なぜ!? 呉珈慶、今度は中国側から出場拒否・・・。後編
台湾のビリヤード協会宛に送られてきたメールには、

「呉珈慶と台湾の協会とのトラブルは、まだ収束していないと認識している。
そのような選手の出場を認めることはできない。」

と、改めて出場拒否する旨書かれており、
さらに上海の協会は

「呉珈慶は、我々がエントリーを認めないのを、
台湾の協会が手を回していたのだと誤解しているようですが、

そういう理由ではないのです。
台湾の協会に、彼を出すなと言われたことはありません。」


台湾のビリヤード協会の理事長(に帰り咲いた※)トウ永輝氏・・・トウさんも

確かに、自分の差し金ではないと強調。

「わたしも、そこまで中国に影響力無いですよ。
考えてみてくださいよ、中国側が我々の言うことに耳を貸すと思いますか?」

wu


呉珈慶のコメントは

「この1年半、試合で得た賞金は、全て寄付してきました。

今回も、賞金を獲ることができたら、中国の甘肅土砂災害の被災地に寄付するつもりだったのに・・・。

なぜ、裏切り者呼ばわりされなければならないのか、どうして自分が試合に出ることに異議があるのか・・・

何を言えばいいのかわかりません。 ただ、進展があるのを待つだけです。」



・・・・・なんで、こう苦労ばっかなんだ、呉珈慶。


赤ちゃんの頃から、
兄弟とともに祖母のところに預けられて育ち、

ぐれた兄が賭博で莫大な借金を作り、

ヤクザが高校生だった呉珈慶のところに取り立てに来て・・。

試合の賞金で、少しづつ
総額日本円で1000万円以上を返済、
完済間近になって

また兄が博打で数百万負けて夜逃げ・・・


でも

ついにたまらず記者会見を開き

「今後、兄の借金は払いません」宣言をするまで、

彼の苦労を私たちは想像もしなかった・・・。


なぜなら、彼はそんなことをみじんも感じさせない

一流の運動選手だけが持つ

明るいオーラに輝いていたから。


でも

最近の彼の写真を見ると

そのオーラに翳りが見えて胸が痛みます。



もう、誰も邪魔しないで!

彼に、国際試合の場で
思う存分力を発揮させてあげてほしい・・・。
 

※トウ氏は、辞表を提出、いったんは理事長の座を降りられましたが
慰留され、理事会の決定で復帰されました。 恭喜!よかった・・・。

中國封殺 吳珈慶登滬生變

関連記事

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © Acco姐ェ...キューを担いだ渡り鳥 / ビリヤードプロ【豹柄☆女王】北山亜紀子オフィシャルブログ. all rights reserved.