この動画は見てほしい。東大放射線センター長、児玉教授の熱いスピーチ
@a_kodama  親父が厚労委員会に参考人として招致されました。東大放射線センター長として、毎週末南相馬に400km車を走らせて、自身で除染にあたったうえでの訴えです。どうか見てやってください。

と、twitterで息子さんがツイートしていらっしゃったのを、
誰かがRTで回してくれて見ました。

7月27日、衆議院厚生委員会における、東大放射線センター長児玉教授の、
わかりやすく、熱い、胸を打つ名スピーチです。

願わくば頭の硬~い政治家さんたちの心にもに届きますように。

息子さんによると、
児玉教授は、奥様が大病をされて、昨年肝移植手術を受けられ・・・
しかもその肝臓は、ご本人が提供されたそうです。
プライベートが大変な時期に、被災地の子供たちを守るために、
ご自分は被爆覚悟で毎週車を飛ばして除染作業に・・・。ほんとうに頭が下がります。



息子さんは、こうも書いておられます。
「親父のスピーチを見ていただいた方に、一つだけお願いさせてください。父は影響力のある科学者ですが、同時に病気の妻を抱えた58歳のただの男です。一人ですべてを解決できるわけではありません。本当に状況が良くなるために、一人一人ができることがあると思います。」

とりあえず、「できること」として、このメッセージをつなげてゆくお手伝いが
微力ながらもできるといいな、と思ってUPします。

http://youtu.be/DcDs4woeplI

8月1日追記;
東大の研究室には、各企業から巨額の研究費が流れ込みます。
(研究には莫大な費用がかかるため、仕方がないですが)
東電も、そのなかで大口のスポンサーであるため、
東大教授の中では、ひたすら東電に有利な発言を繰り返す
「御用学者」に成り下がっている方も多いと昨今指摘されています。

そんなしがらみのある東大教授の方が、
ご自分の立場を危うくしかねないリスクを省みず
このような渾身のスピーチをされていることに、更に感銘を受けました。

ところで
7月27日に開かれた衆議院厚生労働委員会から5日。
今朝になってようやく、地上波テレビのニュースがこのスピーチを採り上げました。
「なぜマスコミが報道しない!?」と、さんざんネットで話題になり、ようやく・・・。
最近、こういうパターンが多いですね。
もう、テレビに新しい情報(=News)の源としての機能は
期待できない時代になってしまったのでしょうか。

予備



被災地のビリヤード場が復活!マンデーラビッツさん、おめでとうございます。
明るいニュースが届いています。
MONDAY-R.jpg

twitterでツイートされている方が居て知ったのですが

3月11日の大震災で
大きな被害を受けた、仙台のマンデーラビッツさんが、
5月20日に復活されたそうです。

震災直後のお店の中の様子(許可をいただき、ブログよりお借りしました)
110312-1.jpeg

110312-4.jpeg
お店の中は、目を覆うありさま・・・。
ビリヤードテーブルも何台か、
揺れx石盤自体の重さで脚が折れてしまっています。

toubudouro.jpeg
すぐ近くまで、津波も押し寄せて来ていたそうです。

sinbun.jpeg
daiidou.jpeg

ようやく片付けた頃に起きた余震で、再度店内がめちゃめちゃになったり、
くじけてしまいそうになったこともあったそうですが

オーナーのもりやすさんご夫婦、常連さんみなさんで力を合わせて、復活されたそうです。
(ご夫妻も、常連さんも、猫さんも、ご無事でなによりでした)

もりやすさんブログ
復活しました

ママさんブログ
皆さん、ご心配をおかけしました。

マンデーラビッツさんによると

更に大きな被害を受けた石巻市のカーリアンさんも、
6月10日に復活されたそうです。

検索してみたら、高橋プロのブログにもカーリアンさんの復活を喜ぶ記事が。
高橋邦彦ブログ 復活オープン!


マンデーラビッツさんでは、キューのリペアも行っていらっしゃるのですが

こちらのキューは、その、カーリアンさんスタッフのもの。
110609-1.jpeg

震災時に、ちょうど預かってメンテナンス中だったこのキューは、
落下してしまい傷を負ったそうですが、
カーリアン復活に間に合うよう再メンテ、綺麗な姿に。こちらも復活!です。
オリジナルの、飾り糸巻きグリップ、おしゃれですね!
110609-2.jpeg

マンデーラビッツ所在地 〒984-0004 宮城県仙台市若林区六丁の目東町6-13-2F
TEL 022-288-0336
FAX 022-288-0337
営業時間 14:00~3:00(年中無休)
マンデーラビッツHP

『BCJ ビリヤードグッズ・スペシャルオークション』 本日24時まで!
               BCJ

ビリヤードグッズ・スペシャルオークション


            本日最終日!
1st_auction.jpeg
『BCJ ビリヤードグッズ・スペシャルオークション』で落札されたグッズの売り上げ金の全ては、
『ビリヤード復興支援連合会』を通じて、東日本大震災で被災した地区のビリヤード復興及び、日本ビリヤード界のさらなる普及・発展のための基金となります。
ご参加頂くことで日本のビリヤード界を支援することに!

詳しくは、BCJのサイトで!
日本ビリヤード商工連合会

BCJチャリティー・オークション


ビリヤード人の気持ちを集めて、復興支援!BCJステッカー
sticker_ad.jpeg
日本ビリヤード界の絆を、支援と普及の大きな力に。


BC(日本ビリヤード商工連合会)復興ステッカー
が、発売されることになりました。

試合会場や各店舗で入手できるようです。

デザインはA.B2種類。

We are Team Billiards!


よろしくお願いします☆




謝謝台湾計画;自由時報会長から、広告費全額を再寄付!
このブログでもたびたび紹介してきました【謝謝台湾計画】

わずか3週間で1900万を集め、
台湾へお礼広告&赤十字に1700万近い寄付ができました!

先日、発起人の木坂さんが台湾へ来られて(初来台だったそうです)

関係各社にあいさつ回りをされたのだけど

そのときの掲載紙のひとつ
自由時報の会長との面談のようすが記事になって自由のネット版にも紹介されているので
GfRQV4X.jpg

日感謝台灣廣告費 本報再捐出

全文訳紹介します。

【日本の台湾への感謝広告費、本紙は再度寄付します。】

日本で、「謝謝台湾計画」という名で新聞広告募金活動を発起した
広告デザイナー、木坂麻衣子さん。

昨日、「自由時報」まで足を運んでくださり、
本紙、呉阿明(ウー・アミン)董事長(トンスーザン=会長)の歓迎を受けました。

「今回の(東日本大震災への)台湾の支援は、
総額世界最高のみならず、国民一人当たりの額でも世界で群を抜いています。
この辛い時に送ってくれた温かい支援に、皆たいへん感謝しています。」

木坂さんは、推特(Twitter)上でこの募金を呼びかけ、
わずか1週間(募金期間)で6000名もの賛同者を集め、
1930万(日本円)もの寄付を集めました。

彼女は
「この募金に参加してくれた6000名は、すべて
家庭の主婦、お年寄りや子供たちです(?※1)。
(※1これは、たぶん「主婦や高齢者や子供たちにもお礼を伝えたくて新聞広告を出しました」
とおっしゃったことがあやまって伝わったのでは??)
民間からの関心の高さが伺えます。
広告費を支払った残りの1700万は、岩手と宮城の被災者に送りました。(?※2)」
(※2実際は日本赤十字に寄付です)

と述べ、

これに対し呉阿明(ウー・アミン)董事長は、こうお返し。
「今回の広告費(130万円)は、
全額そのまま日本財団法人交流協会台北事務所
(日本政府が台湾に置いている大使館の役割を持つ機関)に寄付します。
日本の皆さんが、一日も早く再起されることを祈っています。」

これを聞き、木坂さんはとても驚き、また喜んでいました。










「謝謝台湾計画」広告に国旗や「中華民国」の記載が無い理由など
今回の震災への
台湾からの多大な支援(140億円の義援金と救援隊派遣、650トンの物資)にぜひ直接お礼を言おう!

と着々と「謝謝台湾計画」が進行しているのですが

「広告基本デザイン案」を見た賛同者から

「中華民国という名称を使って!」
「国旗を使って!」
「中国語でなく台湾語で!」などという
意見が多いので、ちょっとここで
「それができない理由」を説明したいと思います。


(以下は、台湾に6年暮らした私の私見です。
補足がありましたら、ご教授ねがいますm(__)m)


その他の質問については、発起人さんが丁寧に答えておられますので
こちらを御覧ください。

謝謝台湾計画

「謝謝台湾計画」は、政治的な意味はありません。
「謝謝台湾計画」というプロジェクトが進んでいます。

わたしも政治的な意図がないということで賛同、
翻訳や文言の発案などなど微力ながら協力してしています。


台湾の国内事情はいろいろと難しいので
政治的意図が無くても誤解を受けやすいのですが

さいわい、
ちゃんと政治的意図が無いことが
伝わる計画になってきています。

でも、まだまだ誤解を受けることもとても多いのです。


最初になぜわざわざ新聞広告で感謝を?
コレに対するさらなる回答は、こちらでどうぞ。発起人さんが、丁寧に答えていらっしゃいます。

新聞にお礼の広告出すお金があるなら、なぜ被災地に寄付しないのですか?

その点を納得してもらったと思ったら


今度は多くの方に
(しかも賛同する方に^^:)

この計画は、「日本政府がお礼を言わないので替りに言おう」、
というものだと誤解されているように見えます。

違います。

わたしはその誤解が、日本だけでなく台湾でも広まるのを恐れます。

日本政府はちゃんとお礼は言ったのです。

でも、なぜか声が控えめだったので、
一般に方に届いていないのでは?
それならわたしたちが大きな声で言いましょう、ということです。

この震災への支援をしてくださった百数十の国家のうち、
日本政府の対応は以下の3通りでした(この企画が発案された4月11日の時点で)。

1;新聞に感謝の広告を載せる
2;感謝の手紙をお贈りする
3;(その時点で)対応無し

1;の新聞広告が全ての国にできればベストだったのですが
大きなお金のかかる事です。
アメリカ・中国・韓国・タイなど7~8カ国にとどまりました。
(それでも広告費6500万円を投じたそうです)

台湾には、2;の感謝状が贈られました。

真っ先に消防などの精鋭から成る救援隊を派遣し
140億円(まだ増え続けています)の義援金と
発電機600台など650トンもの救援物資を差し出してくれたのは台湾。

台湾にも新聞でお礼を言って欲しかったと感じました。
中国と国交を結び台湾との国交を絶ち、台湾を国として認めていない状態なので
「国」相手としてお礼が言えなくても「支援してくださった台湾の方へ」みたいなメッセージ広告でも
日本政府に出して欲しかったです。

日本政府から感謝の手紙を受け取ったことはもちろんすぐに発表され
台湾のマスコミでも「被災民に勇気を届けた、との感謝状を受け取った」と報道されましたが
DSC01741.jpg
他国で新聞広告になっていることが伝わっていたためか
大きな扱いではありませんでした。

実際、わたしが台湾の方たちに聞くと
「台湾の寄付が世界一になっていること、そのお金がまだ被災者に届いていないらしいと台湾で不満の声が上がっていること」はみなさん知っていましたが

感謝状のことは知らない人ばかりでした。


莫大な義援金のほとんどは民間からのものです。

わずか2300万人の人口の国で、140億円の募金。

これは、少なく見ても1000万人くらいは募金してくれたということではないでしょうか?

しかも、台湾の物価は日本の3分の1くらい。その分所得も低いわけで、
並大抵の金額ではありません。

ネットを見る機会のない小さな子供やお年寄りまで、
募金してくださったたくさんの方の目に触れる新聞広告で、
ぜひお礼を言いたいという話になり、

わたしも賛同しているわけです。





















台湾からの支援に、お礼の新聞広告を
ここでも以前
4時間で20億円!台湾の21ものテレビ局が、震災に緊急チャリティー!!!
という記事で紹介した、このたびの大震災への台湾からの援助。

善意の寄付はその後もどんどん増え続け・・・


4月11日現在、官民合わせて義援金44億2967万台湾ドル(≒128.5億円:1台湾ドル=2.9円で換算)

さらに発電機600台や野菜100トンなどの救援物資400トンをすでに送付し
更に250トンを追加予定だそうです。

ソース (台湾における日本の大使館に当たる、交流協会のHP) http://ow.ly/4zH04


この援助の大きさは・・・他の国に比べても、まさに桁外れ。

しかも、そのほとんどが
民間の募金によるものです。

人口わずか2000万人、不景気に苦しみ、日本に比べ物価の安い台湾にとって

このお金は、並大抵の額ではありません。

(未曽有の大水害と言われた、台湾国内の「88水災」への寄付をも上回る勢い・・・。
台湾の方の親日っぷりは、半端ではありません。)


その気持ちに対して、何かお礼をしたい。



そう思っていた人が、
日本にはたくさん居たようです。


「台湾のメジャー紙に有志で意見広告(お礼広告)出せるのかぬ?」

というデザイナーのさんのkissakaさんのつぶやきから

ツイッター上で

会計担当さんとか、まとめサイトを作ってくれる方とか、

通訳・翻訳とか、

続々と有志が集まり・・・。

2chの創始者、ひろゆきさんは
「足りなければ、100万くらいなら出してもいいです」なんて太っ腹発言。


ライブドアニュースでも紹介され、一気に拡まっているようです^^


撞球修行と、國立成功大學への語学留学で、以前6年間もお世話になり、
また今滞在している
わたしの第二の故郷、台湾。

会う友人会う友人、みんな
「募金したよ!がんばって!」と言ってくれる。

感謝の気持ちを表す機会を与えてもらってうれしいです。

エガちゃんじゃないけど、
「お金が無いからカラダではらう」

募金は少ししかできないけれど、通訳と台湾での情報収集など、労力で協力します。

松山千春さんも、

「知恵がある奴は知恵を出そう。力がある奴は力をだそう。金がある奴は金を出そう。『自分は何にも出せない』っていう奴は元気出せよ。」ってって言われたそうですし。


募金の詳細は、近日発起人さんが発表されると思います。

ツイッターやってる人は、タグ検索してみて!

ハッシュタグは #xiexie_taiwan (=謝謝台湾。わたし名付け親です^^)。
Copyright © Acco姐ェ...キューを担いだ渡り鳥 / ビリヤードプロ【豹柄☆女王】北山亜紀子オフィシャルブログ. all rights reserved.