Big Catエピソード1 トラが人間と豪快にじゃれ、遊びまくる!!!
今日はPoolはPoolでも、ちょっと違う話を。

(追記☆わたしたちビリヤードヲタク以外のかたへ。
「ポケットビリヤード」のことをPoolとも言います。

その昔、日本でも「Pool Bar(これは和製英語ですが)」が流行ったことをご記憶の方はご存知かも?

6つの穴(ポケット)にカラフルな球を入れる、あれのことで
日本で普通に「ビリヤード」と言えば、
だいたいこれ(=ポケットビリヤード=Pool)のことです。

(他にはスリークッション、四つ玉、スヌーカーなどがあり、
台もボールもキューもそれぞれ特化したものを使います。
どれがむずかしいとかどれが偉いとかはありません。
違ったおもしろさ、違ったむずかしさがあり、
間口の広さは違えど、どれもうまくなるのは難しいです。)



動画開始直後
プール(水のほうの)に二人の男の人、

それを飛び込んで襲うでかいトラ!の衝撃映像・・・!?

いや、でもなんかこの人たち
わざわざトラを呼んで飛び込ませたような・・・?

その後は、
とにかく人間とトラが、一緒に遊びまくっている!?

トラとかライオンなど猫科の大型猛獣くんたちをBig Catとも言うんだけど、
こりゃーまさにかわいい巨大猫だ!!!


これって実は
アメリカ・アリゾナ州アウト・オブ・アフリカ野生動物パークでの、
「タイガー・スプラッシュ」というショーなのだ。

内容は、曲芸などではなく
シベリアタイガーやベンガルタイガーたちが
スタッフと巨大おもちゃや風船を使って、
じゃれたりジャンプしたりプールに飛び込んだりして遊びまくる!というもの。

もともとは、この「プールでトラと遊ぶ」ことは
歩けないトラのリハビリの一環として始めたことなのだという。

絶滅危惧種である彼ら。
こういう施設で見世物にすることへの批判もあるかもしれないが

怪我をして自然の中では生きてゆけないものや
動物園などで生まれ育ち、
もはや野生に帰れないものもいるわけで、

そういう猛獣くんたちに
少しでも幸せな生活をおくってもらいながら、
それを拝見することで
わたしたちもハッピーになれるのは
素晴らしいことだと思う。

しかし、大型動物の飼育では、思わぬ事故も起こる。
先日も、シーワールドで
飼育員の方がシャチに水中に引きずり込まれ亡くなる事件があった。

ペットのラクダに上に座られ
亡くなったという飼い主もいる。

もちろんこのサファリ・パークの園長は
「安全面には充分配慮しています」とコメントしているが

動物、特に大型の動物相手にはやはり危険がつきまとう。
パワーとタフさの差が大きすぎて
相手はただじゃれているつもりでも、
こちらが命に関わる怪我を負いかねない。

事故が起こるたびに賛否両論の議論が巻き起こるんだけど


楽しくて見ごたえの有るこのショーを、
ぜひ無事に続けていってほしいな。

そして、いつか、ここにぜひ観に行って見たいなぁ!





ネタ元 (Gigazineさん。このタイトルのつけ方には、脱帽です!)
猛獣であるはずのトラと人間がキャッキャウフフとじゃれ合う戦慄のイベント「タイガー・スプラッシュ」とは?
関連記事

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © Acco姐ェ...キューを担いだ渡り鳥 / ビリヤードプロ【豹柄☆女王】北山亜紀子オフィシャルブログ. all rights reserved.