ブラピとハリソン・フォードがビリヤード♡【映画】The Devil's Own
69cc785e194fd203c50738d9d5bf760b.jpg
1997年の映画「The Devil's Own」

ビリヤードに熱中する息子と、
昔「デビル」の異名をとったハスラーだったがんこ親父が
すれ違い、争いながらもタッグを組んで世界を目指す、
胸アツのビリヤードスポ根もの・・・・


じゃなくて

若きIRAテロリスト指導者と、実直なベテラン警官の心の交流と葛藤を描いた作品です。

日本では「DEVIL」というタイトルになっているのですが・・・、

The Devil's Ownの意味は

「非常に辛く困難な仕事」「 絶望的状況」のようなので
DEVILだけにしてしまうと、全く意味が違ってしまってます・・・この略し方は無いなあ。
内容にもそぐわないし。

オカルト?サスペンス?アクション? と期待して観たので
肩透かしを喰らいましたが、
せつない良い映画でした。

1-DSC_0592.jpg
(きっと、フレーム内に顔を入れるため

カメラ的には有りなんだろうけど、

ビリヤードプレイヤーから見ると、このフォームは・・

(^_^;)どんだけ近視?
呼んでくだされば、カッコイイフォームをお教えしますのに・・・!)

2-DSC_0593.jpg
王道のイケメン!

3-DSC_0597.jpg
良い笑顔!(^^)(^^)

ビリヤードのボールの素敵な使い方
一見、単なるなんかかわいいオブジェ

よーく見ると
小さなレゴ・ブロック1個の上に
117個ものおもちゃを載せてバランスをとっている。
lego_balance04.jpg


重心を低く仕上げるために
ビリヤードの5番ボールと8番ボールが吊るされて
錘に使われてる。

これは、見た目がカラフルでとってもキュート、
でありながら意外にもずっしりと重みのある
ビリヤードのボールならでは!
(まるで・・・私みたい!? <体重じゃないよ!)

我らがビリヤードのボールが活躍するのは
これだけじゃない。

最後に、
左手に見える門から登場する11番が・・・。

きゃー!!!






こうゆーのをバランシング・アクトと言うみたい。

作ったのはウォルター・ウィックさん。
ほかにもこの人のアート作品(すごいよ)
には、ビリヤードのボールがちょいちょい登場するみたいで
ビリヤードマニアとしてはうれしいよね!



ネタ元
たった1個のレゴブロックの上に117個のオモチャを乗せたバランスオブジェクト
Copyright © Acco姐ェ...キューを担いだ渡り鳥 / ビリヤードプロ【豹柄☆女王】北山亜紀子オフィシャルブログ. all rights reserved.