ジャパン・オープン改善案にみんなで意見を!
今年のジャパン・オープン男子はハードだった。

1日目の試合が朝9時集合、9時半スタート。
各会場の運営の必死の努力にも関わらず
試合は深夜にまで及び、
終電に間に合わなかった選手たちは
いったいどうやってホテルへ帰ったのだろう?

会場分けが3日前くらいまでわからないので、
会場そばに宿を取ることができなかった方も多いと思う。

タクシーで帰って更なる出費をしたり
他のホテルに急遽泊まったり
始発を待ったり

どれも大変な負担だ。

そして、ベスト16に勝ち残った選手たちは
翌朝はまた朝9時半に集合し、
10時から特設会場で試合。

この不景気に、高いエントリーフィーと経費をかけて
これだけたくさんの方々がエントリーしているという状況は
素晴らしいと思うけれど

そろそろ今までと同じ東京での2日開催というやり方では
対応できなくなっているということだろう。


そこで、これ。

On the Hillさんのアンケート。

1……エントリー上限を384名(1組24名)程度に制限して、現行の2日間開催を続ける。上限を超えた場合のために予選枠を設ける。
2……予選日のセット数を7先交互ブレイクにして、現行の2日間開催を続ける。
3……全国で予選をおこない、本戦エントリー人数を256名程度に絞り、現行の2日間開催を続ける。
4……エントリー上限は現行の512名とし、(土)(日)(月祝)の3日間開催とする。

以上の4つの選択肢からひとつ選んで投票。


JPBA承諾済みの公式アンケートゆえ、
来年以降のフォーマットがこれで決まるかも!?

参加せよ!


アンケート:ジャパンオープンの開催方式 |


今考え付いたんだけど
5;今と同じフォーマットで、
台数を(会場を)増やすという選択肢もあるのでは??
(敗者側のみ1セットダウンで)

それから3;のバリエーションとして
複数回エントリーを可にして
地方予選を週をずらして行い、
さらに本選直前に東京予選を入れれば
のべエントリー数も(エントリーフィー総額も)
最大になるよね、そういうのもありかな。

関連記事

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © Acco姐ェ...キューを担いだ渡り鳥 / ビリヤードプロ【豹柄☆女王】北山亜紀子オフィシャルブログ. all rights reserved.