2日目・3日目は「カー王子」と「張邪神」が各2勝 アジア大会最終選考

『撞球の申し子』楊清順(ヤン・チンスン)
『撞球王子』柯秉逸(カー・ピンイー)
ギネスキング『火雲邪神』張栄麟(ザン・ロンリン)
ステージ1から勝ち残った中学生アマチュア(!)、劉政杰(リュウ・ゼンジェー)

以上4名で戦われている9ボール代表選抜最終ステージ。

9日間、9ボール9ラック先取で
合計18回のシングルトーナメントを行い、
上位2名が2010年広州アジア大会台湾国家代表に決定する。



初日は、2戦とも柯秉逸が1位で楊清順が2位

そして、続く2日目・3日目は・・・

ビリヤードの名門高校「復興高中」の卒業生である二人
張栄麟と柯秉逸が2勝づつ。

そして、台湾ビリヤード界で10年以上トップを張ってきた楊清順は・・・

4回連続1回戦負け!

これは・・・事件だ!

世代交代!?
「努力できる天才たち」の出現に、
「練習しない天才」は駆逐されてしまうのか・・・!?

いやいや、楊さまがこのままおとなしく終わるとは思えない!

明日から『撞球の申し子』元祖神童の怒涛の巻き返しが始まるのか!?

勝負の行方から、目が離せない!

(台湾在住の方・台湾滞在中の方は、ぜひ観戦しに行ってね!

  Hさん!Fさん!ナイスタイミングですね)


会場は球聖撞球館 入場無料!

漢口街2段54号9F. Tel:02-23756262

2010年廣州亞運會男子花式撞球9號球培訓隊第三階段選拔賽第3~6場

3-2-1.jpg

3-2-2.jpg

3-2-3.jpg

3-2-4.jpg

関連記事

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © Acco姐ェ...キューを担いだ渡り鳥 / ビリヤードプロ【豹柄☆女王】北山亜紀子オフィシャルブログ. all rights reserved.