冠軍!!!
DSC01472-0.jpg


ホームである法肯(ファルコン)撞球館で行われたハウストーナメントで

冠軍 (優勝) 獲ったどー!!!

エントリーフィー50元、64枠でベスト16から完全ダブル



甲=プロ、乙=トップアマは出れません。

男子ハンディは6か8
女子は3か4
わたしは5。

アマチュアにハンディもらうのー?とか言うな~!
アマとはいってもマスワリ6連出すようなレベルがごろごろ。

前回、前半絶好調だったのに大事な終盤で失速し、3位だったので、
今回は気合入れた!

予選から全試合負けなし7連勝!!!

決勝戦は、わたしが勝者からあがってるので、
もし負けてもプレイ・オフがある。

でも、絶対1回で終わらす!と決めてた。

敗者最終戦がまたいい試合で、見てて気合が入った。
勝者最終で当たった相手がヒルヒルの戦いを征して上がってきた。

1ー9コンビを残しを考えて外した以外は入れもセイフティもノーミスで、
すべてのボールを入れ、3-0にしたところで
相手が握手を求めて「降参」。

今帰ってきて、
シャワー浴びて寝よ・・・と思ったけど
うれしすぎて眠れないので
みんなに報告!!!

ここ半年ほど腰痛に悩まされてるんだけど、
昨日部屋の模様替えしたときに無理しちゃって
腰痛くて電動チャリ乗れなくて、
タクシーで店行ったくらいなのに
球は不思議と絶好調だった・・・

腰痛に耐えてよくがんばった!!


わーい!
優勝5000元ゲト~!!!
(半分は、JPBAの今月の月会費に充てるか・・・)

追記

決勝戦の相手が、なぜギブアップしたのか納得できない、という書き込みがあったので補足。

なぜ降参(トウシャン)したかは本人じゃないからわからないけど


考えられる理由としては、

1: もう朝5時ごろだったから、8セットまくって勝ったとして1時間かかって6時、
プレイオフを闘って7時。時間的にも体力的にも「もういいや」って思ったのかな。

2: 勝者最終で当たったときにわたしの出来がよくて・・・(というか、この日はめずらしく1日中よかったんだけど)
わたし5-相手3のスコアと充実した内容で勝っていたことも(3-0まで先行されると8セットもまくりきれない)と思ってくれた一因かな。(自慢ですが。)

3; 日本人には「あきらめない美学」があるように、
台湾人には「OKする=負けを認める美学」がある。

日ごろのセットマッチでは
せっかく難球に残るかもしれない9番を、止まるのも待たずキューで払ってOKするなんて日常茶飯事。「自分は外したから」という気持ちなんだろうけど。


プロの公式戦でも、ルールでOK禁止のとき以外は
ちょっといやらしい配置でもホイホイOKしちゃう選手多し。

4; そして、最大の理由は、たぶん・・・

ゲーム代がもったいなかったのかなー?

負けた人が払うシステムで、1分ごとの計算だから、
長引くほど高くなる。

名探偵の推理は以上!

謎が解けてもとけなくても以上! めでたし、めでたし!

”王子対決”を征し、ベスト4へ!!!
4月21日(月)から始まった、

2008緯來男子職撞第一站(2008年度第1回男子プロ緯來テレビマッチ)

2週めである今日、4月28日には
B組 の試合が行われた
顔ぶれは

現ジュニア世界チャンプにして昨年スーパーカップ優勝者
『撞球王子』柯秉逸(カー・ピンイィー) 

2006ナインボール世界選手権3位タイ
『拉桿王子』傅哲偉(フー・ザーウェイ) 

台湾プロツアー上位入賞の常連、
黄勝昌(ホァン・センチャン)

1,2試合目を柯秉逸 傅哲偉がそれぞれ1勝、
2連敗の 黄勝昌は、予選敗退確定。

3試合目の柯秉逸 傅哲偉 直接対決での勝者が、
決勝ベスト4シングルへ進出できる。

くしくも”王子対決”となったこの試合、

柯秉逸がマスワリ5連発などで傅哲偉を圧倒。
最終マスも、6番へ、ありえない出しミスをするも、
ハラきりサイドバンクでナイスリカバー、取り切って
ベスト4へのチケットを手にした。
KA-



実はこの王子さま、

5月2日発売のビリヤード雑誌「Cue's 」6月号 で始まる新連載

「台湾撞球明星☆列伝」 第1回ゲスト。

なんでそんなこと知ってるかって?

ふふふふー。

それは、Cue'sを見てのお楽しみ!


夢のスクール;エフレン・ジャンゴ・ホーマン・ロブレスが講師!!!
Predator Pro Pool School with Reyes, Bustamante, Hohmann, Robles May 21-22,2008

プレデター・プロ・プール・スクール

2008年5月21-22日開催!!!

豪華講師陣は、

9ボール世界チャンピオンにして世界一の人気者
『マジシャン』 又の名を 『バタ(子供)』 又の名を 『マニラからの恐怖』(ニックネーム多いなー)
エフレン・レイズと
世界選手権準優勝『ジャンゴ』 フランシスコ・ブスタマンテの、
フィリピンビッグ2、

米トッププロで、
有名なインストラクターでもあるトニー・ロブレス、

9ボール&14-1ダブル世界チャンピオン
トーステン・ホーマン(ドイツ)。


中でもエフレンとジャンゴは、
「世界に影響を与えたフィリピン・ビリヤードの秘密」を伝授するらしい!

うわー、これは行かなくては!!!


5月21・22日かぁ・・・その日は特に試合もなにも予定ないし、
時間はある・・・よーし、申し込むかぁ!

先着20名限定・・・もう5枠は埋まってるって・・・急がなきゃ!



(一日8時間のレッスン+プロたちとのランチ)×2日
22日には、参加費無料の「卒業トーナメント」が行われる。優勝商品はプレデターキュー。


参加費一名1500ドル
(ランチ代込み)


・・・・・あれ? 「時間」はあるけど、「足りないもの」があった。

やっぱ行けないや。

残念!




日本からも誰か行くのかな・・・

行ったかたは(うらやましい!)
土産話でも聞かせてくださいな。



ネタ元>>Predator Pro Pool School

プレデター社


8ボール新世界チャンプ、スーケーとポルノ俳優について!?
決勝戦の結果は、13:9でドイツの『カイザー(皇帝)』ラルフ・スーケーの勝ち!

フィリピン ロニー・アルカノ、連覇ならず!!!

これで、8ボール世界チャンプは、
一昨年呉珈慶(ウー・ジャーチン/台湾)、昨年のアルカノに続き、
3人とも9ボールとのダブルチャンプということになった。

しっかしスーケー、強いなぁ!おめでとう!

ap_20060812122956413[1]


年末のスーパーカップで
せっかくフィアンセ同伴で台湾に来て、
試合前のインタビューでは

「初めて海外で過ごすニューイヤーで、とても楽しみ!」
なんてウキウキしてたのに

あわや全敗!の1勝5敗グループ最下位で予選落ちという
惨憺たる結果に終わった時には、
ひょっとしてこれがトラウマにでもなって大スランプになってしまうんじゃ・・・?なんて
ちょっと心配しちゃったんだけど、そんなの大きなお世話と言わんばかりに
わずか2週間後、
2008年1月13日(わたしの誕生日じゃん)には、
ダービーシティ・クラシックでみごと優勝!してるもんなぁ。

スーケーと言えば、その昔、こんなことがあったなー・・・

試合で来日してた欧米プロたち何人かとご飯食べに行ったときに
アーチャーの鼻がでかいっていう話になり、

「鼻以外もでかいよ!だから俺の別名はホウムズって言うんだぜ~!」という意味不明のギャグを飛ばされ、

「ホウムズって誰?シャーロック・ホームズ??」と聞くも、爆笑するばかりで皆説明してくれず。

アーチャーが
「ラルフが知ってるよ」って言うので

「ラルフ!説明してよ!」って迫ったら、

「えーーーっと、   あのね、

ホウムズは  ・・・彼はね、

そう、     あのー・・・有名な、


・・・・・  そう!俳優だよ!



あの・・・ポルノの・・・巨根で有名な・・・・

と、顔を真っ赤にしながら、

いっしょうけんめい説明してくれました。




ナイス!Good Job! ラルフ!!!


写真は、Stevenさんとこからお借りしました。謝謝!

ベスト32>>準決勝、駆け足でざーっと紹介
UAEはフジャイラで開催中の、8ボール世界選手権。
まずはベスト32の結果から。

呉珈慶 (ウー・ジャーチン/台湾)  8 -10 Alan Cuartero (フィリピン)

前々回チャンプ呉珈慶 、無名のフィリピン選手に敗退。
フィリピンも層が厚い。

ディミトリー・ジャンゴ(スイス)10-8 Bahram Lotfy (デンマーク)

ディミトリー・ジャンゴくん、元ジュニア世界チャンピオン。
カナダはケベックシティで女子世界選手権と同時の開催で、当時彼はもう大人に混じってユーロツアーで優勝もしていて、そしてそれはもう輝くような美少年でした!
19歳で身長190くらいあったし!
名前からしてかっこいいし!
F.ブスタマンテはニックネームが「ジャンゴ」だけど、
こっちは本名「ジャンゴ」よ!
でも大会HPで見ると、なんか現在はルックス的には普通になっちゃってるような・・・。
                  えらいヒゲ濃いし
マーカス・チャマト(スウェーデン/9ボール世界選手権3位タイ)10-5Gabriele Cimmino,(イタリア)

Kasper Kristoffersen(デンマーク) 10-6 コンスタンティン・ステファノフ (ロシア)


ニールス・フェイエン(オランダ/東京9ボール準優勝) 10-5 Huidji See,(オランダ)

『ターミネイター』ニールス・フェイエン、
オランダ人どうしの対決、ダブルスコアで余裕の勝利。

ラルフ・スーケー(ドイツ/ 9ボール世界チャンピオン)10-7 Elvis Calasang (フィリピン)

Chris Melling (英) 10-5 Mark Gray (英)

Marcus Westen(ドイツ)10-9 ジャスミン・オーシャン(オーストリア/ ジュニア女子世界選手権チャンピオン)


紅1点、ジャスミン・オーシャン
ヒルヒル負け!惜しい!

シェーン・ヴァン・ボーニング(米/USオープン チャンピオン) 10 -3 劉海濤 (リョウ・ハイタオ/中国)
新しい「アメリカの看板選手」シェーン・ヴァン・ボーニング、快勝。

Bruno Muratore(イタリア)10-4 Ruslan Chinahov (ロシア)

ダリル・ピーチ(英/ 9ボール世界選手権チャンピオン)10-0 Fahad Mohammadi (カタール)

現9ボール世界チャンピオン
ダリル・ピーチ、スコンク勝ち!

Alcano, Ronnie 10
Gomez, Roberto 8

前回チャンプにして9ボール世界チャンプ ロニー・アルカノ、
9ボール世界選手権準優勝ロベルト・ゴメスとのフィリピン対決を征す。


Kiamco, Warren 10
Al Howri, Hanni 0

日本でもおなじみのワレン・キアムコ、地元UAEの選手に
スコンク勝ち。
以前中東での試合で地元選手が上位に入ったとき、3000万円くらいの、かる~く優勝賞金の何倍ものボーナスをもらってたっけ・・・Al Howri, Hanni さんももらえるのかなー?

Babica, Radoslaw 10
Kawabata, Satoshi 9

うう・・・川端聡プロ、ヒルヒル敗退。残念!

Wang, Hung Hsiang 10
Ortmann, Oliver 8

台湾の王シ弘翔 (ワン・ホンシャン)、9ボール世界チャンプオリバー・オートマンを倒し、ベスト16へ。


傅儉波 (フー・ジェンポー/中国) 7
Orcollo, Dennis 10

フィリピンの『ギャンブル・キング』デニス・オルコロ、
中国の新鋭をねじ伏せる。


そして、ベスト16で

Cuartero, Alan 8
Jungo, Dimitri 10
ディミトリー・ジャンゴ、呉珈慶 を倒したAlan Cuartero (フィリピン)
に勝ち、ベスト8へ!

Chamat, Marcus 10
Kristoffersen, Kasper 5

Feijen, Niels 9
Souquet, Ralf 10

Van Boening, Shane 7
Muratore, Bruno 10
シェーン・ヴァン・ボーニング 、イタリアの無名選手に敗退。

Peach, Daryl 5
Alcano, Ronnie 10
ピーチV.S.アルカノの9ボール世界チャンプ対決、ダブルスコアでアルカノに軍配!

Kiamco, Warren 10
Babica, Radoslaw 7


Wang, Hung Hsiang 6
Orcollo, Dennis 10
王シ弘翔オルコロに」負け、9位タイ。残念!

Melling, Chris 10
Westen, Marcus 8

ベスト8は

Jungo, Dimitri 6
Chamat, Marcus 10
ジャンゴ、残念!
チャマト、最近なにげに大舞台に強い。

Souquet, Ralf 10
Melling, Chris 3
『皇帝』貫禄勝ち!

Muratore, Bruno 5
Alcano, Ronnie 10
アルカノ、シェーン・ヴァン・ボーニングを倒した伏兵Muratore, Brunoをあっさり料理。

Kiamco, Warren 6
Orcollo, Dennis 10

フィリピン対決を制したのはギャンブルキング、元漁師オルコロ。


準決勝は

Chamat, Marcus 8
Souquet, Ralf 10
ヨーロッパ対決を世界チャンピオンスーケーが征し

Alcano, Ronnie 10
Orcollo, Dennis 9
フィリピン対決を世界チャンピオンアルカノがヒルヒルの激闘の末征す。


そして、25日に決勝戦1試合だけが行われる。

カードは連覇のかかるロニー・アルカノ(フィリピン/8&9ボール世界選手権 チャンピオン) V.S.ラルフ・スーケー(ドイツ/ 9ボール世界チャンピオン)。

世界チャンピオンどうしの対決、見ごたえあるだろうなー・・・。



8ボール世界選手権 ベスト32組み合わせ発表
いよいよ、ベスト32の組合わせが発表~!!!

日本の『ダイナマイト・レフティ』川端聡プロは
17時からポーランドのラドスロウ・バビカと。(がんばれ~!)

台湾代表の2選手は

呉珈慶(ウー・ジャーチン)は
フィリピンのCuartero, Alanと(加油~!)

王シ弘翔(ワン・ホンシャン)は
ドイツのオリバー・オートマンと対戦。(加油~!)

紅1点ジャスミン・オーシャン(オーストリア)は、
ドイツのWesten, Marcusと。(いてまえ~!)

1回戦は、わりとうまくバラけて有名選手同士の対戦が少ない感じなんだけど
他に気になる組み合わせは、

9ボール世界選手権チャンプにして
今大会ディフェンディングチャンピオン、ロニー・アルカノと
9ボール世界選手権準優勝のロベルト・ゴメスのフィリピン対決。

デニス・オルコロ(フィリピン)と
傅儉波 (フー・ジェンポー/中国) も、オルコロのほうが実績は上だけど、以外に好カード。


全組み合わせはここで見てね!
決勝トーナメント32


8ボール世界選手権 ベスト32
23日に行われる決勝シングル ベスト32。
勝者16名のタイムスケジュールが出た。
ベスト32トーナメント表

12:00
呉珈慶 (ウー・ジャーチン/台湾'/8&9ボール世界チャンピオン)      
Bahram Lotfy (デンマーク)
マーカス・チャマト(スウェーデン/9ボール世界選手権3位タイ)
Kasper Kristoffersen(デンマーク)
ニールス・フェイエン(オランダ/東京9ボール準優勝)
Elvis Calasang (フィリピン)

14:30
Mark Gray (英)
Marcus Westen(ドイツ)
シェーン・ヴァン・ボーニング(米/USオープン チャンピオン)
Ruslan Chinahov (ロシア)
Fahad Mohammadi (カタール)
ロニー・アルカノ(フィリピン/8&9ボール世界選手権 チャンピオン)

17:00
ワレン・キアムコ(フィリピン)
ラドスロー・バビカ( ポーランド)
王シ弘翔 (ワン・ホンシャン/台湾 2006アジアン9ボール年間ランク2位/国家代表選抜1位通過)
傅儉波 (フー・ジェンポー/中国)

ここに、敗者側から生き残った
以下16名が今日の抽選で入ることになる。


アジア大会8ボール金メダル日本代表『ダイナマイト・レフティ』川端聡P

ラルフ・スーケー(ドイツ/ 9ボール世界チャンピオン)
オリバー・オートマン(ドイツ/ 9ボール世界チャンピオン)
ダリル・ピーチ(英/ 9ボール世界選手権チャンピオン)
ロベルト・ゴメス(フィリピン/ 9ボール世界選手権準優勝)
デニス・オルコロ(フィリピン/ リノオープンチャンピオン)

紅1点・ジャスミン・オーシャン(オーストリア/ ジュニア女子世界選手権チャンピオン)
ディミトリー・ジャンゴ(スイス/ ジュニア世界選手権チャンピオン)

コンスタンティン・ステファノフ (ロシア)
劉海濤 (リョウ・ハイタオ/中国)
Alan Cuartero (フィリピン)
Chris Melling (英)
Huidji See,(オランダ)
Hanni Al Howri( UAE)
Bruno Muratore(イタリア)
Gabriele Cimmino,(イタリア)

国別に数えて見ると

フィリピン(10枠>>6残り)
ドイツ  (3>>3)
英国   (4>>3)
デンマーク(3>>2)
台湾   (2>>2)
オランダ (2>>2)
ロシア  (2>>2)
中国   (2>>2)
イタリア (2>>2)
日本・アメリカ・スウェーデン・オーストリア・スイス・ポーランド・カタール・UAEが各1名。


しっかしフィリピン選手が多いなぁ。
残っただけでも6人。
フィリピン枠自体、10人もあったんだね。
台湾なんて二枠なのに??
前回チャンプの国だから???
それを言えば前々回チャンピオンは呉珈慶だし????
スポンサーがフィリピン選手ファンなのかなー?????

ここで写真見れます
ステージ1写真

ニューフェイス汪國斌、強敵楊&呂を下す!!
4月21日(月)から始まった、

2008緯來男子職撞第一站(2008年度第1回男子プロ緯來テレビマッチ)

初日である昨日行われたA組のメンツは
言わずと知れた台湾No.1カリスマ『撞球之子』楊清順(ヤン・チンスン)
yan


元ジュニア世界チャンピオン『風城小子』呂輝展(ルィー・フェイザン)
lui


そして、ニューフェイス『府城神手』汪國斌(ワン・グォーピン)。
guopin


大本命の一角、楊清順と、昨年プロランキング1位タイ(もうひとりは傳哲偉)の呂輝展の集まった死のワクとなったA組。

結果は、緯來テレビチャンネル主催のテレビマッチデビュー戦となる、
汪國斌が強敵二人を倒して決勝ベスト4進出!!!

第1誌合め
汪國斌が11-7で楊清順相手に金星、

第2試合め
楊清順が11-2で呂輝展をぶっちぎり、

これで楊清順・汪國斌が共に1勝。
3人全員に可能性が残った。

最終戦、
汪國斌が勝てば2勝で通過

呂輝展が11-0か11-2で勝てば通過、
11-2なら楊と得点では並ぶが失点の少ない楊清順が通過


呂輝展がで勝ち、汪國斌が3点以上取れば楊清順が通過。

こう見ると、楊清順が「他力本願」で残る可能性、大に思えたんだけど・・・

最終戦ではダークホース、汪國斌が

呂輝展4 : 11汪國斌と圧勝。

決勝ベスト4へのチケットを勝ち取った。

この汪國斌、リングネームの『府城神手』(府城とは、旧首都であった台南の別名)にあるように、
台南の選手なので、アマの頃からよく知ってるんだけど

実は「格上」に強い。
(逆に とぼけた風貌のせいもあってか、格下にビビってもらえず取りこぼすこと多し)

そして、「テレビマッチ」にも強いのだ。

テレビマッチ形式のプロツアーにはこれがデビュー戦だが、
台湾の国体でテレビ試合に出たことがある。

その試合がすごかった!

対戦相手は世界選手権で準優勝した直後で勢いのあった張裴偉。
(だからテレビテーブルになったんだと思う)
張裴偉先行の0-2から汪國斌が爆発、
マスワリ7回、9-2で圧勝したのだ。
こわ!

台湾には、日本で無名のすんごい選手がまだ
うようよ居るよ~!

今後の試合予定

4月28日
B組 柯秉逸 傅哲偉 黄勝昌

5月5日
C組 呉珈慶 郭柏成 王泓翔  

5月12日
D組 張榮麟 李昆芳 張玉龍

5月19日
決勝ベスト4シングル
汪國斌 ×B組代表
C組代表×D組代表

すべて緯來スポーツチャンネルで
生放送!

必見だよ!(ごめん、台湾のみ)

ジャスミン・オーシャンが決勝ベスト32進出!!!
8ボール世界選手権で、紅1点ジャスミン・オーシャンが決勝ベスト32進出!!!



一回戦
Al Juneebi, Saleem 5 vs 8 Ouschan, Jasmin勝利 、

勝者2回戦で
Kristoffersen, Kasper 8 vs 2 Ouschan, Jasmin 敗者にまわり、

敗者で
Appleton, Darren 6 vs 8 Ouschan, Jasmin 追いすがるアップルトンを振り切り

予選突破!!



予選最終戦の相手 ダレン・アップルトンは
英国式8ボール?の世界ランキングNo.1だそう。

(不思議な肩書きだね=World Ranked No.1 player in English 8Ball Pool



jasmin
真ん中がジャスミン。


World Games Champion 2005
World Junior.champion 2005
3rd Women World championships 2006
BCA Open Champion 2006 at age 20!
2 times Women European Champion 2006 (14/1 and 8 Ball)

などなど...
21歳にして、数々の輝かしい戦歴を誇るジャスミン。

男子の試合に出場する機会も多く
2006には、男子14-1世界選手権で5位タイに入賞してる。
今回も男子の中で大暴れしちゃえ~!!!


ジャスミン過去記事

ジャスミンと呉珈慶が・・・

世界選手権打ち上げ2次会国際カラオケALL NIGHT!-2(
世界選手権打ち上げ二次会国際カラオケAll Night-1

呉珈慶、スコンク2連勝で予選突破!!!
wu-8ball.jpg

Wu, Chia-Ching 8 vs 0 Hossain, Sayeem
Wu, Chia-Ching 8 vs 0 See, Huidji

呉珈慶(ウー・ジャーチン)予選2試合とも8-0のスコンク勝ち、予選失点ゼロ!
さすが2005年8ボール・9ボールダブル世界チャンピオン、
貫禄を見せつけて堂々の予選突破。

ちなみにもうひとりの『ダブル世界チャンプ』(2006年)
ロナート(ロニー)・アルカノも
Alcano, Ronnie 8 vs 1 Talavera, Carlos
Alcano, Ronnie 8 vs 6 Liu, Haitao
と着実に2連勝。

昨年2007年9ボール世界選手権で優勝、
呉珈慶以来2年続いた”8&9ダブル優勝のジンクス”
に挑戦している水蜜桃先生、またの名をピーチ姫(!?)
ダリル・ピーチ(英)は、
1回戦で日本の大井直幸pに敗退(001クン、G.J!)
Peach, Daryl 5 vs 8 Oi, Naoyuki
Peach, Daryl 8 vs 5 Larsen, Martin
敗者ゾーンで粘りを見せるか!?



写真は、az billiards .comから。

同じサイト内の今大会紹介VTR。
すんごいブレイクしてるなぁ・・・。
そして、なぜかアラブ美女の蛇ダンスも見れます。
8ボール世界選手権紹介V

8ボール世界選手権
アラブ首長国連邦フジャイラで
今月18日から25日の日程で行われている、
2008 WPA Damas World 8Ball Championships
(8ボール世界選手権)
ap_F23_20080419013746377[1]


13時からの回転
Alcano, Ronnie 8 vs 1 Talavera, Carlos
Al Howri, Hanni 5 vs 8 Liu, Haitao
Kiat, Bernard T C 2 vs 8 El Assal,
Al Jeweni, Naif 4 vs 8 Fu, Jianbo
MohammedMuratore, Bruno 7 vs 8 Cimmino, Gabriele
Muhtadee Billa HRH, Crown Prince 1 vs 8 Westen, Marcus


15時からの回転
Au, Siu Wai 8 vs 7 Obaid, Mohammed
Ryu, Seung-Woo 6 vs 8 Calasang, Elvis
Wu, Chia-Ching 8 vs 0 Hossain, Sayeem
台湾代表呉珈慶、よゆうのスコンク勝ち!
さすが世界チャンプ!
Jungo, Dimitri 7 vs 8 See, Huidji
Al Hashmi, Mahmood 2 vs 8 Hanscho, Karl
Wiseman, Ron 1 vs 8 Feijen, Niels

明日14時から、いよいよ日本代表の川端聡P、大井直幸Pが登場。がんばれ!
Kawabata, Satoshi vs Crevier,
Francis Peach, Daryl vs Oi, Naoyuki
台湾のもう一人の代表、王シ弘翔も明日から。加油!
Wang, Hung Hsiang vs Al Boloshi, Isa


公式hp

ジェニファーの番組、金佳映をレギュラーに迎えて(お笑いに?)路線変更
ジェニファーのビリヤード・バラエティ番組の『爆竿・賓果王(バオカン・ビングォーワン=爆キュ・ービンゴ王)』。

お姐ェも4回ほど出演させてもらったけど、そのかいあっていまやお茶の間にもおなじみとなっている。

以前も紹介したけれど、このたび
世界チャンプ金佳映(キム・ガヨン)をレギュラー陣に迎えた。
DSC01460.jpg


上は陳英傑(ツェン・インジェ)を、下は、李昆芳(リー・クンファン)をゲストに迎えての回。

ジェニファーヘルメットかぶってます。

金は・・・マスク着用??

DSC01450.jpg

単に勝つと賞金がもらえる、というゲームだったのが
『アメとムチ』になって
負けチームに罰ゲームが課されるようになったのだ。
DSC01451.jpg


世界チャンプ、雨ガッパ着て原チャリ3ケツしてます・・・
長く台湾で修行してきてる彼女、もう8-9年になるんじゃないかな?
はっきりいってわたしより中国語うまい!
ここんとこ、急速に英語も相当うまくなってきてるし。語学センスあるんだなー。
ってゆうか、ギャグセンスもある。
なかなかおもしろい。
以前、妹さんと一緒にゲスト出演してたときも爆笑もんだったし・・・。

DSC01453.jpg


ブタ鼻でキメポーズのジェニファー。

お笑い路線もいける、となれば
芸能人として更に飛躍できるはず。がんばれー!

DSC01461.jpg


世界中探しても絶対にないこんな愉快な番組。
機会があれば、
お姐ェもまたぜひ出たい、と思います。

関連記事
金佳映、芸能界デビュー!

台湾プロツアー事情通Edifyさんの目線から。
事情通Edifyさんの記事が面白いので
以下、少し引用させてもらいます。

昨天在台南舉行的職業會第215站有幾件特別的事情:
=昨日のプロツアーでは、特別なことがいくつかあった。

其一,久沒表現的「少年球王 」陳英傑獲得了冠軍。陳選手一兩年前似有倦勤的感覺,我們很高興他終於歸隊了。
>>その1;ここしばらく結果の出なかった『少年球王』陳英傑が、優勝した。
おかえり、陳英傑。

其二,「扶桑劍客 」古田和男前一陣子身體欠恙,這回拿到第3名,大概身體已恢復了。
>>その2; 『扶桑剣客』古田和男は、しばらく体調が思わしくなかったのだけれど
今回3位に入賞したところを見ると、もう体のほうは大丈夫なんだろう。


其三,金牌 林シ元君的阿那達 江振宇終於打破了進入職業會的沈寂,打入了前8。
>>その3;アジア大会金メダリスト(&新・世界チャンプ)林シ元君の彼氏、江振宇が、
ベスト8入り。

其四,國一小將 劉政杰再度進入了前16強。
>>その4;中学1年生の 劉政杰、またしてもベスト16入りの快挙。


ap_F23_20080414054054847[1]


このトーナメント表もEdifyさんとこから。Thanx!

第215回華園盃台湾男子プロツアー
4月12日・13日の二日間にわたって
華園盃全國職業撞球排名賽第215站(台湾男子プロツアー)が行われた。

会場は台南県郊外の善化(サンファ)にある、
「天佳育樂館」は、総合娯楽施設で
1階がエビの釣堀、2階がカラオケボックス、3階がビリヤードとゲームセンター。

優勝は『少年球王』 陳英傑。
彼は、2002年のジュニア世界チャンピオン。
翌2003年には、イギリスのカーディフで開催された
(大人の)世界選手権でもグループステージをトップで通過、
ベスト64入り。
(確か2004年も)

[2002年ジュニア世界選手権は、その頃女子世界選手権とセットで開催だったので
わたしも彼が優勝した試合を現場で目撃できたんだけれど・・・

いやー、すごかった!

若き日の楊清順を彷彿させる、パワフルブレイク、攻め攻めの高速マスワリ!
対戦相手(アメリカ代表)と大人と子供くらいの格の違いを感じさせる内容とスコアでの勝利だった。
とてもじゃないけどジュニアのレベルじゃない!と驚いたものだ。]

そしてわたしが台湾に住むようになった頃、
隣町の高雄に住んでいた陳英傑と試合会場などでちょくちょく顔をあわせるようになり・・
ひとなつっこい彼はまだ中国語が話せなかったわたしに
いつも「アキコー」って自分から声をかけて、片言英語で話しかけてくれた。

ジュニアの頃の勢いを考えると、
どんなに活躍するんだろう!と期待させられたのに、
ここのところ成績は振るわず・・・久しぶりの返り咲きとなった今回は、
準決勝では余豊照相手にヒルヒルと競るも、
決勝戦では天下の楊清順相手に、ほとんどチャンスを与えず

「撞かせなければ、相手が誰でも関係ない」というレベルの球を展開、13-5の圧勝。

前回3位につづき準優勝に終わった『撞球の申し子』楊清順。

ベスト8の相手は最近好調の呂輝展。
楊、序盤まったくチャンスが無く、呂輝展の一人舞台。
あらら、という間に4-10?で呂リーチ。
そこからのまくりは、それだけで観に行ってよかった!とおなかいっぱいになるすごさ。

そのしぶとさで、ギネスツアーがんばってね。

3位タイに入った『扶桑剣客』古田和男(元JPBA)も古い友人で
台湾育ちの彼が日本に留学していた頃、
渋谷のCUEの常連どうしだった。

若き世界チャンプ呉珈慶を「料理」したベスト8での撞きっぷりは完全復活を宣言する内容だった。
セイフティを多用して呉の爆発的な攻撃力を封じ、チャンスをものにしたらすかさす取り切り、パワーブレイクからマスワリ。5-5から6連取、強敵を11-5で斬り捨てた。


楊清順を下して優勝の陳英傑 。
DSC01305.jpg

写真は、ジャパン・オープンで来日した際、遊びに寄ってくれて、
きゅうきょチャレマを開催したミスター・スポーツマン中延店にて。

長くなるのでトーナメント表は、次の記事で。


「ギネスツアーは俺様のためにある」張榮麟2連覇
実に通算5度目の優勝、そりゃこう言いたくもなるよね!

「亜巡賽好像是為自己而辧(ギネスツアーって、まるで俺の為にやってくれてるみたいだ)!」

DSC01385.jpg


「いつも応援に来てくれる彼女が今回は来れなかったんだけど、
携帯にしじゅうメッセージを送って励まして、精神的に支えてくれた。
彼女は最高の軍師だよ!!」

はい、ごちそうさま!

この『ギネスツアーの申し子』張榮麟、
こんなに勝ちまくってるのにシード権なし。
台湾国内の代表選考会を勝ち抜けず、
昨年の年間チャンプであるにもかかわらず今年は参加できないところだった。

台北開催だった第1戦だけ、「地元枠」で参加、
チャンスを逃さず優勝、
ギネス側が特例として、「もう1戦だけ」今回の暫定参戦を認めたのだ。

そして、またしても優勝!

これはギネスさん、もう次も出すっきゃないっしょ!!!


アリソンの凋落に物申す
優勝者の林シ元君(リン。イェンジン)に、
「もうアリソンは怖くない」と言われてしまった「女王」アリソン・フィッシャー。

「アムウェイカップ」と「世界選手権」別開催から「アムウェイ世界選手権」への移行期であった一昨年、アリソンは台北に来なかった。


従来のあごあしつきの12名限定完全招待試合「アムウェイカップ」よりおいしくないと思ったの?
「世界選手権」の賞金はもっと少なくても今まで出場してきたのに。

来るべきだった。
昨年は参加するも、5先の短距離フォーマットのせいもありグループステージ敗退。

女王の座を争う戦いに一年欠席したために、
この大会での存在感を薄くしてしまったと思う(なんか、一気に老けちゃった感じだし)。

それでなくても、若手が台頭してきているこの時代に、世代交代に自ら手を貸してしまった形だ。

そして今回、
ファッション番長として言わせてもらえば あの、ヘアピンだけは許せん!

あんなおばさん髪型で連日テレビに出てくれるな!と思った。
初日はしかたないよ、
髪が邪魔だって試合始まってから気づいたんなら、
ありあわせのヘアピンでだっさく留めてもいいよ。
でも、次の試合までにヘア・スプレーで固めるか、ましな髪留め買おうよ。
会場、ショッピングモールなんだよ。周り中で売ってるじゃん。

あなたスターなんだからさあ!

いくつになっても輝いていてよ!



勝ちすぎて「モチベーションを保つのがむずかしい」って言ってた時期が長かったよね。

相手にとって不足の無い相手がザクザク育ってきたよ!


迎え撃て!!

そして、もう一花咲かせろ!!

(エラそーにすんません。いちビリヤードファンの目線での発言です)

林シ元君、世界チャンピオンに!
DSC01381.jpg


台湾は桃園(タオユェン)で開催されていた
安麗盃(アムウェイカップ)女子世界選手権。

優勝は台湾の『女殺手』こと
林シ元君(リン・イェンジン)。

優勝賞金は2万米ドル(60万台湾ドル)だけど、
国家からの報奨金がその1,5倍(90万台湾ドル)もらえるので、
獲得賞金は150万台湾ドル!!!(500万円)

「決勝戦が『嫌いな』相手金佳映(キム・ガヨン、台湾ではチン・ジャーイン)とだったから・・・
えっとー、『嫌い』って言うのは、やっつけにくい相手だって意味よ。
(今思い出したけど、そういえばこのふたり、2年前のアジア大会⑧ボール決勝戦で対戦、そのときの韓国チームの応援マナーの悪さなどから金が台湾でのトーナメント出場禁止処分になった、という経緯がある。)勝って地元台湾に優勝カップをとどめることができるか不安だった。

調子は、普通に撞けていたし、準決勝フィッシャー戦のようにラッキーが味方してくれた試合もあって。
フィッシャーと当たっても、もう以前のようには緊張しないわ。彼女、もう昔ほど強くないし。

観客がものすごく盛り上がって、逆にプレッシャーにもなるけど、やっぱりあの声援には力をもらったわ!」

台湾撞球選手ウォッチャーとして言わせてもらえば、
わたしはここ3、4年の彼女は、調子のいい時は
「世界チャンピオンの球を撞いている」と思っていた。

なんせ、男並みの攻撃力!!!
それがハマったときは、誰にも負けない。
(キレちゃってるときもあるけど)

一昨年は、アジア大会の⑧ボール金メダルで国家からの報奨金300万元(軽く1000万円~!!)をゲト、そのお金で家を買った(!)林元シ君。

アジア大会金メダル、林元君ミラクルショット&コメント

今度は何を買うのかな?

いいなぁ!

趙豊邦、中国のナショナルチームのコーチに・・・就任せず
以前このブログでも紹介したように、
台湾ビリヤード界のスーパースターにして
世界チャンピオン2回、チャレンジオブチャンピオンズ2回と海外での活躍もすざまじい『冷面殺手』趙豊邦(チャオ・フォンパン)が、中国のナショナルチームのコーチに就任する話があったんだけど、
その後いろいろと問題がもちあがり、趙が断ったらしい・・・とは聞いていたんだけど、確信が持てなかったので書かずにいたの。
本人のサイン入りの文書が公開されてるのを見つけたので、
ちょっと遅くなったけど紹介します。


275_1[1]


要約すると
「中国側からオファーがあり、口頭ではいったん受けたけれど、よく考えた末に断り、
正式な契約には至らなかった」とのこと。

「国内での事業の失敗(自分の力不足)のため、中国で2度目のチャレンジをしている。
なんとか少しでも成功したら、故郷に錦を飾りたい」と

苦しい胸のうちを明かしてもいる。

関連過去記事>>

趙豊邦中国のコーチに就任! 大ニュースの光と影:1

趙豊邦中国のコーチに就任! 大ニュースの光と影:2

〆切りがぁ・・・
世界選手権ステージ1落ち後、
第2の地元台南市に無事戻ってきたけれど・・・
帰国時のネタとかステージ1のネタ以外にも
連日、テレビで女子世界選手権とギネスツアー観てる(台湾選手でベスト4独占!>>決勝戦はともにグループステージで一敗、ぎりぎり通過の張栄麟と王シ弘翔!!!)ので、
書きたいことはいろいろあるけれど・・・〆切り前につき、余裕がないので更新サボってます。

何の〆切りかって・・・?

ひ・み・つ!

このままだと落としかねないから!(きゃ~!!
急いで書かなくっちゃ~!!!






2008年女子世界選手権優勝者は・・・???
予選通過しました!

いやむしろ優勝しました!!!

・・・・・・・・・・・・・・。

今日は何の日???

はい、誰もだまされてませんね?

そう、今日は4月1日、エイプリル・フール。
よい子もこの日は嘘をついてもいいんだよねー。

2008年女子世界選手権in台北日程

ステージ1 3月30日~4月1日

ステージ2 4月3日~6日


ステージ2自体、まだ始まってもいませんね!

狭き門とはいえ、やはり予選落ちはつらいなぁ・・・。
来年こそは、ステージ2テレビテーブルで撞きたいなあ!!!

応援してくれたみなさん、ありがとう!
またがんばります。
Copyright © Acco姐ェ...キューを担いだ渡り鳥 / ビリヤードプロ【豹柄☆女王】北山亜紀子オフィシャルブログ. all rights reserved.