女子世界選手権最年少出場記録更新、8歳の双子ちゃん!
中国でスタートした
女子9ボール世界選手権ステージ1。

昨年は、大会最年少記録の
山東省出身の9歳の姜藤が注目を集めたそうだが、

今年は、さらに幼い選手たちがエントリー。

20100822140840934.jpg


この双子ちゃん達は、王曼晴と王曼茜。

北京出身の8歳。

この二人は、父親に言わせるとスポーツ万能で

ビリヤード以外にも、
ゴルフやテニスなど今までにやってきたそうだ。

特に姉の王曼晴は、
北京市のテニス大会の8歳の部優勝者。

ふたりとも、ビリヤードも大好きとのことで、

お父さんによると、今回の試合の目的は
経験を積むことと、

潘晓婷、付小芳、劉莎莎、チャ・ユラムなど、
お気に入りのプロ選手たちの球をまじかに見ることだそうだ。

昨年の姜藤の出場時にも
学業がおろそかになることなど
選手の低年齢化を懸念する意見が聞かれたらしいが、

そのことに対して
彼女たちのお父さんのコメントが説得力あり。

「一番大切なのは、
子供たちが興味を持っていることをさせてやることです。
学業は確かに大切ですが、
もしもビリヤードやテニスをやらなくても、
どっちみち子供たちは放課後には何かして遊ぶんですし。

親としては、子供たちが、
そういう良いスポーツに触れるきっかけを作ってやることが大切ですね。

肝心なのは、子供に無理強いしないで、
やりたがるならやらせる、ということです。」

納得!


九球世锦赛再现超小选手 八岁全能双胞胎沈阳追偶像
関連記事

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © Acco姐ェ...キューを担いだ渡り鳥 / ビリヤードプロ【豹柄☆女王】北山亜紀子オフィシャルブログ. all rights reserved.