ライジン菅谷慎太郎プロに関する昔話
『撞球王子』柯秉逸(カー・ピンイー)、
15日は、松戸のライジングサンさんに突撃~です。

このお店は、JPBA菅谷慎太郎プロのお店。
慎太郎とは、彼が
目黒6中のなっまいきなチューボーだった頃からの長~いつきあいで、
Bクラス時代はライバルでした。
(試合でとにかくよく当たったのよ~。当時の勝率は5分か、ちょっと勝ち越しかも。
すでに向こうのほうが上手かったんだけど・・・。
慎太郎、ゲームボールフルショットで入れる>>スクラッチ>>わたし、まくる・・・とか。そんな感じで。)

当時400名以上のエントリーを誇っていた
「サマーカップ」で1回戦無しの枠を引き当てたわたし、
3時間待って2回戦の相手が帰ってしまい不戦勝
また2時間待って3回戦・・・5分経っても対戦相手が来ない・・・。
また不戦勝か!?と本部に聞きにゆくと、相手は慎太郎。

探しに行ったら、6階の華台で、メカリ(当時の聖地、CUE華台に君臨した大魔神)たちの5-9を口開けてじーーーっと見てた。
「何やってんの!試合だよ!」と引っ張って連れてゆき、試合して・・・負けた。

そこで奴が一言。

「北山さん、バッカだな~。呼びに来なければ不戦勝だったのにぃ~。」

「・・・・・・・・・・・・・・・・・・!」


そんな奴なんです。

まあ、そんなつきあいです。

ということで、今回

かーくんと慎太郎が対戦すると、それは

わたしにとっていわば

息子対弟の対戦!

どっちもがんばれ~!!!

わくわく。



キャリアが長くなると、
モチベーションやガッツや「なりふりかまわず勝ちたい気持ち」などがなかなか保てなくなるよね・・・と、
慎太郎と前回スターライトさんでのグランプリ予選終了後の飲み会で話し合ったんだ。

JPBA復帰後いまひとつ精彩を欠いている慎太郎。
ジャパン・オープンでは『神様』エフレン相手を苦しめ、
「ほとんど勝っていた試合」で注目を集めたけれど

かーくんとの対戦が
また
よい刺激になってくれるといいな。

・・・という親心(姐心?)で、カーくんには

「ボッコボコにしてやんなー!」
と言ってあります。

そう伝えると、慎太郎は

「俺、勝っちゃってもいいの~?」


もちろん!

関連記事

Comment

 秘密にする

ものすごくいいイベントでした
| URL | 2010/04/16/Fri 05:36[EDIT]
ものすごくいいイベントでした
| URL | 2010/04/16/Fri 05:37[EDIT]
おうっ!
ありがとうございます。
2回も連続で褒めていただき、うれしさ倍増です^^
Acco姐ェ | URL | 2010/04/16/Fri 14:03[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © Acco姐ェ...キューを担いだ渡り鳥 / ビリヤードプロ【豹柄☆女王】北山亜紀子オフィシャルブログ. all rights reserved.