イケメン『撞球王子』★かークン(柯秉逸)プロフィール
ka
来週来日、13日から『撞球王子』柯秉逸(カー・ピンイー)のチャレンジマッチが始まります☆

台湾では兵役の義務があります。
彼ももうすぐ兵役に入る予定で、そうすると自由に海外へ行けなくなってしまうので
今回が、兵役前のラスト・チャンス!



期間は4月13日から22日の10日間。
(北海道オープンへのエントリーは
本人の意向でしていません。試合が続いているので・・・。) 




さて、柯秉逸と言えば日本でもファンが多く

北陸オープンでは大会2連覇!
ジャパン・オープンでも優勝こそまだ無いものの、
昨年も今年も特設会場で彼の球を堪能した方も多いのでは?

イケメンなのは一目瞭然だし、


ビリヤードマニアなら
彼の球を観ればその魅力は説明不要。

いまさら紹介なんて要らないかもしれないけど、
念のために

彼のプロフィールを
改めてご紹介!!!
KA-

ジュニア世界選手権2連覇(2007-2008)

2009年台湾プロツアーランキング1位

現在APBUアジアランキング1位

1989年5月31日生れの現在20歳。

アマチュア選手である父上の影響で、
幼少の頃からビリヤードを始める。
CIMG0812.jpg


試合にはご両親と弟二人の一家で応援に駆けつけるなど、
家族のサポートは手厚い。

ビリヤード名門校「復興高中」のビリヤード専攻在学中にプロ入り。
現在ビリヤード推薦で入学した大学に通う。

カワイイ顔したカーくんだけど
その国際舞台での戦績はめざましく


以前On the Hillさんが数えたところによると、
ジュニア時代からあわせてすでに6カ国で優勝!
こんな選手はそうそう居ない・・・。

台湾(スーパーカップ、テレビマッチ、プロツアーなど多数)
日本(北陸オープン2連覇)
アメリカ(ジュニア世界選手権)
オーストリア(ジュニア世界選手権)
タイ(ブランズウィックオープン)
フィリピン


(訂正☆7カ国、と書いちゃったので直しました)

わたしとの、「運命の出会い」(!?)は
2005年かな?
Cue'sの「台湾撞球強さの理由」という企画の取材で
記者さんと共に復興高中を訪ねたときに
陳冠列コーチに「イチオシの新人」として紹介され、
取材をしたのがきっかけです。

当時、まだかークンは高校2年生のアマチュア選手でした。
DSC00984KAKUNUMAPAPA_20100323211548.jpg
高校2年生当時の写真。台南の中山撞球館にて。

その後しばらくして、わたしの師匠である黄國展コーチのところへ
かークンのお父さんが彼をたびたび連れて来るようになり、
一家全員で来られることも多く
以来家族ぐるみのお付き合いを
させてもらっています。

ka

大学1年生頃?Falcon撞球館にて。

一昨年「台湾撞球明星☆列伝」という、
Cue'sの連載ロングインタビューでは
記念すべき第一回めのゲストとして
彼を迎えました。

さらに詳しくは

バックナンバーでチェックしてね★

このブログ過去記事にも、相当彼の話は出てくるけど・・・。
バレンタインに、(義理)チョコくれた話とか!

ふふふっ!



さて、こんなに魅力的なかークンと
チャレンジマッチはいかがですか?


(詳細は各店舗にお問い合わせください)


関連記事

Comment

 秘密にする

かーくん
お久しぶりです(以前フィリピンよりコメントしていた いつまでたってもCクラス のtakaと申します)
カーくんの試合見てました。 凄い!の一言につきますね。。。。

taka | URL | 2010/03/24/Wed 02:33[EDIT]
Re: かーくん
わあ!ほんとにおひさです。
帰国されたのでしょか?

カーくんマジやばいです!

> お久しぶりです(以前フィリピンよりコメントしていた いつまでたってもCクラス のtakaと申します)
> カーくんの試合見てました。 凄い!の一言につきますね。。。。
Acco姐ェ | URL | 2010/03/24/Wed 02:36[EDIT]
彼の球
こんにちは
彼の球は綺麗でダイナミックで"プロ"って感じですね。
ジャパンオープンの予選で空き時間にクオポーチェンとテトリスしてた時はビックリしました。
彼のような球を撞きたいです。
くくるす | URL | 2010/06/16/Wed 09:36[EDIT]
Re: 彼の球
今度のCue'sに
彼の特集記事(わたし書きました)がありますので、お楽しみに!
Acco姐ェ | URL | 2010/06/18/Fri 04:49[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © Acco姐ェ...キューを担いだ渡り鳥 / ビリヤードプロ【豹柄☆女王】北山亜紀子オフィシャルブログ. all rights reserved.