惜しくも兄弟ダブル優勝ならず!台湾プロツアー&アマツアー
昨日台湾・台南のAnn-Nice撞球館で行われた

台湾職業会(プロツアー)決勝日&青英会(台湾アマツアー)。

プロツアーは、『王子対決』となった決勝戦で

『撞球王子』 柯秉逸(カー・ピンイー

が、『拉竿王子(引き球王子)』傳哲偉(フー・ザーウェイ)を

11-3でぶっちぎり、優勝を決めた。

ap_F23_20100830121521581.jpg

2010tainan.jpg(写真と表は

この秋開催の2010広州アジア大会では
8ボールと9ボールダブルで代表入りしている柯秉逸だが

意外なことにツアーは今季初優勝。



そして、同時開催だったアマツアー青英会のほうは前回と同じく

カーくんの弟というか

弟のほうのカーくんというか・・・、柯秉中(カー・ピンゾン)と

劉政杰(リョウ・ゼンジェー)


最近注目のジュニア二人の戦いとなった。

先行したのも、先にリーチをかけたのもカー・ピンゾンだったが、

結果はヒルヒルでリョウ・ゼンジェー。

ヒルヒルでカー・ピンゾンの優勝だった前回と逆の結果となった。



これから、昨日のプロもアマもほとんど出ている
ビッグハウストーナメント(会場も同じ)の試合&取材なんで、行ってきま~す。









Edifyさんブログから。謝~♥!)
関連記事

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © Acco姐ェ...キューを担いだ渡り鳥 / ビリヤードプロ【豹柄☆女王】北山亜紀子オフィシャルブログ. all rights reserved.