予選C組は日本帰りの撞球王子 2010第1回緯來男子テレビマッチ
予選C組のメンバーは

2004年9ボール世界選手権準優勝 張裴瑋(ザン・ペイウェイ)

高校でビリヤードのコーチとして教鞭を取る『聖戦士』 潘聖平(パン・サンピン)

そして、日本でのチャレマの旅を終えたばかりの『撞球王子』 柯秉逸(カー・ピンイー)

この日の1試合目、2試合目共に、潘聖平、先行するが勝ち切れず。

1試合目は9-5で張裴瑋をリードするも、まくられて10-11ヒルヒル負け。

後が無い2試合目、またまた9-6と柯秉逸をリードする・・・が、またしても逆転をゆるし、
5ラック連取され9-11で2連敗、予選落ち確定。

3試合目は、張裴瑋V.S.柯秉逸
1勝どうしの直接対決。

柯秉逸、11-9の僅差で勝利、決勝へ!





2010緯來男子職業撞球大賽第一站C組 柯秉逸進級
関連記事

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © Acco姐ェ...キューを担いだ渡り鳥 / ビリヤードプロ【豹柄☆女王】北山亜紀子オフィシャルブログ. all rights reserved.