”サムライ”になったホーマン、「誰も俺を止められない!」熱く語った全日本選手権優勝!
ホーマンのブログ。長文で、全部訳するとすごいことになってしまうので、
さわりの部分だけ。
ざっくり意訳なので、細かいことは気にしないでねー。

10年かけてこの伝統ある試合で優勝できたことが
相当嬉しかったようで、熱く語っています。


ドイツの選手なのに、英語での文章力も相当なもので、
熱いハートが伝わる名文です。

全日本選手権という、世界一伝統あるに対する、
そして対戦した各選手に対するリスペクトも忘れない姿勢も素晴らしい!

みんなも、ぜひ原文に触れてみてね!




今年の全日本選手権に際して
わたしは試合に対する心構えを大きく変えた。


自分は現実的な性格なので、今まで試合前には

「調子は良い。できる限りのベストを尽くしたいと思う。
でも、これは試合だから、そこには自分がどうにもできない要素があるということも自分は知っている。
組み合わせのちょっとした運・不運もある。対戦相手が絶好調で、全く撞かせてもらえない場合さえある。」

というスタンスでいた。

でも、今回の全日本に際しては・・・頭の中にあたのは、たった一つのことだった
(乱暴な言葉遣いで失礼!)。

「ラッキーや、相手のプレイがどうこうなんて

クソ喰らえ!!!

俺は勝つ!Nobody can stop me!

誰にも俺を止められない!」




たくさんの優れたプレイヤーたちに囲まれていることに変わりは無い、
もちろん勝てる保証はなかったさ。

しかし、今、大きく違っていることがある!

・・・自分のプレイスタイル!
燃えさかる炎!勝利の誓い!やり遂げる、という強い意志。

それは、脳の中で始まる闘いだ・・・。



自分は、「宿題」をしっかりこなしてきた。

過去数ヶ月の間、数々の試合で、素晴らしいプレイをし、そしてそこそこの成績を残し、そしてファンや友人には
『何やってるんだ、以前のようにまた優勝してくれよ!』と尻を叩かれた。

わたしは毎日一生懸命練習し、各種のエクササイズをし、何度も食習慣も変え(そのために、ちょくちょく自分で料理もするんだよ!)、・・・身体的な面では、完璧に備えて来た。

10年前、初めてこの試合に参加したときから、
この大会で優勝することが
自分の夢であり、目標の一つになっていたことは隠せない。

全日本選手権。43年の歴史を持つこの試合。

世界中でも、
こんなに長い伝統を持つ試合は例を見ない。

あなたも、もしこの試合で優勝できたとしたら、
サムライたちの列席に加えられたような誇りを感じるはずだ。

~以下略~
wu-ak-th.jpgふたりの「サムライ」に挟まれて。


原文は、ここで!On the HillのTさん提供の、ホーマン対戦選手たちの写真も見れます。
All Japan Championships 2010
関連記事

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © Acco姐ェ...キューを担いだ渡り鳥 / ビリヤードプロ【豹柄☆女王】北山亜紀子オフィシャルブログ. all rights reserved.