本気の楊さまはやはり凄過ぎ! A組は傳&楊
台湾の緯來テレビマッチの、男子年間チャンピオン決定戦予選A組。

初日をカー・ピンイー2勝0敗、楊清順(ヤン・チンスン)1勝0敗、傳哲偉(フー・ザーウェイ)0勝1敗古田和男0勝2敗で折り返したのは先日報じた通り。


2日め、傳が楊と古田に連勝!

初日の負けスタートを跳ね返し、これで傳は残り確定。(2勝1敗で負け試合ヒルヒルだったので得セット数で)
楊さまとカーくんで残る一席を争う最終試合。

ここまでカーくんが大きくリードしていたので、勝ち残りはほぼ確定かと思われた。

圧倒的劣勢の楊さま。

楊さまが勝っても、カーくんが2点取った時点でカーくんの得ゲーム数が上回り、カーくんの勝ち残りが確定する。

ところが!

超本気モードになった楊さま。
11先で、実にマスワリ8回。

カーくんを僅か1点に抑え、11対1で圧勝。
決勝進出を決めた。

台湾ナンバーワンを張って10年。

モチベーション低下から?成績低迷が見て取れる、練習嫌いの大天才、「ビリヤードの申し子」楊清順も、若き「ビリヤードの王子」の最近の成長&活躍ぶりに、闘争本能に火が着いたか!?
(この試合観たいなあ!後で探してみよう)
以前、2007年テレビマッチで当時売り出し中の呉育綸との
「新旧天才対決」を7連マス+2連マスの11-1で征した時も凄かった。
やはり、この人に足りないのはモチベーションなんだなぁ・・・。

引き続き翌日行われた予選B1日めも、趙豊邦・呂輝展が1勝1敗、陳英潔が1勝0敗、張栄麟が1勝1敗と、まだまだどうなるのかさっぱりわからない展開!
ネタ元は、いつもお世話になります台湾のEDIFYさんのブログ。(これ携帯から書いててリンク出来ないので、後日改めてリンクします)

情報元
EDIFYさんとこ

では、今度こそおやすみなさい
★お願い★
さて残すところあとまる1日となりました
『カラメル世界1周バイヤー』への投票。

みなさんのご協力を得て1月9日には最高6位をマーク、今も

5000名以上のエントリー者の中で、
現在16位!と健闘中


ですが、このまま降下してしまうと
一次予選通過圏内の20位に残れないかも。

最後の2日間、応援してください!あと1票、よろしくお願いします。

NEC_6605_20100124142053.jpg



http://calamel.jp/buyer/?act=prof&byr_user_id=2058
QR_Code.jpg



関連記事

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © Acco姐ェ...キューを担いだ渡り鳥 / ビリヤードプロ【豹柄☆女王】北山亜紀子オフィシャルブログ. all rights reserved.