北陸のフリーポートさんでのチャレマと、井上道央プロ昔話その1。
少し・・・いや、相当前(北陸OPEN時)になるけれど、北陸のフリーポートさんにお邪魔した時の話を書こうかな。
ご存知のようにこのお店は、JPBA井上彰会長と、井上道央(みちてる、と読む)プロ親子のお店。

freeport
チャレンジマッチを開催していただきました。写真、向ってわたしの左どなりが道央プロ。

最後まで残ってくださった常連のみなさん。ありがとうございました^^
写真を撮るのが遅かった・・・帰ってしまった方たちすみませんでした


DSC09787.jpg
わたしが駆け出しの頃からずっと、トップ女子アマの、井上プロのお姉さま

道央プロには、昔、わたしがインストラクターをしていたお店、
当時川崎の高津にあった「ビリヤードタツミ」(古屋プロのお店でした。)で大変お世話になりました。

少し、その頃の思い出話を。



ある日、タツミ専属プロだった道央プロと練習撞きをしていた私は、

すっかりラックマン。いや、リラックマ、ンじゃなくて ラックマン。

要するに、ずーーーーーーーっと負け続け、
一回もブレイクできず、ラック(ボールを並べることです)をするのみ・・・。

初心者対男子プロの戦いなんて、まあそういうもんだけど。


しかし!そこへチャンス到来!

なんでか忘れたけれど、やっと一勝をあげ
ブレイク権ゲット!

当時まだへなちょこだったブレイクでも、奇跡的に何かのボールが入った。

そして、取りきりながら、6番をサイドバンクの配置に出してしまい(いや、出てしまい)
そこで・・・・・突然気がついた!気がついてしまった!

まだ、ミスしていない・・・これ、(初の)マスワリ権利発生中だ!

そう、わたくしAcco姐、

ありえないことに
インストラクターとして働いていたのにも関わらず
当時まだマスワリすら出せないドCクラスだった
のだ。

(あの頃は、ビリヤード大ブームで、
キューの持ち方も知らない初心者のお客さんがたくさんいらしたので、
そういう需要もあったのよ~。
女子プレイヤーのレア度は今以上だったので、
恐ろしいことに知名度だけはすでに全国区の女子アマだった・・・。)

そして、緊張しながら6番バンクショットを決め、

続く7番、8番もなんとかイレイチ(出しの出ない、的球をただ入れるだけのショット、もしくは出しの出なかった配置)をつなぎ、

お約束のように渋い配置となった9ボールを、

なんとか必死でポケットに叩き込み、

「やったー!!!!!マスワリだぁ~!!!っ!」

と雄たけびをあげる、わたし。

そして、

読んでいた雑誌から顔をあげ、

「え?   マスワリやったん?」と薄~いリアクションの、井上プロ。

ヲイヲイ・・・。見ちゃいないし。

「プロが見ている!」という思い込みが、
初マスワリの緊張に更に拍車をかけていたと言うのに・・・。


「マスワリですよぉ、しかも初の!」


「えっ!北山さん、今までマスワリ出したこと無かったの!?(遅っ!)(インストラクターのくせにっ)」

「う・・・・・」

そして、またわたしはラックマンとしての作業に戻ったのであった。




ちなみに、この日、二十数年ぶりにその話したら

「え? そんなことあった?   覚えてへん。」

どんだけ~!

でも、チャレンジマッチの間、わたしの球を(今度は)ずっと観ていてくださって

「上手くなったな!プロの球になった。」と褒めていただきました。

道央プロは、上にも書いたように、私が初心者の頃からの大先輩。

そういう方にそんな言葉をいただいて、
ほんとうに嬉しかった・・・。


昔、一緒に始めた連中は、ほとんどみんなもう足を洗っちゃったけど

かれこれ20年以上、あきらめないで、ずーーーーーっとやってきて、良かったなっ。




道央プロには、ここでお会いできますよん。
フリーポート
石川郡野々市町郷308
076-246-0925
関連記事

Comment

 秘密にする

いい思い出出来て良かったですねぇ♪まだ来年の関西オープンの試合に出られるのですが?まだ元気な北山プロに会いたいですねぇ。
Y.n | URL | 2010/12/20/Mon 12:52[EDIT]
Y.n.さん
久しぶりの北陸は、楽しかったです^^
来年の関西OPENは、出たいですが諸事情によりまだ未定です。
Akiko Kit. | URL | 2010/12/29/Wed 07:03[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © Acco姐ェ...キューを担いだ渡り鳥 / ビリヤードプロ【豹柄☆女王】北山亜紀子オフィシャルブログ. all rights reserved.