1万ドルギャンブルマッチ、接戦を征し、再び楊さまが勝利!!!
ap_F23_20090910012024702.jpg
ap_F23_20090910012019104.jpg


楊清順(ヤン・チンスン)とデニス・オルコロ
ビリヤード大国台湾とフィリピンの2大「ギャンブルキング」が

ガチンコ勝負する企画の第2弾。

前回は楊さまが圧勝したのは昨日も去年も言ったよね。

さて今回、2日間にわたって行われたこの50先10ボールギャンブルマッチ、

初日を25-19とリードして折り返した楊さま。

しかし、このままで終わるオルコロではなかった。


この日も、昨日に続き激しい雨。
またしても湿度の高いイヤなコンディションのもと
戦わなければならない。

それを覚悟した楊清順は、
少しでもその台で撞いてコンディションをつかもうと、
いつもよりも1時間早く会場入りした。

以下、セコンド役の
Steven氏による ラックバイラック。
(一部、スコアとか内容が矛盾してるんだけど、ネタ元のをそのまま訳して載せてます)

初日1ラック目
楊さま、マスワリ6から7へ出せず、隠してしまった。
ジャンプで攻めるも、ノーイン、残しも甘くオルコロ取って

楊25-20オルコロ

2ラック目
まるでお返しのように、オルコロがマスワリ7番ミス。
楊さま取り切って
楊26-20オルコロ

そこから>>26-21>>27-21

ところが、ここで楊さまここで

取り出し1番をジャンプイン!・・・・も、3クッションでスクラッチ(涙 とか、
6番をジャンプで狙ってノーイン、取り切られる・・・とか、
ジャンプの名手楊さまにしては、ジャンプの出来がいまひとつ。ツキも無い。

3ラック連取されて
楊27-24オルコロ

オルコロ1番キックミス、ファールから
取り切り>>マスワリなどで今度は
3連取。
楊30-24オルコロ

楊さま、1番空クッションファール>>オルコロ取り切る
30-25

オルコロ、空クッションが結果セイフティに残り、楊さまファール>>オルコロ取り切る
30-26
31-26

オルコロ、空クッションが結果セイフティに残り、楊さま当てるだけ>>オルコロ取り切る
31-27

オルコロ、2番空クッションが結果セイフティに残り、楊さま当てるだけ>>オルコロ取り切る
31-28

楊さま空クッション当てるだけ>>オルコロ取り切る
31-29

オルコロ、空クッションが結果セイフティに残り、楊さま1番ジャンプ、入らず>>オルコロ取り切る


31-30

楊さま、2-10コンビ
32-30

楊さま、4番ミス・・・オルコロ、渋く残った4-7コンビを決め、取り切り
32-31

楊さま、2番で5と9のトラブルを壊しに行き、壊れたが自分で3番を隠す・・・当てたがとりきられ

ついに、32-32とスコアはタイに!

ここからは、18先のショートゲーム(?)だ。

そしてオルコロマスワリで、とうとうひっくり返って
32-33!!!

実に10ラックにわたり、楊清順は、渋い空クッション、キツいジャンプを全て当て、しかし入らず残しはチャンスになってしまった。オルコロも空クッションを撞くことは多かったが、残しは全てセイフティに。

楊さま、1番でセイフティ>>見えてしまう!
32-34

楊さま2番空クッションからセイフティ>>オルコロ、ナイスジャンプから取り切り
32-35

オルコロ、5番空クッションから結果(?)セイフティ、楊さまジャンプも入らずチャンスに
32-36

楊、3-10コンビ
33-36

楊、マスワリ
34-36

楊、1番セイフティミス・・・
34-37

楊、クッションから当たらず。オルコロ2-10コンビ
34-38

楊さまマスワリ(あれ?勝者ブレイクじゃなかったっけ??)
35-38

楊さま1番ジャンプミス、オルコロ3-10コンビ
35-39

うんざりするような展開に、楊さまキレたか。ここでイージー9ミス。
オルコロ、ロングショットをミス>>楊さまロングショットミス>>オルコロセイフティ>>楊、空クッションで攻める・・・が入らず、送って

35-40

オルコロ、ブレイクノーイン 楊裏マス
36-40

楊、ブレイクノーイン オルコロ裏マス
36-41

オルコロ、ブレイクノーイン 楊裏マス
37-41

楊、ブレイクノーイン オルコロ2番で自分セイフティ>>楊4-10コンビ
38-41

楊、3番空クッション。またしてもツキが無く、送って
38-42

オルコロ、ロングの真っ直ぐな3番を入れミス&スクラッチ
39-42

オルコロ ジャンプファール
40-42

オルコロ、空クッション当てるが送って
41-42

オルコロ、4番ミス
42-42

ここでまたしてもタイに!後は8先だぁ!

楊、ブレイクノーイン。オルコロ裏マス(?)
43-42(!?)

楊、取り出しの厳しい2番を攻めてこなし、5-10コンビ
44-42

楊、ブレイクで2個叩き込むも、スクラッチ。しかしオルコロ6番出しミス、セイフティ。楊、空クッションからラッキー6-10イン!
45-42

楊、1番ジャンプファール オルコロ取り切り。
(???)
オルコロブレイクスクラッチ。大観衆から大きな嘆きの声が・・・。
楊取り切って
45-43(??)



オルコロのブレイクは再度スクラッチ。大観衆から更に大きな嘆きの声が・・・。
楊美しく取り切って

46-44

楊見えない球3番クッションファール
46-45

オルコロ、8番へ出しミス、振りを無くし直引き>>あやうくスクラッチ>>バンクで攻め>>外し
47-45

オルコロ、3番クッションから>>当てるだけ
48-44

楊ブレイクノーイン>>オルコロ3番サイドバンク外す
49-44

楊ブレイクノーイン>>オルコロ裏マス
49-45

そして、最終ラック・・・4,5,7がクラスターになっている。
オルコロは4番でセイフティに行くが
7番が入ってしまい、
自分で作った完璧なセイフティの罠に自分がはまることに・・・

ファール!
そしてトラブルの無くなった配置を 楊清順なんなく取り切って

50-45 楊清順が激闘を征した。

文中の、「オルコロ結果セイフティ」っていうのは、あくまでも台湾チームのコーチStevenさんの所見だけどね。でもまあ、贔屓目なしに見ても、キックの後の残りの運が極端に偏っていたのは確かなようで。

昨日書いたけど「ロングゲームは俺にとって有利さ。」
って言ってただけあって
いっとき腐りそうになりながらも、ロングゲームゆえの「流れの逆流」を、きっと来ると信じ、
その流れが来たときにきっちり仕事した楊清順に、最後のラックに溜め込んでいた「ツキ」が。

「ロングゲームは俺にとって有利さ。」
そのせりふの後には、きっと彼は心の中でこう付け加えていたに違いない。

(「だって、俺様はビリヤードのあらゆる技術に於いて、世界中の誰にも負けないからね。※1」)
 ※1 Cue's『台湾撞球明星☆列伝』インタヴュー時の名言より(この名ゼリフ引っ張り出した時は、鳥肌もんだったなぁ。なんか、いっちょまえにジャーナリスト冥利みたいな気分に。てへ。)

楊さま、おみごと!

さすが
「小さいころから、ギャンブルでビビったことは一度も無い※2」と豪語なさるだけあります!


※2 前回のオルコロとの9ボール60先で
失礼なフィリピン記者に「あんた、本当はビビってるんじゃないの?」と質問された際に
楊さまは微笑みながらこう答えたのだ。 

最高でしょ?



ネタ元
Edifyさんのサイト(情報提供はStevenさん)
☆CM☆
ヤフオクにて、楊さま愛用のジャンプキュー好評出品中です。
ハギありタイプとハギなしタイプがあり、楊さまは気分で使い分けているようです。
(前回来日時はハギなしタイプを使用)

今回出品はハギの無いシンプルなタイプ。

ビリヤード■GINO FERRARI■ジャンプキュー★楊清順御用達★

日本では、早瀬優治プロと翁長良行プロも使用中!
もちろん、お姐ェもね!
関連記事

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © Acco姐ェ...キューを担いだ渡り鳥 / ビリヤードプロ【豹柄☆女王】北山亜紀子オフィシャルブログ. all rights reserved.