今年のアムウェイ予選会場、国際影音撞球館
いよいよ女子ビリヤードのビッグイベント
アムウェイカップのステージ1が始まります


subway.gif

予選会場の 国際影音撞球館 へのアクセス


上の図のLine-3地下鉄板南線(青)の忠孝敦化駅2番出口すぐ

(出口の階段を上がって、地上に出たら左へ振り返って30秒進むとスターバックスが右手に。
そのビルの9階です。エレベーターはスタバを右に曲がってビルに入ってゆき、15秒ほど歩くと左手に。

元ジュニア世界チャンピオン陳英傑(ツェン・インジェーまだ兵役中かな?)や、
や日本人だったので日本語が話せる洪禄恭(ホン・ルーコン)(元JPBA梶川Pに似てます)、
「やさしい殺し屋」楊東裕(ヤン・トンユィー)、
女子では頼彗珊(ライ・フェイサン)、
韓国の玄知原(ヒュン・ジーウォン)など、
たくさんのプロたちが働いたりホームにしたりしてきた老舗。

そしてここは、
いつもお世話になっている台湾の撞球界のボス

トウさんのお店です。


同じ階の反対側は
古田和男プロのお店、

統帥撞球倶楽部
台北市忠孝東路4段197号 統領広場9F右奥
(02)2711-3809

古田和男プロは
わたしのCue’s連載「台湾撞球明星☆列伝」の3回目ゲスト。

日本と台湾のハーフで台湾育ち。
国籍は日本です。
母語は中国語(北京語)と台湾語ですが
日本に留学されていたので、日本語もお上手です。

留学当時はまだ日本語はつたなかったけれど
球のほうは当時のビリヤードのメッカ「渋谷Cue」の花台で
ブイブイ言わせていました。


腕も確かで人柄も定評があるナイスガイ♪


時間があえば
気軽にあい撞きやレッスンに応じてくださると思います。


このビルには、その他にもビリヤード場が1軒、
台湾でもレアなスヌーカー屋さんが一軒入っています。

12階かな13階には友統ホテルがあるので、
ここに泊まると予選には超便利。
1泊3~4000円くらいかな?
(追記☆>>友統ホテルは13Fにあり、料金は
シングルで1,350台湾ドル
(日本円=今のレートだと3,400円位かな)から。 by Hammerクン)




ただ、夕方から夜にかけて
直下の階のダンスホールの騒音がすざまじいです。
(12時まで?)


気晴らしには、
1階にクラブも。

このビルの面する忠孝東路のこのあたり、
日本で言うと渋谷みたいなところ。

食べるにもショッピングにも便利。

喫茶店や食べ物やさんは、ビル裏側の通りにたくさんあります。




わたしは今年は諸事情によりエントリーしていないけど、

みんながんばって! Good Luck!








関連記事

Comment

 秘密にする

親切だね
なみへい | URL | 2010/02/25/Thu 20:33[EDIT]
懐かしいですね、洪禄恭(ホンルーゴン)。彼は確か、、、今からだと
約10ヶ月くらい前だったでしょうか、お店を離れ、もう今は消息が
つかめていない状況です。(試合にも全く。。。)

あと、友統ホテルは13F(球屋は9F)にあり、あとは姐さんがご存知
の通り、エレベータを出て真っすぐ(ちょい右斜め)の所ですもんねー。

尚、友統ホテルの料金ですが、シングルで1,350台湾ドル
(日本円=今のレートだと3,400円位かな)からあります。

えっ、やたらとよく知ってるなー!?って、てへへ。
hammer | URL | 2010/02/25/Thu 22:18[EDIT]
なみへいさん
いえいえ。

キューケースの使い心地はどうですか?
Acco姐ェ | URL | 2010/02/26/Fri 03:42[EDIT]
Hくん
訂正情報さんきゅ。追記でUPするね。

ぷふふ。
やたら詳しいねっ!

だってそのビルの住人だったもんね。

超便利なとこに住んでたよねー。
古田クンが紹介してくれたんだった・・・。
もう何年前だろ。

Acco姐ェ | URL | 2010/02/26/Fri 03:57[EDIT]
つぶやいていたんだ
また違った雰囲気で
他の広がりかたが
あるような感じです

キューケースいいですよ
なみへい | URL | 2010/02/26/Fri 12:59[EDIT]
Re: タイトルなし
使い方も面白さもいまいちわからんままに、たまにつぶやいてます。

キューケースお気に召してよかった^^

> つぶやいていたんだ
> また違った雰囲気で
> 他の広がりかたが
> あるような感じです
>
> キューケースいいですよ
Acco姐ェ | URL | 2010/03/01/Mon 19:52[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © Acco姐ェ...キューを担いだ渡り鳥 / ビリヤードプロ【豹柄☆女王】北山亜紀子オフィシャルブログ. all rights reserved.