あってはならないこと 反毒盃で
台北で優勝賞金50万台湾ドル(180万円)、賞金総額100万台湾ドルというビッグトーナメントが開催された・・・。

台湾では破格の賞金。
そのぶんエントリーフィー男子プロ4000台湾ドル、男子アマ3000台湾ドル、女子2000台湾ドル、外国人6000台湾ドル(!)というという高めの設定のためか、集まったのは100名余りと少し少なめだったものの、台湾のトッププレイヤーたちが集結。

男子4先、女子3先という極端なショートゲームにも関わらず、順当にベスト16に残ったメンバーは、楊清順 傅哲偉 王泓翔 呂輝展 柯秉逸 など、そうそうたる顔ぶれ。

そして、その中から見事優勝、ビッグな賞金をを勝ち獲ったのは・・・・・


・・・・・誰でもなかった。

ベスト16の段階で、突然試合が中断され、
会場のビリヤード場オーナーが選手から集めたエントリーフィー(と、たぶん協賛金も)を持ち逃げしたため試合は中止と発表された。

この試合は、
”反毒盃”と銘うって、
アンチ・ドラッグのメッセージを込めたもの。

台湾でも薬物が深刻な社会問題になっている。
好奇心旺盛な台湾人、ちょっと試してみよう、という軽い気持ちからか薬物にハマる人が増えている。

それを抑えようと、薬物の販売や海外からの持ち込みには極刑が適用されることもあるくらい厳しい。”ドラッグ持込は、死刑(になる可能性がある。)”と書かれたプレートが空港に貼ってある。

ビリヤードがスポーツとして認知されている台湾で、
健全なスポーツであることを更にアピールするチャリティ試合。
その、”反毒盃”で、あってはならない事が起きてしまった。

エントリーが思ったほど集まらなかったため賞金が用意できなかったため逃げてしまったとも、もともと騙すつもりで試合をでっちあげた計画的犯行とも言われている。

ちなみに今回お姐ェは
”外国人はエントリーフィー6000台湾ドル”にビビって
出ませんでした。
前の週の水曜から金曜の間に現地に直接現金持ってエントリーしに行かなきゃいけない、っていう変なしばりがあって面倒だったのもあって。
今思えば持ち逃げする現金を前以って確実に集めるためだった?

IPTのお祭り騒ぎにも取り残され気味、
レベルは高いものの、発揮できる舞台に事欠き
不満を溜めている台湾選手たち。

せっかく待望の高額賞金の試合で
こんなことになってしまって
憤ったり、がっかりしたり。

外国人ボッタクリ価格設定のおかげ?で
直接被害は被らなかったけれど
私もなんだかがっかり。






みんなのプロフィールSP









W杯日本代表中田選手とビリヤード勝負!
もう6~7年前の話だし、909も無いから話してもいいかな?

実は昔、中田選手とビリヤードをしたことがある。

常連だった日本一のいい男、Kくん(誰かわかるかな~?)の紹介で
1スマ・・・じゃなくて1マスだけ撞いたの。

”ねえねえ、ヒデと撞いてやってよ”って呼ばれて奥の台に行ったら
Kくんが突然
”この人に勝ったら、俺がクルマでも何でも買ってやるぜぃ!”
って中田選手に言った。 エッ?!(゚Д゚≡゚Д゚)マジ?! 聞いてないよー。
9ボールなんて1マスじゃ、どっち勝つか解からないよ?

私のブレイクがスクラッチ、
1番をパワフルに真ん中からドンッ!!って叩き込み、
2番入れて、3番でスクラッチ。
全部フルショット、芯から入れてた(手玉まで)。
ものすごくセンスのある初心者、という感じだったよ。

そこから私が取っていって
8番でスーパーカットに出してしまい、
Kくんに"おーい、マジかよ~頼むよ~!”と言われ、
更にプレッシャーが・・・。

なんとかしのいで取りきったけどね!

私ってある意味、ワンラック史上最高金額のギャンブル(代打ち)した女子プレイヤーかも。
(まあ、ガチのギャンブルじゃなくて冗談みたいなものとはいえ)

そう言えば
”勝ったら私にごほうびは?”って聞いたら、
”うん、じゃあ電話しますね♪”って言ってたのに、
まだ電話かかってこないのは何でだろう(・ω・)why??

中田選手はビリヤードをやっていてもトッププロになっただろうなぁ、と感じさせる逸材でした。
稼ぎの桁が違うので、サッカーやってて全然正解なんだけど。

まあ、ビリヤードは一生現役でプレイできるので、
リタイア後にでもどうぞ~。
お待ちしてます♪






みんなのプロフィールSP


金佳映優勝 女子排名賽


金佳映(キム・ガヨン;中国語だとチン・ジャーイン))優勝。

準優勝は会場である撞球学苑専属、蔡佩真(ツアイ・フェイジェン)。

決して好調とは言えないのに、
それでもこのメンツの中で優勝してしまうのは
さすが、世界チャンプの貫禄。

惜しくも準優勝の蔡は
決勝で女帝、柳信美(リョウ・シンメイ)に6-2と先行リーチをかけながら
まくり切っての決勝進出。

金は準決勝で前回準優勝の高校生選手周婕(ゾウ・ジェーイィ)を7;5で下して決勝戦へ。

ベスト8の結果は
柳信美W-2車尤蘭(韓国から参加。彼女の名前、読みがわかりませーん。知っている人、教えて!中国語読みは、ツァ・ヨウラン。全日本にも来ていた、まんまる顔でおでこのかわいいジュニア選手。お人形みたいだけど気迫あるプレイするし、うまい。先輩玄知源{ヒュン・ジーヒョンだよね?;中国語読みでシェン・ヅーイェン}とのコリアン対決をヒルヒルで制してベスト8へ。)

蔡佩真W-5雅庭(サン・ヤーティン)

金佳映W-2陳秀春(ツェン・ショウツュン)

周婕W-1林元君(女殺手、リン・ユェンジン。本当は元の字に”さんずい”がつく)

前回に引き続き、会場を提供してくれた撞球学苑のオーナーさんが、打ち上げに招待してくれたよ!
会場は、ジェニファーの居酒屋、”田舎家!(てぃえんすーじぁ)”。その様子は、またあとで。

読んじゃったからには、押してね!
Thanks





みんなのプロフィールSP



トムヤムクン (トニージャー主演)
台湾南部は、連日の豪雨。
こんな時はまったり映画鑑賞にかぎるねっ。

ミッション・インポシブルⅢ、
ダヴィンチ・コード、
キング・コング、
ボーン・スプレマシー、
ファイヤ・ウォール、

話題作、大作と呼び声の高い映画を立て続けに観て、
それぞれ面白かった!!

意外な拾い物だったのが、友人に勧められて観た
タイのアクション映画”トムヤムクン”。

これ面白いっ!
みんなもぜひ観てね!

ジャッキーチェンの後継者との呼び声も高い、
タイのアクション俳優”トニー・ジャー”の作品。

田舎で平和に暮らす象使いの青年が、
大切な家族である象を取り戻すために
オーストラリアまで乗り込んで
闘う、闘う、闘う!!!

スタント、CG一切無し、
ガチンコのアクションシーンは
圧巻だぁ!


象さんの演技が、また泣ける・・・。

どれくらいおもしろいかって言うとね、・・・

借りてきたDVDのジャケットには、
国際大導演『魯貝松』強力推薦って書いてあるよ!

魯貝松=リュック・ベッソンね。


トムヤムクンというタイトルはあんまりだと思うけど・・・

海外で売りたいからキャッチーなタイトルにしたのか?
まあ、最ポピュラーなタイ語だもんね。
アメリカに持っていくとき、”上を向いて歩こう”に
”SUKIYAKI"ってタイトルつけたようなもん?

ちなみに台湾では、トニー・ジャーの前作”マッハ”を”拳覇”というタイトルで公開したので、安直に”拳覇2”になってる。
登場人物もストーリーも全く関係ない(らしい。”拳覇1”まだ観てない)んだけど。

顔は、さかなクンに似てます・・・。


ジャー、みんな観てねー。

では、試合で台北に行ってまいりま~す。

さて、読んじゃったからには、押してね!さんきゅ






みんなのプロフィールSP


テレビマッチその3 死闘のさなかに
yangWu.jpg


テレビマッチ決勝戦
10:10ヒルヒルの局面!

5番で楊がセイフティ。
呉、ばっちり決まったこのセイフティを、
プラスツーの2クッションで当て、
更に8番がラッキーイン!!!・・・ところが、5番が6番で隠れる!

この場面、二人のリアクションが最高だった。

楊は、8番インの段階で”やられた~”って感じで笑ってるんだけど、
手玉が6番の方に向かっていくに従いいたずらっぽい表情になり、隠れるといやらしさの微塵もない最高の笑顔。

隠れてしまった呉も”参った~!”って、笑っている。

こういうのを観ると、きっと視聴者もさわやかな気分になるよね。
スポーツマンっぽいっていうか。

相手のラッキーを呪い、自分の不運を嘆いて暗いプレイをするよりも、運の部分はあっさり神様に預けて、リラックスして明るく自分のベストを尽くす。
そうしたいと思ってても、真剣に撞けば撞くほど、暗くなりがちだ。

超絶技巧プレイはもちろんだけど、それ以外にもいいもん見せてもらった。

ごちそうさまでした!






みんなのプロフィールSP

11対10!!楊,死闘を制す。テレビマッチ決勝戦 後編
決勝戦も、ここまでと同じく11ゲーム先取り。

まず楊が幸先よく2ゲーム連取。
ところがつまらないファール(ぎりぎり見えそうな球を直接当てに行き、他の球に当たる。解説者も”なぜ少しカーブさせて当てない?”と不思議がる。ヤン様アホミスその1。この人、誰もが認める天才なんだけど、ときどきやるんだよね・・・)で3:3になり、5:5になる。
珍しく楊のブレイクがさっぱり入らない。
対照的にブレイクの良い呉が9:5と先行。
DSC01803.jpg

呉、1番をサイド前の球にキスインさせようとして穴前に残してしまう。しかし運良く隠れる。楊、ジャンプでこれを入れ、残った渋いコンビを入れ、更にコンビを入れ、なんとか繋いで取りきり、呉9:6楊

楊、ようやくブレイクがイン、マスワリで呉9:7楊

1番イン、2番が見えないので楊プッシュ、呉セイフティ。
見えないが1クッションで当てるのは簡単、弱く当てれば渋く残せるな配置なのに、楊なぜか強く撞きすぎクッションが詰まり当たらず(またもや解説者、不思議がる。ヤン様アホミスその2。)。
残りの配置は、4番のコースを9番がふさいでいるように見え、コンビか?と思ったら普通に通っていた(球1,2個ぶんくらい?)。
ところが呉がこの4をミス!
楊が残りをおいしく取りきって、呉9:8楊。
DSC01797.jpg


呉が4番を外した瞬間、楊の眼がギラッと輝いて、それまでDSC01801.jpg

とは別人のような表情に。

マスワリで9:9、呉、ここでタイムアウト。

連続マスワリで、楊ついに10:9と逆転、先に王手をかける。

ノーインから呉プッシュで5,7,8(?)をくっつけトラブルを作る。楊ナイスセイフティ。呉空クッションで当てる。楊、取りきって4番でトラブルを壊しに行く>>当たるが隠れる。
楊のセイフティが、ありえない程のまる送り(ヤン様本日3回目のアホなミス)になり、呉取りきって10:10ヒルヒル!

呉、ブレイク1番イン、2番は手玉と近く、ポケットは遠いが普段の呉なら問題ないところ・・・と思いきや、これを外す!

楊、取りきって4番で7,9のトラブルを壊しに行くが当たらず。5番を入れれば壊せるが、後球は遠くていやらしい6・8コンビになりそう。楊、手玉を7.9に軽く当てて止め、トラブルを壊しつつ、セイフティ。

呉、ばっちり決まったこのセイフティを、プラスツーの2クッションで当て、更に8番がラッキーイン!!!・・・ところが、6番で隠れる!

ここでの二人のリアクションが必見だった!
(長くなるので別にアップするね。)

呉、空クッションで入れに行くが入らず、残り配置はそこそこ渋い。

楊、5番を入れ、6番にポジション。
6番はやや撞き辛い。
楊、”7番は近いコーナーには通っているのか微妙だが、引けば7-9コンビがありそう?でも撞きづらいので渋い”・・なんて解説者が話している間になんなくロング引きで遠いコーナーにポジション。取りきって
楊清順 優勝

タイから帰国して飛行場から撮影所に直行した二人。
疲れた表情は隠せなかった。
特に後半は相手が撞いている時、
額に手を当て、うつむいて休んでいた。

それでも、濃い内容の決勝戦を魅せてくれた二人に、
拍手!







みんなのプロフィールSP


飛行場から撮影所へ直行、楊×呉テレビマッチ決勝戦!前編
DSC01800.jpg

今日、6月5日(書いてるうちに、もう昨日になっちゃったけど)
生放送で行われた今年2戦めの台湾男子プロテレビマッチ。
今回の決勝戦の組み合わせは、
楊清順(ヤン・チンスン)×呉珈慶(ウー・ジャーチン)という、
誰もが観たいゴールデンカード。

えっ!?その二人って、確か昨日までタイに居たのでは??

そう、実は二人とも、タイはバンコクで行われたアジアン9ボールに参加
朝の飛行機で帰国、その足で撮影所入りして
準決勝を闘い、勝ち上がったのだ。

ちなみに準決勝の相手は、

呉珈慶は一昨年の世界選手権準優勝、ワールドゲームス金メダルの張裴偉(ザン・ペイウェイ”偉”の字は正しくは王ヘンに韋)。

楊清順の相手は、拉桿王子(ラーカンワンツ=引き球王子)の異名を取る、傅哲偉(フー・ザーウェイ)。

二人とも、決して楽な相手じゃない。

さて、体力の限界に挑んでの決勝戦の行方は・・・

   後編に続く。

5月8日から1ヶ月に渡り行われた予選結果。
(全試合テレビマッチ。基本的にライブ。)
A組
陳英傑(チェン・インジェ) 11× 7 李昆芳(リー・クンファン)
李昆芳 11× 10 張裴偉
張裴偉 11× 9 陳英傑
>>予選通過 張裴偉

B組
呉珈慶 11× 8 夏揮凱(シャー・ウェイカイ)
李小萱(リー・シャオシェン) 11×10 夏揮凱
呉珈慶 11× 0 李小萱
>>予選通過 呉珈慶

C組
楊清順 11×7 趙豐邦 (チャオ・フォンパン)
趙豐邦 11×5 鄭從華 (ツン・ゾンファ)
鄭從華 11×9 楊清順
>>予選通過 楊清順

D組
郭柏成 (クォー・ポーチェン)10×11王華風 (ワン・ファフォン)
郭柏成 7×11 傅哲偉
王華風 4×11 傅哲偉
>>予選通過  傅哲偉





みんなのプロフィールSP


ドラゴンボートレース!!!
DSC01773.jpg


心配されてた天気にも恵まれ、
5月5日端午の節句ドラゴンボート大会に参戦してきたよ!

あれ? 5月5日~??

台湾は西暦を採用してるけど、お正月や端午の節句などは
旧暦(農暦)を使う。
誕生日祝いなんか、人によってはちゃっかり二回やるんだよ!

さて、

一時スコールに見舞われたけど、
連日の土砂降りに比べれば、小雨、小雨。
(いま台南は、遅れて来た梅雨で、毎日のようにバケツをひっくり返したような雨が降る。突然降り出して、30分~2時間くらいで降り止む。たまーに長引くけど)

我が成功大學語文中心からは、
日本人、アメリカ人、カナダ人、ドイツ人、タイ人、イギリス人、チベット人、ロシア人、インドネシア人、韓国人、ベネズエラ人、エジプト人、フランス人、・・・などなど、各国選りすぐりの(?)
2チームが出場。

隊不隊(トエプートエ 中国語で、そうだろ?っとい意味の”對不對”と同音。だじゃれで命名。)
成龍隊(チェンロントエ;お姐ェが名前つけた。成功大學ドラゴンボート、で一見そのまんまだけど、成龍ってジャッキーチェンのことなんだよね)

お姐ェは、隊不隊の鼓手。
後ろ向きに舳先に立って、皆を見ながらリズムを決め、
太鼓を敲く。

小学生の部、中学生の部、高校生の部、大学生の部、社会人の部、たくさんの部に分かれていて、私たちは

外国人の部で全部で5チーム。


一回戦は夕方5時半、相手チームは
セサミ・ストリート英会話チェーンの外人教師軍団。

スタートダッシュが効いて、逃げ切って快勝~!!!
運河の左右を囲む、すごい人垣。
子供たちは手を振ってくれるし、
写真はバシバシ撮られる。
消防隊のボートに引っ張られての凱旋は、超気持ちよかった。

そして夜8時半ごろ、決勝戦。
前回優勝の黒橋食品(出稼ぎフィリピン人チーム。全員男で、マッチョ揃い)
と、
D.C.ドラゴンズという、ワシントンD.C.から参加しにきたアメリカのチーム。こっちは女性も混ざってるけど、腕の太さはハンパじゃあない!

予選タイムを見ても、実績を見ても
普通にやっては勝ち目がない。

いつもより早いテンポで敲くから、
なんとか無理でもがんばって漕いでくれ、と
作戦を提案。

よーい、ドン!でピストルが鳴って、
左の黒橋食品、いきなり早いのなんの!
右のD.C.も早い・・・
作戦通り、いつもより早いテンポで太鼓を敲き、
ものすごい歓声にかき消されないよう、声を張り上げて
”1,2,1,2、加油!加油!”と叫ぶ(腹筋が痛くなる程声出したのは、久しぶりだ。)。
みんなもそれにあわせ、がんばって漕いでるんだけど、
それでも追いつけやしない!

結果
優勝、黒橋食品。
2位 D.C.ドラゴンズ
3位 成功大學 隊不隊

決勝3チーム中、ビリだったけど
3位入賞、賞金GET!!

練習では、295m1分57秒が最高だったのに、
本番では、一回戦300m1分55秒、
決勝ではなんと1分53秒をたたき出した!

ベストを尽くした結果だからね、
ナイスゲームだった、いい思い出になったよ!
06-05-17_17-58.jpg

DSC01782.jpg







みんなのプロフィールSP




Copyright © Acco姐ェ...キューを担いだ渡り鳥 / ビリヤードプロ【豹柄☆女王】北山亜紀子オフィシャルブログ. all rights reserved.