がんばれ日本!ワールドカップオブプールただいまベスト8!!!
naozobasazo.jpg

WCoP1Logo.jpg


今年の日本代表は
ドーハアジア大会金メダリスト川端聡プロと、
2006年日本ランキング1位大井直幸プロ。

強豪オランダ(ニールス・フェイエン×ニック・ヴァンデンバーグ)をヒルヒルで撃破、ベスト8進出!!!

やた~!!!

ベスト8の相手は、はシンガポールチーム。
メンバーはギネスツアーでおなじみ、
チャン・ケンクワンとトウ・リャンハン。

今日29日(土)14:00~
※ 日本時間29日21:00~


なんで台湾で放送してないんだ~!!!

他のベスト8の顔ぶれは、
フィリピン vs 中国
日本 vs シンガポール
ベルギー vs カナダ
フィンランド vs スイス

・・・って、台湾は!??

優勝候補台湾チーム(楊清順(ヤン・チンスン)×呉珈慶(ウー・ジャーチン))は、
伏兵ベルギーチーム(ヨーロッパランキング46位Serge Dasと60位のNoel Bruynooghe)に惜しくも敗退!

ハードブレイクで戦った結果、ブレイクスクラッチ3回、ノーイン1回。それ対し、相手チームはソフトブレイクで、それがまたうまくはまったのが敗因だそう。

残念!  


この試合に関して詳細は、
現地取材で熱い情報を発信中のOn the Hillさん&両プロのブログで、どぞ~!

On the hill(上の写真はここからいただきました)
http://onthehill2006.seesaa.net/article/48561297.htmlhttp://onthehill2006.seesaa.net/article/48561297.html
大井直幸 世界一への道!!
http://blog.livedoor.jp/nao_no1_flannel/archives/64714510.html
川端聡のオフィシャルブログ
http://kawabata.hustler.jp/

迷惑だ!!出会い系サイトに登録だとぉ~!?
カメハメハ


台北から戻ってメールチェックしてみたら・・・・・なんかこのブログのメールフォームを通して、
変なメールがいっぱい来てるよ???

ふむふむ、

見知らぬAさんから
「自分からメールしておいて返信もしないなんて無責任ですよ。」


?????

見知らぬBさんから
「メールありがとうございます。メル友みたいなかんじでいいですか?」

?????

見知らぬCさんから

「本当にプロなんですね、名前で検索してこのブログを見てびっくりしました」

みなさんのメールから推測するに・・・


598XXX.comとかいうところで富山県で登録?されているそうで・・・・・。

で、私のにせもんがそこに登録、ごていねいになりすましてメールまで送ってるらしく、それに返信しても返事が来ないので、このブログから苦情のメールが届く、と・・・


いやがらせした人は、いまごろにんまり笑ってるのかなー???

(しかしヒマだねー。)

私は出会い系サイトには一切登録しておりません。

これからも、絶対に登録することはありえません!

だいたい、リアルの知人とMIXIだけでも手一杯なのに、
これ以上メルトモとか増やしてどうすんだよ~!!!

メールをくれた(だまされた)方がたへ

個別に返信も説明もする気はありません。


あしからず!!!

追記;

サイトにメールで事情を説明して削除をお願いしたところ、
すぐに対応してくれました♪

なので、探しに行っても、もうありません♪

そんなヒマな人は居ないって!?

いや、居る居る。

だって私、どんな写真&文章アップされてんのか気になって
見にいってみたけど、入会しないと検索できないから
断念したんだもーん。

(おまえが一番ヒマ人だっ!!!Yes!)





ただいま台南!今日からまた学校!
夏学期と秋学期間の休みも今日で終わり!

しかも今学期は朝10時から授業が・・・。

うあ、今すでに10時03分!!!

いってきます!

UプロOプロとの台北での"活躍”?ぶりは、また後で!!!

台湾男子プロツアー結果
優勝
呉珈慶(ウー・ジャーチン)
準優勝
張栄麟(ザン・ロンリン)
3位タイ
荘志祥(ヅァン・ツーシャン)
粘栄智(ニェン・ロンツー)

決勝戦は、まくりまくられヒルヒルの熱い戦いだった・・・らしいけれど、
準決勝途中までしか観れなかった・・・残念!

写真はまた後で!!!


Uプロと台湾ファン1号
私が、敗者ゾーンの試合中。

Uプロと対戦相手がもめているようだ、と言われて
相手に断って駆けつけた。

9先、8対8のヒルヒルで、今からラックするところ。
Uプロが言うには、なにか言われてるけどさっぱりわからない、という。

相手の台湾アマに聞く。『どうかしたの?』
「いや、敗者は何先かと思って。」
『は??』
「いや、9先だとフルゲームでしょ、でも11先かもしれないし」
『(怒・・あきれ・・)あのねぇ!そんなの台湾人に聞きなさいよっ!しかも、勝者9先だったら、敗者がそれ以上長いなんて試合は、ありえないんだよっ!!!』
「そうなの?ごめんごめん。」

そんなやりとりがあり、ゲームは再開。

結果はめでたくUプロが勝ち。

しかし、彼、天然クンか、はたまた集中を乱すことを狙った心理戦だったのか・・・!?

と勘ぐっていたら、

後でわざわざ
「さっきはほんとごめん!あの人にもあやまっておいて」
って言いにきた。

しばらくしてまた、
「彼は勝った??」って聞きに来て、
「次誰とやるの?あと何回やったら残り??」と質問攻め。
『そんな、いろいろ聞かれても知らないよー。トーナメント表見れば?』
「うん。」
一緒に見に行って、説明してあげた。

そこへ、Uプロが通りかかったので、
『”さっきはごめん”ってわざわざ言いに来て、
その後の試合結果も気にしてなんかすっごく
応援してくれてるみたいよ。』って伝える。


その後も、彼はUプロの試合を観戦し続け、

勝つたびに大喜び。

「いやー、うまいよねー、俺とやったときも、セイフティ決めても、ぜーんぶ返されたもんなー。」
とか、褒めっぱなし。


そして帰り際には
「写真一緒に撮って!だって彼は”害(りいはい=グレート)”だから。」と、
ツーショットの写メまで撮っていったのだった・・・。

内垣プロ、台湾ファン第1号ゲット・・・


ただし男。






プロツアーベスト16
A組
勝者通過

張裴偉(本来は王に韋)
王泓翔
荘志祥
汪國斌

敗者通過

楊清順
傅哲偉
呂輝展
姜承宏

B組勝者通過

潘聖平
黄勝昌
孫一徳
林金邦


敗者通過

呉珈慶
張哲偉(本来は王に韋)
粘栄智

もうひとりは、まだやってたんだけど
たぶん 張栄麟???

残念ながら、
日本人通過者はなし。

出場者は70名くらい?
プロが7割、アマが3割。
予選は9先ダブル。

お姐ェは、一回戦いきなり張栄麟。
強敵だけど彼はブレイク後の配置に恵まれず、
緒戦で相手も肩があったまっていなくて
以外にチャンスが来たのにもかかわらず
9ボール飛ばしたりして
いつのまにやら6-0!

ブレイク後、見えない2番をプッシュ、
短短に離してきた。

この、ロングの薄い2番をコーナーカットで放り込み、
取りきってなんとか1ポイント返したものの、そこまで。
9-1で敗退。

敗者ゾーンでは、
梁介華に9-2で負け、終了~!

あと一回勝てば、郭柏成と当たれたのに・・・

と思ったら、その後すぐ、
郭柏成が

”亜紀子、君とおんなじ相手にやられちゃったよ~。”

ってニコニコしながら言いにきた。
ちなみに梁さんは、そのあと呉珈慶に負け、
呉珈慶はその次も勝って決勝ゾーン(ベスト16)に駒を進めた。

日本人選手は、
Uプロが一番惜しく、競って負けたゲームをもし勝っていて、その後1勝していれば決勝日進出だった。
一回戦でいきなり敗者にまわり苦戦を強いられたんだけど、
相手は李昆芳で、ほとんど撞かせずリードしていたのに、
途中から、李昆芳がラックにクレーム(というほどでもないけれど、「ウイングのボールを片方でいいからくっつけて欲しい」と言われた)。それ以後、ブレイクがばっちり決まるようになり、マスワリ量産でまくられてしまったんだっけ・・・。
あれ、あのまま勝ってたらなぁ・・・。

Oプロ、Hアマ、Nアマ、K女子プロ(わたしじゃ)は、今回残念ながら振るわず。

応援に駆けつけてくれたOくん、Dさんはじめ
みなさん、ありがとうございました。

また次、がんばりますっ!!!

本日&明日、中山撞球館にて、台湾男子プロツアー開催!
うちのブログでも告知していた、台湾男子プロツアーin台南。

いよいよ、今日・明日に、台南市の、中山撞球館西門店で開催。


日本からは、内垣P、翁長Pが参戦。

でも、出場するアマチュア選手が
「明日のプロツアーに、2人の招待選手が居るらしい。
一人はベトナム人で、一人は日本人」
って言ってた。

上記の二人は、
二人とも招待じゃなくって(私を通じてだけど)自分でエントリーしてるよ?

私たち3人以外に、他にも誰か日本人プロが参加するのかなー??

私たち3人???

そう、お姐ェも参戦予定っす。

友人に、出るんだよって言ったら
「ハンディは?」
「無い。9先。」
「ぶわはははは~!!!」
って、爆笑されちゃったけど・・・。

今回、特別に出場をさせてもらうことになったので、
(女子は普通は出れなくて、世界チャンプとか、
台湾ランキングトップとかがたまに出れる)
せっかくのチャンス、台湾男子プロを一人でも撃破する!つもりで行って来ます!

観戦無料、11時スタート。

台湾在住のビリヤードフリークは、
中山撞球館に集合~!!!

中山撞球館西門店
台南市南区西門路1段578号2F

三越新天地店右隣
(台南市には、ふたつの三越があるので、要注意!!!
新しいほうの、大きいほうの、駅前じゃないほうの三越っす!!!)

台湾在住のみなさんへ
私と土方Pの出たテレビ、
一日早く、昨日放送されちゃいました。


だいじょうぶ、
今日の夕方4時から再放送があるので
Check it out~!!!

張栄麟 テレビマッチ準決勝でのスーパーショット
テレビマッチ準決勝、
7:4の呉珈慶(ウー・ジャーチン)リードから、7:10と張栄麟(ザン・ロンリン)が逆転リーチをかけた局面で。

最終ラックとなった第18ラック

張栄麟のブレイクはノーイン。

呉珈慶、前半きれいに取りきっていったが

6から7へ出す横バタバタ、構える時点でしっくりいってないのが観て取れた。
案の定サイドスクラッチを嫌ってかコースをミス、気持ち力加減も弱く、7番にくっついてしまった。

呉珈慶、短短に離すセイフティに。
少し厚かった・・・?

距離は離れたし
手玉がレールに近くしぶいけれど
カットが狙える配置に。



これを、張栄麟、攻めにいった~!


7番を入れ、手玉は縦バタ2クッションで8番をキック、
8番はサイド前のおいしい位置に移動・・・・・かと思ったら

なんとダブルイン!!!


9番への出しもばっちり、





なんなく9番も沈め、

世界チャンピオンにして高校の後輩 呉珈慶を屠った。

ピースサインで喜びを表現する張栄麟。



呉珈慶はがっくし。


バカアニキの借金返さなきゃなんないのに・・・
次回がんばれ!

ちなみに、今年から、テレビマッチにはこーんなカワイイスコアガールが居ます。いいっしょ?
(男子プロテレビマッチのみ)





男子プロテレビマッチ優勝者は、楊清順!!!
9月17日(月)に、桃園のタイモール(台茂ショッピングモール)で行われた男子テレビマッチ決勝ゾーン。

(またしても自分も撞きながら横目で見てた程度なので、
スコアとか詳細はわかり次第追記しますワ。)

準決勝1試合目は
世界チャンプ呉珈慶(ウー・ジャーチン)対
ギネスツアーチャンプで呉珈慶にとっては高校の先輩である張榮麟(ザン・ロンリン)。
「泰山神童」呉珈慶が7:4とリード。
呉珈慶12ラックめも取りきっていくが6番と8番がトラブル。
あえて壊しにいかず、セイフティしやすいように出しにいき、ほぼイメージどおりに、きれいに手玉を8番に隠す。

ここで、「火雲邪神」張榮麟、ハードショットのワンクッションでフット付近の(!)6番をコーナーポケットにたたき込み、そこから取りきり、7:5.

マスワリ、マスワリであっというまに7:7のイーブンに。


呉珈慶、やっと廻ってきた4-8コンビも決まらず
張榮麟10:7呉珈慶 張榮麟リーチ。

最終ラック、張榮麟ブレイクノーイン、
呉珈慶、きれいに取りきってゆくが、7番への出しをミス!



張榮麟、これを7,8ダブルイン!!!
(このスーパープレイは別に詳しくアップするね、)
9も入れて、4:7から、7ラック連取のまくり勝ち。


張榮麟11:7呉珈慶


もう1試合は、
台湾No.1を張ってもう10年くらいになる
元祖"神童”「撞球之子」楊清順(ヤン・チンスン)対

台南出身の新人プロ張玉龍(ザン・イーロン)。

この試合はほとんど見れなくて、
結果だけ書くと、

11:7で
 順当に楊清順の勝ち。

さていよいよ決勝戦。

ギネスツアーでは3勝どうしながら、
そのうちの1勝がグランドファイナルの張榮麟が1歩リード。
しかも、グランドファイナル準決勝では
楊清順との直接対決も征しての完全勝利。

これも・・・見れなかったのよね(涙、

結果は楊清順の勝ち。

スコアは11:7

ギネスの借りを緯來テレビマッチで返した。



世界選手権アジア最終予選、マレーシアに変更!!!
2007Logo.jpg


ありえないほど急な日程で香港での予選会が発表され、
とまどいとブーイングの嵐を巻き起こしたアジア最終予選の開催発表。
またまた急転、1週遅らせて、9月29日に
マレーシアでの開催が決定に。



エントリーフィー;100USドル
7先勝者ブレイク

国籍を証明するため
会場へはパスポートを持参すること。
(中国・インド・インドネシア・マレーシア・フィリピン・シンガポール・韓国・中華台北・ベトナムからはエントリーができない。
日本人はもちろん参加OK,大チャンス!!!

みんな、がんばって!!!)

会場

XZ Snooker & Pool Club.
Level 7, Block B3,
Leisure Commerce Square,
No:9, Jalan PJS 8/9,
46150 Petaling Jaya, Selangor,
Malaysia.

連絡先: Mr. David Ong
Mobile: +6012 209 609
Office tel: +603 7877 5175 or +603 7877 8063
email: david@xzbilliards.com


ホテル予約
Pyramid Tower Hotel
Persiaran Lagoon, Bandar Sunway,
46150 Petaling Jaya,
Selangor Darul Ehsan,
Malaysia

www.sunwayhotels.com

会場からタクシーで10分、
シングル260リンギ=8500円(1リンギ=33円)

マレーシア入国には
日本人の場合90日以内の観光目的は不要だけれど、
個人旅行者の場合は、パスポート有効期限が6ヶ月以上必要。

有効期限が足りない人は、急いで更新!
もし更新が間に合わないようなら、
旅行会社のパックツアーに申し込めば大丈夫かも?
詳しくは旅行代理店に問い合わせて!


それにしても・・・
参加者希望者まちがいなく一番多いんだから、
日本でやってよ!


On the Hillさんで香港予選のエントリーを代行されています。
すでに香港予選をエントリーされた方は、日程の変更を確認のうえ
エントリーを再確認してください。

http://onthehill.seesaa.net/article/55362506.html


詳細は、以下メールの原文(英文。エントリー・フォーマットに関する部分が香港開催のものをそのまま使っているため一部ヘンなことになってます。)

台湾男子プロツアー、日程変更!!!
急遽、日程変更で
9月21・22日開催となりました!!!




この試合に関し詳細は
過去記事参照してね!
http://accojeje.blog14.fc2.com/blog-entry-411.html
http://accojeje.blog14.fc2.com/blog-entry-424.html

呉珈慶:史上最年少世界チャンプその笑顔の裏に・・・2
wu


史上最年少の世界チャンピオン、呉珈慶(ウー・ジャーチン)。
16歳でその座につき、2年が経ったとはいえ、まだ18歳の少年だ。

その若さで
9ボール世界選手権、
8ボール世界選手権、
数々の国際試合のタイトルを獲得、
高額の賞金を手にしてきた。

”台湾で最も稼ぐ高校生”と言われたりもした。

ギネスツアーでの張栄麟(ザン・ロンリン)や楊清順(ヤン・チンスン)の活躍に比べると
いまひとつ成績が振るわないように感じられる今年でさえも

ブルネイ・インビテーショナル優勝 
(賞金10、000米ドル)

ドバイオープン優勝 
(賞金11、000米ドル)

バンコックオープン優勝
(賞金2,000米ドル)

ギネスツアー全戦の合計
(賞金16,300米ドル)


更に
国内のテレビマッチやプロツアーの賞金も含め
今年の獲得賞金は、現時点で

42、300ドル(500万円くらい)と、
台湾賞金ランキング第3位。


世界選手権の賞金を頭金に
大好きなおばあちゃんに家を建ててあげ、
自らも「運動家」という名前のビリヤード場を経営。


傍目には、羨ましいほど順調に見える
彼のビリヤード人生に、
うかがい知れぬ闇があった。



昨日発売の蘋果日報(Apple-Dailynews)が大きく報じたところによると
呉珈慶は、彼の実兄が賭博で作った数百万台湾元の借金を、かわりに返しているのだそうだ。


それも、世界タイトルを取って以来ずっと、もう2年間も返し続けてきたのだ。

400万台湾元(約1400万円!!!!!)近くもの借金を
試合の賞金の大部分を注ぎ込んで2年がかりでようやくほぼ返し終え、


呉珈慶は
「これで兄が心を入れ替えてくれれば・・・」
と望んでいたが、その矢先

兄がまたしても賭博で負け、
200万台湾元(約700万円)の負債を新たに作って失踪。


おりしも先日上海で行われたギネスツアーの開催時に、
呉珈慶の経営するビリヤード場に債権者が乗り込んできて・・・

なんとか予選は通過したものの、
精神的打撃が大きく
試合に影響を与え、満足いく試合結果を出すことができなかった。


>>>続く

関連過去記事
http://accojeje.blog14.fc2.com/blog-entry-425.html

ネタ元
蘋果日報(中国語サイト)
http://1-apple.com.tw/apple/index.cfm?Fuseaction=Article&NewsType=twapple&loc=TP&showdate=200709







みんなのプロフィールSP




呉珈慶:史上最年少世界チャンプその笑顔の裏に・・・
昨日、新聞(蘋果日報=Apple-DailyNews)
の社会面に、大きく呉珈慶が取り上げられてた。
wu



スポーツ面ならわかるけど、
社会面???

国際試合で優勝した場合を除き、
撞球選手が社会面に登場するのは・・・・・

ほぼ、悪いニュースに限られる。

最近では、ジェニファーのギャンブル問題、楊と李のギャンブル疑惑騒動、最近また、ビリヤード協会の役員が賭博の元締めとして検挙・・・

と、特に賭博関係の悪いニュースが絶えない。


(私個人としては、自分のお金と責任でギャンブルをやるのは
そんなに悪いことではないと思っている。

というか、何で競輪・競馬・パチンコが合法で、
仲間うちでの小額の賭け球・賭けマージャンなどが(法律上はいちおう)違法なのかがわからない。

でも、それが競馬などの公営賭博であっても
借金してまでのめりこむのはまずいと思う。

特に
非合法の、ヤミの賭博は
負けた場合にまたヤミの謝金がかさみ、
金利も法外なら取立ても尋常じゃないから
手を出すのはやめましょう。)

呉の場合もまた、
賭博に絡んだニュースなんだけど

まだ18歳、高校を卒業したばかりの呉の場合は、
もちろん彼自身が賭博をやったわけじゃない。
むしろ被害者。

ギャンブルで数百万台湾元(更に増やし続けている)の負債をつくったのは、彼の兄。

長くなるので
何回かに分けてアップします。


>>続く






みんなのプロフィールSP



9月の台湾男子プロツアー
9月22・23日21・22日
台南市の『中山撞球館 西門店』で開催される
(※急遽、日程変更です!!!
thanx,Hama!)

第209回台湾男子プロツアー

優勝賞金 8万台湾元(30万円くらい)

2位    4万元
3位タイ  2万元
ベスト8  1万2千元
ベスト16  8000元
ベスト32  4000元
(台湾プロに限り
※入賞しなかった場合でも、交通費として2000元支給
※アマチュアに負けると3000元罰金!!
※アマチュアに勝つと2000元賞金)

中山撞球館西門店

西門店/台南市 西門路1段578号2階 
(三越台南新天地店となり※台南市には、ふたつの三越があるので注意!)


台湾プロメンバー以外のエントリーフィーは 2000元
(7000円ちょっと)

日本のプロはもちろん、アマチュアもエントリーできます。


台南は私の住んでいるところなので、
出場したい方がいれば協力します。

エントリー
ホテル予約
台北空港からの交通手段など

なんでも聞いてください。



(下のコメント欄か右下メールフォームから、どうぞ)


今のところJPBAの某プロがエントリー。





'07第3回台湾男子プロテレビマッチ;予選B組&D組
楊清順2



9月10日に、桃園の台茂ショッピングモール(タイモール)で行われた、テレビマッチ予選最終日。

延期になっていたB組の試合が午前に、
最終組D組の試合が午後に行われた。


午前11時):B組……呉珈慶(ウー・ジャーチン)、郭柏成(クォー・ポーチェン)、柯乗逸(カァー・ピンイィー)

まず、午前のB組は
世界選手権チャンピオン呉珈慶が決勝進出。
(見れなかったので、スコアなどはわかり次第追記します)

午後4時) :D組……楊清順(ヤン・チンスン)、呉育綸(ウー・イールン)、チャン・ケンクワン

この組は、
まず1試合目、神童呉育綸がチャン・ケンクワン を11:2であっさり料理。

2試合目、楊清順がチャン・ケンクワン を11:3とこれまた一蹴。

1勝同士の決定戦となった3試合目・・・・・。
1,2試合目の結果を見るかぎり、
二人とも調子は良さそう。

楊清順と呉育綸、年令差は12歳?13歳??
一回り以上違う、新旧"天才"対決。

きっと、見ごたえある試合になるだろう・・・・

と思ったら・・・・・。


これがすごかった!!!

何がすごいって、楊清順!!!



最初のラック、楊清順ブレイクで2,3個イン。

取り出しの2番?をロングの撞きづらをキュー立ててドゴオーーーーン!!!と叩き込み、無理やり3番に出しにゆく>>>でも結果、完璧な”自分セイフティ”。

ここであきらめず
ツークッションで当て、短短に離した!

呉育綸、ミス。楊清順取りきって

1:0

楊清順マスワリ      (1)

2:0

楊清順マスワリ      (連2)

3:0

楊清順マスワリ      (連3)

4:0

楊清順マスワリ      (連4)

5:0

楊清順マスワリ      (連5)

6:0

楊清順マスワリ      (連6)

7:0

楊清順マスワリ      (連7)

8:0

楊清順マスワリいや、ブレイクインも、
サイドへスクラッチ。
(手玉のコントロールミスではなく
8番に蹴られたため、あきらかにご不満なようすの楊さま。)



呉育綸、きれいに取りきって

8:1

呉育綸、ブレイクインも、1番が隠れている。
ジャンプで攻め、みごと入れる・・・・が、スクラッチ。

楊清順取りきって

9:1

楊清順マスワリ

10:1

楊清順マスワリ

11:1 

楊清順、決勝ゾーン進出決定。


しっかし・・・11先で、実にマスワリ9発(7連含む)!!!




呉育綸も、8ラックもの間、テレビカメラに写されながら
ただ座らされて楊清順の球を見せ付けられていたにもかかわらず
平常心で取りきり、少ないチャンスでベストを尽くした。

入れミスは一度も無し、ジャンプインスクラッチ以外にミスなし・・・と言っても、
全部で8~9キューしか撞いてないけれど。

いかんせんチャンスが少なすぎた。

決勝ゾーンの日程は

9月17日決勝(ベスト4)

緯來スポーツチャンネルで
いまや台湾でのテレビマッチの会場としておなじみとなった
桃園のタイモール(台茂ショッピングモール)から、
全試合ライブ中継。

こいつは見なきゃ!

(ごめん、台湾だけ放送)

2007年台湾男子プロ累積賞金額ランキング
2007年台湾男子プロ累積賞金額ランキング(現時点)

第一位
張榮麟(ザン・ロンリン)
約71000米ドル(約235万台湾元=800万円)

第二位
楊清順(ヤン・チンスン)
約55200米ドル(約182万台湾元=620万円)

第三位
呉珈慶(ウー・ジャーチン)
140万台湾元=480万円

第四位
趙豊邦(チャオ・フォンパン)
約27600米ドル(約68.万台湾元=240万円)

ギネスツアーで大暴れした張榮麟が暫定ポール・ポジション。
でもこの後、まだ世界選手権もあることだし、
最終的に誰がトップに立つのか
まだまだわからない!

女子の賞金額はもっと少ないけれど
去年の場合はアジア大会金メダルの
柳信美(リョウ・シンメイ)と林シ元君(リン・イェンジン)は、
アジア大会1試合で男子年間ランキングトップの賞金総額よりも高額な報奨金を国からゲットしている。

ちなみにそのお金で、林は家を買った(!)
(1000万円以上)
http://accojeje.blog14.fc2.com/blog-entry-202.html

ネタ元(Thanks,Steven!!)
球聖撞球~撞球饗宴、樂趣無限!
http://tw.myblog.yahoo.com/poolcoachsteven/article?mid=4099&prev=4123&next=4098

呉珈慶奪冠!!ブルネイ・9ボールインビテーショナルカップ
出かけるので、とりあえずは結果だけ。
帰ってから詳細書き加えるね。

優勝 呉珈慶(ウー・ジャーチン) 
1万ドル獲得!!!



決勝戦で、リッキー・ヤンを13:10で下して
久しぶりの国際試合優勝!!!


準決勝、
事実上の決勝戦と言っても過言でない強敵
オルコロ戦では、絶好調で9:2とリード。
ところが”ギャンブルキング”オルコロ、そこから追い上げ、10:9に!!!

セイフティ戦の末、オルコロが遠く離した2ボールを、
呉珈慶が気合のカットで決め、取りきって決勝進出!!!

おめでとう、呉珈慶!

大波乱!ブルネイ・インビテーショナルカップベスト4!!!
ギネス王者張栄麟(ザン・ロンリン)が、ベスト8でブルネイMuhtadee Billah王子(やっぱり出てた!スポンサー・主催者にして出場選手!!!さすが王子!ゼータクな立場だねー。)に敗退!!!!!

張栄麟、ギネスツアーで2勝、最終戦バリ島での総チャンピオン決定戦にも勝ち、まさに絶好調のはず・・・。

今年はもう賞金総額800万円くらい稼いでるし、
おなかいっぱいなのかなー・・・?


それともいやまさか王子に負けると莫大なご祝儀がもらえる・・・・・なんてことは無いよね??

ベスト4の組み合わせは、まずは

ouji


ビラー王子(もちろんブルネイ)対 リッキー・ヤン(インドネシア)
リッキーヤン



そしてもう一組は、
呉

呉珈慶(ウー・ジャーチン 台湾)対デニス・オルコロ(フィリピン)
オルコロ


こっちがもはや決勝戦とも言える(?)・・・

いやもう、ここまで来たら
波乱ついでに王子に優勝してもらって、
そしたらコメントは


”賞金なんて別に要らないのになぁ・・・。
しかも1万ドルぽっち。もともと俺の金だし・・・”



うーん・・・・・

やっぱ呉珈慶がんばれっ!!!
(家のローン返さなきゃ!!!)

ネタ元
http://tw.myblog.yahoo.com/poolcoachsteven/
(thanx,Steven!)

ブルネイ・9ボールインビテーショナルカップ
Brunei 9-Ball Invitational Cup
9月7,8日にブルネイの国立体育館で行われる。

ブルネイといえば、有名なお金持ち王国。
女子高生と結婚して日本でもニュースになったあの王子様が、熱烈なビリヤードファン(世界選手権にも国家を代表してステージ2からご出場あそばされた)。

16名による招待試合で、
フォーマットは
シングルイリミネーション
交代ブレイク。

一回戦・ベスト8は9先
ベスト4は11先
決勝戦は13先。


賞金は

優勝 USD10,000.00
準優勝 USD5,000.00
3位タイ USD1,500.00

ベスト8 USD 500.00

肝心の出場者は・・・
台湾からは呉珈慶(ウー・ジャーチン)・張栄麟(ザン・ロンリン)復興高校体育科ビリヤード専攻で先輩後輩だった二人が指名されている。

あとの14名は・・・フィリピンからガピカ。アルカノ&オルコロ。(9/7訂正)
それ以外わかりません。
王子様自らご出場あそばすのかな?

ごめん、はんぱな情報で・・・。

残念ながら台湾でもテレビ中継は無いので
ネットで結果探してまたアップするね。

ジュニア世界選手権、台湾代表決定
8月25日に、台北の國際撞球館で行われた予選の結果、
今年の台湾ジュニア世界選手権の台湾代表メンバーが選出された。

丸1日かけての戦いを征し、
代表の座を手に入れたのは、
わがブログではおなじみの”かぁクン”
呉珈慶の台北復興高校でのクラスメイトだった(卒業したところ)


柯秉逸(カァー・ピンイー)と、


林桂民 (リン・グイミン)
ap_20070827032257175.jpg



女子代表は林妹羚 (リン・メイリン)
ap_20070826105710984.jpg


この子もやはり台北復興高校卒。
(去年?もうおととしの夏休みかな?
かぁクンファミリーと一緒に、
台南に老師を訪ねてきたことがあったなぁ。
あの頃はまだまだだったけれど、
半年くらい前の女子ツアーで当たったら、
すごく上手くなってて先リーチかけられた。
なんとかマクって勝てたけど)



会場で注目を集めたのは、
勝者ゾーンで柯秉逸に、
敗者で林桂民に負けて惜しくも代表入りを逃した13歳の劉政杰。

来年がんばれ!
20070907061727.jpg



選考会のトーナメント表(男子)
クリックすると拡大するよ。
ap_20070830030142377.jpg



ネタ元
撞球協會長青組球友的發聲管道
http://tw.myblog.yahoo.com/edify-chang/article?mid=5004&prev=5007&next=5003

'07第3回台湾男子プロテレビマッチ;予選B組
9月03日 に、桃園の台茂ショッピングモール(タイモール)で行われた、テレビマッチC組。

ちゃんと観れなかったので結果だけ。

メンバーは
世界選手権準優勝の張裴瑋(ザン・ペイウェイ※IEで見てる人へ。"ウェイ"の字は王ヘンに韋。化けてるでしょ?)
”引き球王子”傅哲偉(フー・ザーウェイ)
先々月プロツアー優勝 張玉龍(ザン・イーロン) 。

台南市の張玉龍がベスト4への切符を獲得。
スコアとかは、またわかったら書き加えるね。

今後の試合日程は

8月27日:
B組……呉珈慶、郭柏成(ADAM)、柯乗逸

(延期)
9月03日:
C組……張裴璋、傅哲偉、張玉龍
9月10日:
午前11時):B組……呉珈慶、郭柏成(ADAM)、柯乗逸
午後4時) :D組……楊清順、呉育綸、チャン・ケンクワン
9月17日決勝(ベスト4)

緯來スポーツチャンネルで
いまや台湾でのテレビマッチの会場としておなじみとなった
桃園のタイモール(台茂ショッピングモール)から、
全試合ライブ中継。

こいつは見なきゃ!

(ごめん、台湾だけ放送)

Copyright © Acco姐ェ...キューを担いだ渡り鳥 / ビリヤードプロ【豹柄☆女王】北山亜紀子オフィシャルブログ. all rights reserved.