のプロツアーでは、特別なことがいくつかあった。

其一,久沒表現的「少年球王 」陳英傑獲得了冠軍。陳選手一兩年前似有倦勤的感覺,我們很高興他終於歸隊了。
>>その1;ここしばらく結果の出なかった『少年球王』陳英傑が、優勝した。
おかえり、陳英傑。

其二,「扶桑劍客 」古田和男前一陣子身體欠恙,這回拿到第3名,大概身體已恢復了。
>>その2; 『扶桑剣客』古田和男は、しばらく体調が思わしくなかったのだけれど
今回3位に入賞したところを見ると、もう体のほうは大丈夫なんだろう。


其三,金牌 林シ元君的阿那達 江振宇終於打破了進入職業會的沈寂,打入了前8。
>>その3;アジア大会金メダリスト(&新・世界チャンプ)林シ元君の彼氏、江振宇が、
ベスト8入り。

其四,國一小將 劉政杰再度進入了前16強。
>>その4;中学1年生の 劉政杰、またしてもベスト16入りの快挙。


ap_F23_20080414054054847[1]


このトーナメント表もEdifyさんとこから。Thanx!

第214回 台湾男子プロツアー 
3月15・16日
第214回 台湾男子プロツアーが、
(わたしの地元)台南市で開催された。

会場は
700坪、58台(柱なしワンフロア!)のマンモスビリヤード場『富豪士撞球概念館』。
(NYにマンモス・ビリヤードっていうお店あったなぁ。。。)

優勝は、ジュニア世界選手権3連覇者、『小覇王』こと呉育綸(ウー・イールン)。
決勝の相手は現ジュニア世界チャンプ『撞球王子』柯秉逸(カー・ピンイィー)。

写真左から・3位スーパースター楊清順(ヤン・チンスン)、優勝呉育綸、会場の店長さん、準優勝柯秉逸、3位張皓評(チャン・ハオピン)

shojo.jpg


若者に混ざってハオピンさんがいい味出してます。
こう見えても、かつての世界選手権準優勝者。
新婚さんであり、パパにもなった幸せいっぱいの彼は、前回も3位と健闘。


さて、決勝戦。
呉育綸1-0から天才ぶりを発揮したものすごい内容のマスワリ3連発で4-0スタート。
そのまま13-5と柯秉逸をぶっちぎっての勝利。


世界チャンピオン呉珈慶と柯秉逸、呉育綸は、同じ年生まれで
若きライバル同士。(学年は呉育綸がひとつ下)

でも、ここ数ヶ月の戦績は

11月、ジュニア世界選手権、決勝戦で柯秉逸が呉育綸を倒し世界ジュニアの頂点に立ち、
呉珈慶は全日本選手権を征し、
12月には呉珈慶が柯秉逸を台湾テレビマッチの年間チャンプ決定戦で破り優勝、
その翌週には
柯秉逸が世界中のプール・スターズをなぎ倒しスーパーカップで優勝。
2月のプロツアーでは呉珈慶が決勝戦でヒルヒルの激闘の末柯秉逸を倒し優勝、
かと思えば翌週にはタイのブランズウィックオープンで、
柯秉逸がフィリピンのデニス・オルコロ相手に14:4からまくって15:14で優勝、と

国際舞台での活躍がめざましい柯秉逸と呉珈慶に対し、
層の厚い台湾で国際試合へ出るチャンスが与えられず国内で”くすぶっている”感の有る呉育綸。

プロツアーに賭ける気合が上回ったのも勝因のひとつ?

ap_F23_20080317120553170[1]


トーナメント表は、
Edifyさんとこから。

Edifyさんがこの記事で呉育綸に対し、「おめでとう、でも、これで天狗になってはいけない」、と苦言を呈している。

それというのも、
数日前に行われた全国中高生の試合で、決勝日の1試合目で名門復興高中(呉珈慶やギネスツアーチャンピオン張栄麟、柯秉逸の出身校) の陳唯凱と対戦した時に、
7:2のリードからひっくり返され9:7で敗退した呉育綸は、そのまま敗者側の試合を棄権して帰ってしまったそう。
「協会から処分を受けることになるのかはわからないが、
スポーツマン精神に欠ける行動だ。
まだ若い、先は長い。行動は慎重に。」とさとしてらっしゃいます。

若き天才クン、きまぐれもほどほどに!


呉珈慶がヒルヒル同級生対決を征す!台湾男子プロツアー第2戦
きびしいヒルヒルの戦いを征したのは、
2005世界チャンピオン呉珈慶(ウー・ジャーチン)!

wu--


惜しくも僅差で優勝を逸したのは、
2007ジュニア世界チャンプ
柯秉逸(カー・ピンイィー)
ka-kun-akiko


13先で行われた決勝戦では
呉珈慶が10-4と大幅リードした段階で、
誰もが「ああ、もう終わったな」と思ったけれど・・・

そこからがもつれた。

双方、ブレイクが思うように決まらない。(特に呉珈慶)
(普段、二人ともブレイクには定評があるのにね)

10-8のとき、呉珈慶が⑥をイージーミス。

そのとき、Edify氏は「これは、もしかすると・・・ヒルヒルにまでもつれるかもしれないな」との予感があったとか。

その予感は当たり、
柯秉逸が12-11と、
大逆転先リーチ!!

ところが、最後にツイていなかった柯秉逸、
スクラッチで呉珈慶にチャンスを与えてしまい、

13-12で死闘は決着。

復興高校ビリヤード専攻のクラスメートであったこの二人、

ここ数ヶ月の活躍ぶりはめざましい。

11月に柯秉逸がジュニア世界チャンピオンになり、
呉珈慶は全日本選手権を征し、
12月には呉珈慶が柯秉逸を台湾テレビマッチの年間チャンプ決定戦で破り優勝、
その翌週には柯秉逸がスーパーカップで優勝・・・。


この記事書きかけにつき、後で追記しま・・・・・
Copyright © Acco姐ェ...キューを担いだ渡り鳥 / ビリヤードプロ【豹柄☆女王】北山亜紀子オフィシャルブログ. all rights reserved.