応援感謝!今回のNYでの私のチャレンジは、ベスト16、9位タイで終了致しました。

FSCN4893.jpg

今回の私のチャレンジは、ベスト16、9位タイで終了致しました。
応援ありがとうございました!
そして
私がここまで来ることを支えて下さった方々に、もう一度この場でお礼を申し上げます。
ありがとうございました。

I finished best16 #9 .Thank you for your support,I love you Guys!
我打完了。第9名。謝謝支持我!

女殺手、フィリピンで大暴れ!?
フィリピンで男女ともに開催中の、フィリピンオープン。

プロ選手のギャンブルは合法な国だけあって、
夜ごと地元のビリヤード場で、
試合とはまた別の熱い勝負が行われているらしい。


そんな鉄火場で、
世界選手権チャンピオンであり
アジア大会の金メダリストでもある
台湾の「女殺手」林シ元君(リン・ユェンジン)が、

ある意味「大暴れ」した、というニュースを
アムウェイカップ覇者の「大眼妹」こと周捷予(ジョウ・ジェイユイー)がFacebookに書いていたので

本人の許可を得て紹介するね。
林
(写真は、台湾のテレビマッチのときのもの。)


林沅君ってば、ほんとにもうかっこよすぎ!

80人くらいがプレイしているビリヤード場で
いきなりマイクを取って歌い出すんだもん。

そしてそのままマイク離さず、次々に何曲も歌いまくり!


しかも華台2台では、真剣勝負が行われていたのに・・・

傅哲偉と撞いていたゴメスなんて、モロ影響受けて、バラバラになってた・・・(笑。

哲偉兄さんは、もし勝ったら林沅君に感謝しなきゃね! 

もう、店中、爆笑の渦に巻き込まれちゃった。

彼女に、100個の「いいね!」をあげる!


元の文章>

林沅君真的太酷了!球場裡將近80個在打球,還有兩桌在打網子,她直接把mic拿起來唱歌,還一首接一首,唱到gomez一直拔捍快打不下去!偉哥如果贏了要謝謝她!快把全場笑翻了!給她100個讚!



さすが、天然ムスメとして名高い「女殺手」・・・。


たぶん、中国語でなく、台湾語の演歌を熱唱したんだと思う。
ニコニコしながら・・・。
そちらも、ライブで中継希望!
(以前、ビリヤード協会のイベントでも確か歌っていた)


堂々ったる歌いっぷりに、
真剣勝負中だった「スーパーマン」ロベルト・ゴメスもグダグダになってしまったようで。
「引き球王子」傅哲偉のほうは、免疫ができているから大丈夫だったのかな。

勝負の行方も気になるところ。

ところで肝心の試合のほうは、ステージ2二日目を迎えています。

この試合の詳しい情報は
On the Hillさんとこから、どうぞ!
フィリピンOPEN2日目




マニー・パッキャオ、6階級制覇!
フィリピンの英雄、マニー”パックマン”パッキャオが、
6階級制覇の偉業を成し遂げた。
pacman.jpg



ビリヤード好きで知られる彼。

わたしの妹分である元JPBAの凄腕女子プロ井上直美(産休中)がフィリピン修行の際には、彼と5回も対戦していた(もちろん、ボクシングではなく、ビリヤードで!)し、

来月には12月17日のマニ―パッキャオの誕生日の前日12月16日に彼の故郷で本人主催のバースディトーナメントも開催されるそうだ。(情報は、One-Sideさん)
会場はジェネラルサントス市にある"PACMAN'S BAR"で、賞金総額1000万円!

太っ腹・・・。


しかし、ほんとうにすごい6階級制覇。

今回の快挙には

ビリヤードの世界チャンピオンであるミカ・イモネンも、
Facebook上に祝福コメントを寄せていた。

「あなたと同じ誕生日、同じスポンサー(Cafe Puro)を持つことを誇りに思います。

        From ICEMAN to PACMAN 」    と。







スーパースター・エフレン・レイズに引退説を直撃!
 さて、この間書いたエフレンとジャンゴとゆりかもめ

エフレン2010年を最後に引退なのか!?・・・を、ご本人に直撃!という大ネタを


ほんのさわりだけ書いて、後半は放置プレイ。



私も女子として
「思わせぶりに、じらすテク」が一人前になったものだ・・・



というか、

すっかり忘れておりました。 健忘症? 痴呆??? きゃー!

と言うわけで、続きね!

さて、一緒に歩いて駅まで行き、
ゆりかもめに乗って移動したわたしとフィリピン軍団。

エフレンに直接聞いてみたいと思っていたので
単刀直入に


「今年を最後に引退するって弟子のSくんから聞いたけど、そうなの?」


お答えは・・・・・





続く






だと、さすがにみんな怒るよね!


「アメリカや、ヨーロッパなど世界中を回る生活は、2010年で終りにするつもりだよ。フィリピン国内とアジアは別。自分は、まだこんなにグッドプレイができるのに、引退する必要はないだろ?撞けなくなったら引退するよ!」

この頼もしい続投宣言は
わたしにとってもうれしく

「うわー!それはそうよね、
あなたが引退したら、世界中のファンは泣いちゃうもん!」と言ったら

あのスマイルで笑っていました。


タイミング的には、
初日深夜までの予選、二日目朝から特設で連続試合という
ハードなジャパン・オープンの決勝日(準優勝)直後でもあり

「自分はまだまだやれる」

と体力的にも更に自信を深めたようでした。



以前Sくんが言っていたように

「世界中を回るのは2010年が最後、
この1年は忙しく飛びまわることになるので
フィリピン国内にあまり居られないし先のスケジュールもわからない」

エフレンがそう言ったのは間違いなかったようだけど

選手としての完全引退を語ったのではなかった(言葉の壁でいまいち伝わらなかった)のか、
それとも

一時期スランプだった頃に引退も考えたけれど、
ここのところの好調で続投を決めたのか・・・は、

まだ謎。

次回機会があったら、

そこまで突っ込んで聞いてみたいと思います。

チャンスがあったら誰か聞いてみて!そして教えて!!


誰か・・・・・I本く~ん!


引退後の神様エフレン・バタ・レイズにお願い!
「エフレンが2010年を最後に引退するらしい」
という話は、ずいぶん以前に書いたよね。


引退しないでほしい気もするけど


母国フィリピンでは
「大統領選に出れば当選するかも!?」と言われるほどの知名度&人気だから、
ぜひ政界進出して、本当に大統領になってほしいな!

efrenVillar.jpg
(写真は、Manny Villar Cup の大会スポンサーであった
次期大統領候補Manny B. Villar氏にビリヤードについて説明するエフレン)


ビリヤードプロあがりの大統領なんて、素敵じゃない?

世界中探しても居ないでしょ!

オバマ大統領は多少はたしなむみたいだけど。
obama

エフレンなら、絶対に汚職とかしなさそうだし、
外交もできるし、頭も良いし、

半端ない支持率の最高の大統領に・・・!

そして、世界最高の「ビリヤードの営業マンに」!

『大統領杯』として、でっかい試合企画してほしいなあ!


さて、ところでこの引退説自体、正式発表もまだだし
信じていない人が多いようだけど

これはけっこうガチな話。

以前にも紹介したけれど
エフレンに弟子入りしにフィリピンまで行っていたSくんからの情報だからね。

ある日エフレンに呼ばれて行くと


改まった口調でが

「2010年いっぱいで引退することを決意した。

現役最後の一年は、
海外を飛び回って
あまりフィリピン国内に居られないだろう。

ちゃんと面倒を見てあげられないので
いったん日本に帰ってほしい。

自分が引退後になら、何年でも来ていいから。」


と告げられたのだそうだ。

そして

「申し訳ない」

と、夫婦そろって頭を下げられたのだとか。


だから、わたしは信じてるよ。
エフレンも、そしてSくんも、いいかげんな事言う人じゃないと思うので


追記☆
その後,ジャパンオープンの時に、

「あなたの直弟子Sくんに聞いたんだけど,
今年いっぱいで引退しちゃうの!?」と


直撃!したところ

「そう。
世界中を試合やイベントで回る生活は,今年で終わりにするつもり。

でも、
フィリピン国内やアジアの試合は出るよ。」

とのこと。


「僕は,まだこんなにいい球撞けるもの!
引退なんかする必要ないでしょ!」ってニコッ。


最初からそういうニュアンスで言ったのが
言葉の壁で伝わらなかったのか
一時の不調から復活,気が変わったのか・・・どちらにしても

よかった~。

エフレン弟子Sくんブログ

やった!古田和男、ステージ2に! 10ボール世界選手権2009

いよいよステージ2が始まる、
マニラ10ボール世界選手権。

5日間にわたって行われていた
ステージ1では10つのシングルトーナメント(各人出られるのは5回)で
優勝した以下の10名が
ステージ2(グループステージ)進出。

1日目
王銘(ワン・ミン/中国)
ラミル・ガレゴ(フィリピン)

2日目
張裴偉(ザン・ペイウェイ/台湾)
Feliciano(フィリピン)

3日目
ロベルト・ゴメス(フィリピン)
Jundel Mazon(フィリピン)

4日目
アントニオ・リニング(フィリピン)
E. Martinez(フィリピン)

5日目
Steve Villamil (フィリピン)
Jomar De Ocampo(フィリピン)


レベルも高く人数も多い地元フィリピン勢の壁は厚く
残念ながら日本人の優勝者は居なかった。

しかし、ポイントランキングで2位につけ、
キャンセル待ちだった古田和男
みごとステージ2進出確定だっ!
furuta.jpg


がんばれ!


ステージ2から参戦の日の丸代表団

川端聡プロ
赤狩山幸男プロ
栗林達プロ
大井直幸プロ
土方隼斗プロ

も、がんばれっ!!

プール3人目の日本人世界チャンピオン誕生を
祈ってます。

台湾軍団也加油!

いいかげん、楊さまに世界冠軍(チャンピオン)になって欲しい気もする・・・

しかし、呉珈慶が出れないのが、ほんと残念だわー。
史上初の『3冠』まで、去年はほんとにあと1歩だったのにねえ・・・。
彼にとっては、まさに波乱のこの1年だった・・・・・。

年末か来年早々に台湾復帰か?との噂もあるけど・・・。

ネタ元
マニラ男子10ボール世界選手権:古田和男ステージ2参戦!

現地取材のOn the Hillさんのスペシャルページ!
マニラ男子10ボール世界選手権'09

ワールドMixedダブルス 男女ペアの10ボール勝負!
12月1日~3日

マニラのケソン・シティの
 Nuvo Cityで

またまた楽しそうなイベント開催だ!!

World Mixed Doubles Classic
男女ペアの10ボール勝負!


現時点で発表されているペアは

エフレン・”バータ”レイズ(フィリピン) & ロビレン・アミット(フィリピン)

フランシスコ・ブスタマンテ(フィリピン) & Shanelle Loraine(グアム)

シェーン・ヴァン・ボーニング(アメリカ) & Amy Chen (アメリカの女子アマチャンピオン)

ミカ・イモネン(フィンランド) & Borana Andoni(アルバニア)

チャーリー・ウイリアムズ(アメリカ) & チャ・ユラム(韓国)

そして日本からは 土方隼斗 &   江辺 ペアが・・・。


ん?





なーーんだ




台湾選手無しかい!



国際試合ごぶさたの呉珈慶あたり出してほしいな!
(イベントなんだから出れるっしょ?)




このイベント
ESPNやStar Sportsで12時間にわたり
生放送されるらしい。

ネットでも見れるといいなー。



主催はドラゴン・プロモーション。
しかし、チャーリーやり手だなぁ・・・。

追記☆

On the Hillさんによると
メンバーが一部変更になったようです。

フィリピンA:エフレン・レイズ&ルビレン・アミット
フィリピンB:D・オルコロ(Kamui)&シャネル・ロレイン
アメリカ:S・V・ボーニング(Cuetec)&エイミー・チェン
ヨーロッパ:ミカ・イモネン(Mezz)&ボラーナ・アンドニ
日本:土方隼斗(Mezz)&江辺香織(Mezz)
韓国:C・ウィリアムズ(Predator)&林潤美
世界ミックスダブルス






ネタ元1
World Mixed Doubles Classic Comes to Nuvo City, Philippines

ネタ元2
世界混合雙打賽將於12月1~3日在菲律賓的Nuvo市舉行。

Face Off! エフレンx趙豐邦ボスキャラ対決の行方は・・・!!?その1

趙豐邦 4-3  Efren Reyes

趙豐邦ドライブレイク(ブレイクノーイン)、エフレン7へのポジションをミス、
セイフティ。隠れなかったが薄く残った配置を趙豐邦カットに行き、
厚く外す。エフレン取り切り 4-4

エフレン、ドライブレイク。趙豐邦難易度の高い4-9を決め、 5-4 

趙豐邦ブレイク1番イン、プッシュ。遠くて出しが無い配置に。エフレン2番パス、趙豐邦セイフティ。決まらないが、渋く残る。エフレンセイフティ。趙豐邦、2クッションでカウンターセーフ(セイフティ返し)。エフレン
キック(空クッション)でカウンターセーフ。趙豐邦が空クッションから渋く残した2番をエフレン入れ、ランナウト! 5-5 (ネタ元の掲示板に書き込んだ人が「二人とも、なんてキックがうまいんだ!!」と感嘆している)

エフレンのブレイクはまたもドライ。趙豐邦ランナウト。 6-5

趙豐邦のブレイクは1番とウイングボールを入れたが取り出しが無く、セイフティ。決まらなかったがエフレンバンクミス。趙豐邦取り切り 7-5

趙豐邦ドライブレイク エフレン取り切り・・・かと思われたが、7番イージーミス! 
趙豐邦取って 8-5
(「あれをエフレンが外すなんて・・・ありえない!」と書き込みが。)

趙豐邦ドライブレイク エフレンプッシュ、趙豐邦パス、エフレンキックからセイフティ。見えたが遠く残った。趙豐邦入れにゆきミス、しかし渋く残った。エフレンセイフティ、趙豐邦ロングジャンプでこれを決めた!・・・が、2番が見えない。趙豐邦、再びジャンプで2-9キャノン!!!ほとんど決まったかに思われたが入らず!しかし2番狙えない。エフレンセイフティ。趙豐邦キックから2番を遠く離す。エフレン、このロングの難球を決めた!・・がサイドへスクラッチ! 9-5

エフレン 残り3球でチャンスを得、取りきり 9-6

エフレンまたドライブレイク 趙豐邦1番イン、2-8コンボ(コンビ)ミス、しかし残りは渋い。エフレンのセイフティ美しく決まった!手玉と障害球の距離はチョーク1,5個、これを趙豐邦ジャンプで入れたぁ!・・・しかし3番ミス。エフレンセイフティ 趙豐邦ファール。エフレン取りきり 9-7

エフレン やっとブレイク1番イン、マスワリ 9-8

エフレン またドライブレイク 趙豐邦1番ミス エフレン取りきり  9-9イーブンに!

エフレン1-9コンボ 9-10 逆転!

見ごたえのあるセイフティ戦の末、趙豐邦がチャンスをつかみ、10-10!

趙豐邦ドライブレイク エフレン裏マス 10-11

エフレンまたまたドライブレイク 趙豐邦取りきり 11-11

趙豐邦13-12エフレン 

(ここで、ネタ元の掲示板に書き込んでくれたいた人が仕事に行った)

そこから趙豐邦が12p追加、エフレンは6p追加に留まり 
初日を終え、趙豐邦 25-18 エフレン。

今日の結果は・・・?

ネタ元

Az-Billiards

Face-offシリーズ 今後のラインアップ
楊さまの勝利を伝える記事に、
このイベントの今後の出場予定選手が書いてあったので、
お知らせするよ。

このシリーズ、毎年8回行ってゆく予定だとか。

2009年
第1回(済み)
楊清順(ヤン・チンスン)50X45デニス・オルコロ

第2回 10月28・29日
エフレン・レイズX趙豊邦(チャオ・フォンパン)

ここまでは今までに発表されていて、
ここでもお伝えした通り。



11月には
W世界チャンピオン対決
ロニー・アルカノ X ラルフ・スーケー

フランシスコ “Django” ブスタマンテ X ロドニー・モリス

リー・ヴァン・コルテッザ X シェーン・ヴァン・ボーニング
(ミドルネームがVan対決!?)

が行われる予定で

その他

2007年、フィリピンでの世界選手権のリマッチ
ダリル・ピーチ X ロベルト・ゴメス

呉珈慶(ウー・ジャーチン)ロニー・アルカノ のW世界チャンピオン対決
(ここで、シンガポールの呉珈慶、という書き方がしてあったのが気になる・・・)

また、スコッチダブルス形式(1ショット交代のペアマッチ)による
レイズ&ブスタマンテ X アルカノ&オルコロ

とか

ブスタマンテ&ゴメス X ジョニー・アーチャー&ボーニング、

アルカノ&Johann Chua(??) X 楊清順&柯秉逸(カー・ピンイー)

アーチャーとレイズの1X1


などが候補にあがっているそうだ。

う~ん、どれも魅力的な顔あわせ・・・

わたしは、やっぱ
最近活躍の場を奪われている呉珈慶を見たいな!

9ボール三角ラックフルブレイクで
ボーニングとの東西若手実力者対決!
なんていかがでしょ?




Yang Wins Face-Off

1万ドルギャンブルマッチ、接戦を征し、再び楊さまが勝利!!!
ap_F23_20090910012024702.jpg
ap_F23_20090910012019104.jpg


楊清順(ヤン・チンスン)とデニス・オルコロ
ビリヤード大国台湾とフィリピンの2大「ギャンブルキング」が

ガチンコ勝負する企画の第2弾。

前回は楊さまが圧勝したのは昨日も去年も言ったよね。

さて今回、2日間にわたって行われたこの50先10ボールギャンブルマッチ、

初日を25-19とリードして折り返した楊さま。

しかし、このままで終わるオルコロではなかった。


この日も、昨日に続き激しい雨。
またしても湿度の高いイヤなコンディションのもと
戦わなければならない。

それを覚悟した楊清順は、
少しでもその台で撞いてコンディションをつかもうと、
いつもよりも1時間早く会場入りした。

以下、セコンド役の
Steven氏による ラックバイラック。
(一部、スコアとか内容が矛盾してるんだけど、ネタ元のをそのまま訳して載せてます)

初日1ラック目
楊さま、マスワリ6から7へ出せず、隠してしまった。
ジャンプで攻めるも、ノーイン、残しも甘くオルコロ取って

楊25-20オルコロ

2ラック目
まるでお返しのように、オルコロがマスワリ7番ミス。
楊さま取り切って
楊26-20オルコロ

そこから>>26-21>>27-21

ところが、ここで楊さまここで

取り出し1番をジャンプイン!・・・・も、3クッションでスクラッチ(涙 とか、
6番をジャンプで狙ってノーイン、取り切られる・・・とか、
ジャンプの名手楊さまにしては、ジャンプの出来がいまひとつ。ツキも無い。

3ラック連取されて
楊27-24オルコロ

オルコロ1番キックミス、ファールから
取り切り>>マスワリなどで今度は
3連取。
楊30-24オルコロ

楊さま、1番空クッションファール>>オルコロ取り切る
30-25

オルコロ、空クッションが結果セイフティに残り、楊さまファール>>オルコロ取り切る
30-26
31-26

オルコロ、空クッションが結果セイフティに残り、楊さま当てるだけ>>オルコロ取り切る
31-27

オルコロ、2番空クッションが結果セイフティに残り、楊さま当てるだけ>>オルコロ取り切る
31-28

楊さま空クッション当てるだけ>>オルコロ取り切る
31-29

オルコロ、空クッションが結果セイフティに残り、楊さま1番ジャンプ、入らず>>オルコロ取り切る


31-30

楊さま、2-10コンビ
32-30

楊さま、4番ミス・・・オルコロ、渋く残った4-7コンビを決め、取り切り
32-31

楊さま、2番で5と9のトラブルを壊しに行き、壊れたが自分で3番を隠す・・・当てたがとりきられ

ついに、32-32とスコアはタイに!

ここからは、18先のショートゲーム(?)だ。

そしてオルコロマスワリで、とうとうひっくり返って
32-33!!!

実に10ラックにわたり、楊清順は、渋い空クッション、キツいジャンプを全て当て、しかし入らず残しはチャンスになってしまった。オルコロも空クッションを撞くことは多かったが、残しは全てセイフティに。

楊さま、1番でセイフティ>>見えてしまう!
32-34

楊さま2番空クッションからセイフティ>>オルコロ、ナイスジャンプから取り切り
32-35

オルコロ、5番空クッションから結果(?)セイフティ、楊さまジャンプも入らずチャンスに
32-36

楊、3-10コンビ
33-36

楊、マスワリ
34-36

楊、1番セイフティミス・・・
34-37

楊、クッションから当たらず。オルコロ2-10コンビ
34-38

楊さまマスワリ(あれ?勝者ブレイクじゃなかったっけ??)
35-38

楊さま1番ジャンプミス、オルコロ3-10コンビ
35-39

うんざりするような展開に、楊さまキレたか。ここでイージー9ミス。
オルコロ、ロングショットをミス>>楊さまロングショットミス>>オルコロセイフティ>>楊、空クッションで攻める・・・が入らず、送って

35-40

オルコロ、ブレイクノーイン 楊裏マス
36-40

楊、ブレイクノーイン オルコロ裏マス
36-41

オルコロ、ブレイクノーイン 楊裏マス
37-41

楊、ブレイクノーイン オルコロ2番で自分セイフティ>>楊4-10コンビ
38-41

楊、3番空クッション。またしてもツキが無く、送って
38-42

オルコロ、ロングの真っ直ぐな3番を入れミス&スクラッチ
39-42

オルコロ ジャンプファール
40-42

オルコロ、空クッション当てるが送って
41-42

オルコロ、4番ミス
42-42

ここでまたしてもタイに!後は8先だぁ!

楊、ブレイクノーイン。オルコロ裏マス(?)
43-42(!?)

楊、取り出しの厳しい2番を攻めてこなし、5-10コンビ
44-42

楊、ブレイクで2個叩き込むも、スクラッチ。しかしオルコロ6番出しミス、セイフティ。楊、空クッションからラッキー6-10イン!
45-42

楊、1番ジャンプファール オルコロ取り切り。
(???)
オルコロブレイクスクラッチ。大観衆から大きな嘆きの声が・・・。
楊取り切って
45-43(??)



オルコロのブレイクは再度スクラッチ。大観衆から更に大きな嘆きの声が・・・。
楊美しく取り切って

46-44

楊見えない球3番クッションファール
46-45

オルコロ、8番へ出しミス、振りを無くし直引き>>あやうくスクラッチ>>バンクで攻め>>外し
47-45

オルコロ、3番クッションから>>当てるだけ
48-44

楊ブレイクノーイン>>オルコロ3番サイドバンク外す
49-44

楊ブレイクノーイン>>オルコロ裏マス
49-45

そして、最終ラック・・・4,5,7がクラスターになっている。
オルコロは4番でセイフティに行くが
7番が入ってしまい、
自分で作った完璧なセイフティの罠に自分がはまることに・・・

ファール!
そしてトラブルの無くなった配置を 楊清順なんなく取り切って

50-45 楊清順が激闘を征した。

文中の、「オルコロ結果セイフティ」っていうのは、あくまでも台湾チームのコーチStevenさんの所見だけどね。でもまあ、贔屓目なしに見ても、キックの後の残りの運が極端に偏っていたのは確かなようで。

昨日書いたけど「ロングゲームは俺にとって有利さ。」
って言ってただけあって
いっとき腐りそうになりながらも、ロングゲームゆえの「流れの逆流」を、きっと来ると信じ、
その流れが来たときにきっちり仕事した楊清順に、最後のラックに溜め込んでいた「ツキ」が。

「ロングゲームは俺にとって有利さ。」
そのせりふの後には、きっと彼は心の中でこう付け加えていたに違いない。

(「だって、俺様はビリヤードのあらゆる技術に於いて、世界中の誰にも負けないからね。※1」)
 ※1 Cue's『台湾撞球明星☆列伝』インタヴュー時の名言より(この名ゼリフ引っ張り出した時は、鳥肌もんだったなぁ。なんか、いっちょまえにジャーナリスト冥利みたいな気分に。てへ。)

楊さま、おみごと!

さすが
「小さいころから、ギャンブルでビビったことは一度も無い※2」と豪語なさるだけあります!


※2 前回のオルコロとの9ボール60先で
失礼なフィリピン記者に「あんた、本当はビビってるんじゃないの?」と質問された際に
楊さまは微笑みながらこう答えたのだ。 

最高でしょ?



ネタ元
Edifyさんのサイト(情報提供はStevenさん)
☆CM☆
ヤフオクにて、楊さま愛用のジャンプキュー好評出品中です。
ハギありタイプとハギなしタイプがあり、楊さまは気分で使い分けているようです。
(前回来日時はハギなしタイプを使用)

今回出品はハギの無いシンプルなタイプ。

ビリヤード■GINO FERRARI■ジャンプキュー★楊清順御用達★

日本では、早瀬優治プロと翁長良行プロも使用中!
もちろん、お姐ェもね!

楊清順xオルコロ 再戦!!! 楊さまのコメント
フィリピンのケソンシティで開催中の

台湾が誇る『撞球の申し子』楊清順(ヤン・チンスン)対フィリピンの雄『ロボコップ』デニス・オルコロ
ギャンブルキング対決。
ap_F23_20090909025430475.jpg


10ボール(ノーコールの9ボールルールで)
勝者ブレイク

50ポイント先取り

45秒ルール、1ラック1度45秒エクステンション可。
7ラックごとに小休止(CMタイム)

以前60先9ボールで行われたときは
60-42で楊様が勝利している。
(過去記事参照)

初日を終えた時点で25-19でリードしている楊さまが
インタビューに応じているので
紹介するよ。

「ブレイクが入りづらいので、連マスが難しいね。
コンディション的には湿度が高く手玉が思うようにコントロールできない。
俺自体、今年は調子が良いとは言えないから、自信が足りない。
慎重に行くよ。よく考えて・・・でも、(45秒ルールなので)考える時間が足りなくなってしまうね。」

熱帯性低気圧の影響で、豪雨の現地。
かなり難しいコンディションらしく
珍しく弱気な発言?と思いきや

ちゃんと、楊さま節も健在。

「長い勝負になるほど、俺には有利だ。」

ap_F23_20090909025432987.jpg
ap_F23_20090909025428815.jpg


関連過去記事

ビリヤードの申し子楊清順、フィリピンでオルクリオと大勝負!

続報;「撞球之子」楊V.S.「機器戦警」オルクリオ

「何者をも恐れたことはない」楊清順圧勝!


ここで動画が!

ネタ元

2009世紀大戰Part 2『撞球之子』楊清順 vs 『機器戰警』Orcollo 首日25比19領先(写真もここからいただきです☆Thanx,Edify!!) 

☆CM☆
ヤフオクにて、楊さま愛用のジャンプキュー好評出品中です。
ハギありタイプとハギなしタイプがあり、楊さまは気分で使い分けているようです。
(前回来日時はハギなしタイプを使用)

今回出品はハギの無いシンプルなタイプ。

ビリヤード■GINO FERRARI■ジャンプキュー★楊清順御用達★

日本では、早瀬優治プロと翁長良行プロも使用中!
もちろん、お姐ェもね!

フィリピンでキューメイカーがまた銃撃された!?
このところ、ビッグな国際試合が立て続けに行われるフィリピン。

ポケットビリヤードを愛する人たちにとって
あこがれのプール大国であるこの国は、

残念なことに決して安全な国とは言いがたい。

ビリヤード業界も、
まっぷたつに分かれてもめ続けていて

そのトラブルがらみで

キューメイカーのエドウィン・レイズが自宅で射殺され

ついに死者まで出す事態となったのは


このブログでも伝えてきたとおり。




8月末(25日?)に
またしても銃撃時間が起こり、

故エドウィン・レイズの友人で
同じくキューメイカーのLindsが銃撃されたという一報が。

病院に運ばれたとのことだけれど
容態・生死に関する情報は、今のところ無いらしい。

(このニュース自体がガセだといいですが)

もうすぐワールドカップオブプールが始まるし、


11月19~29日には、10ボールの世界選手権も開催される・・・。


フィリピンに出向かれる方たちは、

用心に用心を重ねて!




関連過去記事
死の宅配便・・・ 合掌 エドウィン・レイズ氏射殺



情報源
今年菲律賓行可能又有新的陰影了?國手們出門請小心!



Linds was gunned down

ビリヤードの極意
エフレンに弟子入りしてフィリピンへ行っていた
千葉県のやる気満々アマチュア「たくやん」が、
エフレンに教わった「極意」をブログで披露してるのを発見!

以下抜粋
>>>

ショットの瞬間っていうのは、


『はずしたらどうしよう((((゜д゜;))))』


とか考えながらショットしないことはもちろん、


むしろ、


『絶対に入れる!!』


とかも考えないこと…





目からウロコ!

詳しくは、たくやんブログで。
「絶対に入れる!」

憧れのエフレンに弟子入り>>まず必死で働いて貯金貯める>>いよいよフィリピンへ>>楽しいことや苦しいことを経験しながら修行生活開始>>エフレン2010年をもって引退を決意、「ごめんね、引退まで世界中を飛び回らなくちゃいけなくなったので、お世話できなくなってしまった。」とエフレン師匠に頭を下げられ、「え゙えええ!?」>>突然帰国、千葉県では会う人ごとに「何で居るの?」と聞かれる日々・・・という、波乱万丈の数ヶ月の日記もぜひ読んでね!




エフレン2010年引退!
フィリピンだけでなく、世界中のビリヤードファンに愛される「神様」

「マジシャン」「マニラからの恐怖」

エフレン・”バタ”・レイズが
2010年に引退することを表明。

詳細は

エフレンの直弟子のブログで・・・。

DSC00543_1EFREN.jpg

死の宅配便・・・ 合掌 エドウィン・レイズ氏射殺
240枚張り合わせのハイテクシャフトで知られる
フィリピンのハンドメイドキューメイカー
エドウィン・レイズ(レイエス)氏が射殺された。


宅配業者(DHL)を装った2人組が
彼に包みを届け、

(中身は安物の壊れたキューだったそう)

一人が受取証にサインを求め、
愛娘をひざに抱いたエドウィンがサインをしているところを
もう一人が至近距離で2発撃ったそうだ。



「彼は、彼のサインのつづりの最後の”S”を完成させる前に撃たれた。

たった2日前にダバオからマニラに引っ越したばかりだった。

まだ誰も住所を知らない彼のところに
修理するキューが送られてきたこと自体をあやしむべきだったが、悔いても遅い・・・」


と、友人Martin Misa ” Sputnik” が嘆いている。


また

「彼の携帯電話に脅迫メールが頻繁に届いていたので
注意するよう警告したけれど
彼は意に介せず、笑い飛ばしていた。


フィリピンでは本当に誰かに殺意を抱かれたら
どんなに警戒しても逃げ切れない」

とも・・・。


まっぷたつに分かれて
もめ続けている
フィリピンビリヤード協会。

エドウィン・レイズ氏も
深く関わっていたそうだけど

やはりそれが原因なのだろうか。


わたしたちが愛してやまないビリヤードが
人殺しの原因になるなんて・・・・・・・・



フィリピンに滞在していた友人に
「殺人請負い」の値段が安く
プロアマさまざまなレベルの「殺し屋」が居ると聞いたことがある。


わたしたちにとっては
あこがれのプールパラダイスであっても

貧富の差・治安の悪さなど
この国の抱える
暗黒面を忘れてはいられない。

試合などでフィリピンを訪れる方は
どうぞ気をつけて。

(滞在中のキミは、特に気をつけて!)


元記事

Edwin Reyes aka Bandido Lives On!
Copyright © Acco姐ェ...キューを担いだ渡り鳥 / ビリヤードプロ【豹柄☆女王】北山亜紀子オフィシャルブログ. all rights reserved.