世界選手権女子ステージ1 ちびっこ双子挑戦の結果
女子世界選手権最年少出場記録更新、8歳の双子ちゃん!で紹介した二人。
20100822140840934.jpg

世界選手権デヴューとなった、ステージ1結果は・・・

おねえちゃんの王曼晴は

初日  1回戦シード枠を引き、2回戦で台湾の何心如に0-7スコンク負け。
2日目 1回戦で周豆豆にやはり0-7
3日目 1回戦シード、2回戦王晨 に3-7

いもうとの王曼茜は

初日  1回戦シード、2回戦で台湾の魏子茜と「茜対決」、1-7で敗退。
2日目 1回戦シード、2回戦で尤斌声 に2-7
3日目 健闘を見せ、1回戦熊詩言 に4-7


徐々に試合慣れして調子をあげてきたものの、
1勝はかなわず。


小学生の頃から
大人顔負けの球を撞いていたという台湾のカリスマ楊清順や
アメリカのローリージョン・ジョーンズと同じようにはいかなかったようだ。


小さな子どもがこういう試合に出てくることに批判もあるようだけれど

大会側からすれば、
話題づくりになって
ビリヤード業界以外のマスコミの注目を浴びることができたし

彼女たちの父親も
単に目立ちたいだけでなく

しっかりとした考えに基づいて
娘たちを出場させているようだし

女子世界選手権最年少出場記録更新、8歳の双子ちゃん!

良いんではないでしょうか。

このふたごちゃんたちも、

カーくんの弟王子のように

あっという間に成長して、
国際舞台で活躍するようになるかもね!








関連記事

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © Acco姐ェ...キューを担いだ渡り鳥 / ビリヤードプロ【豹柄☆女王】北山亜紀子オフィシャルブログ. all rights reserved.