二人の撞球王子比較☆ある観点から
かークン(柯秉逸/カー・ピンイー))と、はやとクン(JPBA土方隼斗P)

ふたりともこの若さにして、この技術の高さ!

そして爽やかイケメン!!

日本と台湾のビリヤード界将来を背負って立つ希望の星にして

撞球界の王子さま。



実績・技術・ルックス・・・いろんなデータを比較してみるのも一興ですが、

ここではお姐ぇなりの新たな観点から・・・。

手触り

で、比較してみました。

まずはデータ採取。


3月21日午後4時ごろ、かークンのデータを採取。
最終場所はジャパン・オープン決勝会場、東京ニューピアホール。

対して、はやとデータは翌日(3月22日)夕方
マスターズ日本予選会場、横浜ハイランドで採取した。

幸いにして採取日も近く、
データ採取時の温度などの諸条件もほとんど同じであることから

比較対象としては
理想的なデータを得られたと思う。


データを採取した部分は主に上腕部分。

まずは、かークンから。
DSC00982_20100329224551.jpg
(この写真は4年くらい前のもの。
当時高校2年生。父上に連れられ
私の師である黄國展コーチを訪ねて台南へよく来ていました。
かークン今より一回り細いです。)

ジャパン・オープン会場で

「おなかすいたー。メニュー読めないから、一緒に来てよ。」
とかークンに言われ、一緒に人ごみの中を移動した時とか、
ツーショット写真を撮った時(その写真は、無い・・・!
エフレン&ブスタマンテとゆりかもめに乗った幻のショットと共に消滅・・・涙)とかに
なにげなく触れたんだけど、

その手触りは
硬い!というか筋肉パンパン。
上腕二頭筋の盛り上がり方がハンパない。
胸板も厚いし、ギリシャ彫刻のようなというか、
すっごく鍛えたアスリートのボディだね!



対する[隼斗’s 上腕]は・・・

ん???

筋肉が・・・ない!

わたしの腕より・・・無いんじゃ・・・?

hayatoakiko.jpg
(この写真は2~3年前?
ジェニファーがレギュラー司会やってた
台湾のバラエティ番組「爆竿!賓果王」に一緒に出演したときのもの。)

私たち二人並んで力こぶをムキッって盛り上げてみたけど、
いいとこ、どっこいどっこい。

この細腕で、よくもあのパワフルブレイクが・・・。

でもね、キュースピードの源である
リストの強さは、上腕二頭筋じゃなくてその先の

前腕屈筋群(ぜんわんくっきんぐん・・・クッキングん?)の強さで決まる。

さすがにこの部位の筋肉は、非常に充実していて、
なるほどと思わされました。



彼の場合、全体に筋肉量は少なめだけど、
しなやかでバネのような良質の筋肉なんでしょう。
(誰かに似てるなーと思ったら、
これはまるで・・・楊清順(ヤン・チンスン)だ!)

それと、わたしは触ってないけど、
きっと背筋あたりもすごいんだと思われます。



誰か触って確かめてご一報ください。




・・・・・セクハラ!??




4月13日から開始の
柯秉逸チャレンジマッチ 

開催店&対戦希望者募集中です



お申し込み・お問い合わせは、
下のメールフォームよりお気軽にどうぞ!




関連記事

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © Acco姐ェ...キューを担いだ渡り鳥 / ビリヤードプロ【豹柄☆女王】北山亜紀子オフィシャルブログ. all rights reserved.