14-1 ”ハスラー列伝” 『至高の対決』!
日本の14-1選手権でハイラン100、アベレージ33,333という驚異のポテンシャルを見せつけ、
羅立文(ロー・リーウェン)が圧勝。

そして先日の14-1世界選手権では、
羅くん惜しくも9位タイ。

その羅くんをねじ伏せた、ミカ・イモネンを
先月ご母堂を亡くしたばかりのドイツのベテラン、オリバー・オートマンが傷心をこらえて戦い抜き、倒し優勝。

9ボール(&10ボール)一色の日本のビリヤードシーンでも、
近頃14-1への注目が高まっている。

わたくし北山亜紀子も、先日ネプチューンで
武蔵小山撞球隊の隊長さんと、一戦交えたのは、ここでも書いた。

その武蔵小山撞球隊さんがプロデュースしたDVDが、これ!
DSC00026.jpg


タイトルは、

14-1 ”ハスラー列伝” 『至高の対決』!
DSC00027.jpg
隊長さんは、ビリヤード雑誌CUE'Sの「ハスラー列伝」を執筆している。
わたし、あの連載、大好き!

諸先輩方の、数々の悪事伝説がちりばめられていて、
読み応えあり!)

このDVDに登場する先輩方は、
いや大先輩方は、

花谷さん、井上さん、蔵前さん、みなさんわたしがビリヤードを始めた頃、
バリバリ現役トッププロだった方ばかり!


DSC00028.jpg
DSC00033.jpg
DSC00032.jpg

一見の価値あり!

みんなも見てね!

そして、ぜひプレイしてみて。

日本では、
「上手くなってからでないと出来ない、難しい種目」という誤解が広まっているけれど、

間口が広くて、奥が深~~~いのが、14-1の魅力。

狙う球の順番が決まっていないので、
まだポジションのできないビギナーにもおすすめ。
1個1点なので、クラスが違う相手と対戦するときに、ハンディも振りやすいし。

台湾では、初心者は14-1から入る場合が多く

「9ボールは、ある程度手玉コントロールができるようになってから」という認識よ。

そして、中級者・上級者にとって
興味深い種目であるのは、言うに及ばず。

さ~、Let's Play 14-1!

そうそう、このDVDは¥3000で絶賛発売中だそうです。



関連記事

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © Acco姐ェ...キューを担いだ渡り鳥 / ビリヤードプロ【豹柄☆女王】北山亜紀子オフィシャルブログ. all rights reserved.