ポケット台で3Cは日本のビリヤードの救世主になるか?
ここんとこ、ポケット台でよくスリークッションやってる。
ポケットがあるから、コーナーの一番おいしいところが使えないし、ラシャもクッションも違うし球も軽いから走ってくれない。
”ああ、3Cの台なら当たるのにぃ”・・・っていう球も多いけれど、知識も感覚もまるごとポケットに応用が利くから同じ台、同じ球、同じキューでやるのがいいんだと思う。

台湾選手の判断の速さ、クッションの正確さは、台湾式4ツ球2,3,5カイルンとか3Cを、ポケット台で日常的にやっている事がバックグラウンド。

ポケット選手には特にお勧め、ポケット台でのキャロム。

でもね、発想を転換すれば、逆にこれは、日本でキャロムが生き残る道にもなると思うの。

日本でキャロムをやる人がこの十数年で激減している理由は、
まず、間口が小さい。

台が無い。
敷居が高い。
ゲーム代が高い。
ルールがわからない。

だから、キュースポーツをやろうと思ったほとんどのビギナーは、自然とポケットをやることになる。
今の日本では、キャロムやスヌーカーのほうが本当は向いていたかもしれない人も、入り口がポケットだったからという理由でそのままポケットをやっていることも多々あるだろう。

そこを乗り越えて初めてスリークッションをやってみたとしても、

最初は当たらないのは仕方ないとして、スコアにえんえん無し、無し、と記入しなければならず、しかも規定回数(25キュー)であがらなければドロー。

待ちのお客さんが居る場合に回転をよくするためとか、スリークッションは場所代が高いのであまり長引くとゲーム代の負担が大きくなるとか、ドローが取り入れられている理由はあるのだろう。
とはいえ、これでは、単純な勝ち負けの楽しみさえ奪われてしまう。
面白さがわかるところまで辿り着くまでに、ほとんどが辞めてしまうと思う。

その点ポケット台なら、場所代も安いし、待ちの心配も要らない。
素人二人が1台しかないスリー台を独占して、「わからないからとにかく薄く当ててぐるぐる廻せ!」とかわいわいやってる。そして常連さんがいらいらしながら台が空くのを待ってる・・・それはだめでも、ポケット台なら。台数があるから初心者二人がえんえん当たらずにやっていても、誰にも迷惑をかけない。

私は、始めやすくするためには、誰にも教わらなくても、初心者同士で見よう身まねで始められようにすることが大事だと思う。
教わってまでやりたいと思う人はよっぽど興味がある人。
一般の人は、ただ自分の友達と一緒に仲間内で楽しんでみたいだけだから。

”ドロールールも点取りルールも無し、
単純に何点取れば勝ち、というルールでポケット台でやるスリークッション”は入りやすい入り口としては最高だと思う。

そして、入り口がポケット台であろうとどこであろうと、始めてみたらその魅力にはまり、本物のスリークッションを撞いてみたくなる人は必ずたくさん出てくるはずだから。

関連記事

Comment

 秘密にする

こんばんは
ランキングサイト見てたら記事が出ていたので、見にきました。BLOOG-RANKINGってゆうサイトでした。yahooで検索すれば出てくると思います(^^)また見にきますね~!
サリナ | URL | 2006/02/12/Sun 07:42[EDIT]
うあ、アップした瞬間にもうコメント付いててびっくりしました。
サリナさんいらっしゃいませv-254
検索して覗いてきました。
私が登録してないところですね、なんで記事がでてたんでしょ?ふしぎ。
ここにも登録しようかな。

akiko.kit. | URL | 2006/02/12/Sun 08:41[EDIT]
意外と〔というと失礼ですが〕頭いいんですね
4c | URL | 2006/02/14/Tue 02:48[EDIT]
4Cさんへ

ありがとうございます。
けっこうよく言われます。
それって、・・・・・褒め言葉ですよね、もちろんv-221
akiko kit. | URL | 2006/02/14/Tue 04:08[EDIT]
カイルン!
> 台湾式4ツ球2,3,5カイルン

カイルンのルールについて、どこのサイトを見ても詳しい説明が書いてありません。。・゚・(ノД`)・゚・。
やってみたいのですが、やり方がわかりません。(笑)
詳しいルールが書かれたページを教えて戴けたらと
思っているのですが・・・。

ちなみに・・・
CUE’S 2005年7月号記載の、カイルンについての説明は読みました。
最初のポジション(手玉の位置)は決まっているのか・・。
1ショット目に赤→黄の順に当てるのはOKか・・。

悩みに悩んで夜も眠れず、昼間に会社で寝てます。
Cleve | URL | 2006/02/25/Sat 00:55[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © Acco姐ェ...キューを担いだ渡り鳥 / ビリヤードプロ【豹柄☆女王】北山亜紀子オフィシャルブログ. all rights reserved.