レジェンド対決、初日はレイズ20-8趙>二日目は点差そのまま40-28! 
20101220020213410.jpg

中国で3日連続開催中の、

賞金2万(米)ドルの大イベント
 
エフレン・レイズ vs 趙豐邦”レジェンド”60先10ボール対決。

2日目である昨日のスコアはレイズ40-28趙。
20101220105716347.jpg


初日(20-8)に引き続き、12点差のまま終わった。

この日の試合の様子は
まず序盤
第29ラック 午後1時に試合開始、趙まだ調子が出なくて2ミス。21-8
第30ラック レイズ、完璧なセイフティ 22-8
第31ラック 趙、ようやくチャンスを掴む 22-9

趙、肩が温まってきたか、最大14にまで開いた点差を10まで詰める。

中盤、趙のミスを捕らえ、レイズ第41ラックから連続7ラックを手中に、
点差はこれまで最大の19に。

レイズのブレイクはほどんど毎回何かが入るのに対し、
趙はブレイクに苦しむ。

第54ラック 趙久しぶりにチャンス到来、取り切り。

本来のリズムをようやく取り戻し、4連取。スコアは15点差の21-36に。

第58ラックをレイズが取り、 続く2ラックを趙が。
60ラック終了時のスコアは レイズ37-23趙。

試合終盤、この長丁場の戦いにあっても
50過ぎのベテランであるレイズのスタミナは衰えを感じさせない。
攻守共にすばらしく、軽く2連取、39-23の16点差でリーチをかける。

あと、わずか1点でこの日の試合が終わる。
(2日目は、どちらかが40点に達するまで

その、土壇場になって『冷面殺手』趙が、踏ん張りを見せる。

第63ラック レイズのブレイクノーイン、趙ウラマスで39-24
第64ラック 趙マスワリ 39-25
第65・66ラック レイズのミスに助けられ、趙が取り39-27
第67ラック 趙の運も尽き、レイズが40-28でこの日の勝利を収めた。

(あれ?計算が合わない。多分、第67ラックを趙が取り39-28、第68ラックで決着、だと思われ) 


この日の試合は40ラック5時間にも及んだ。

趙の試合後のコメントは

「今日の調子は、昨日に比べればかなりマシになった。でも、まだミスが多すぎる。
昨日大量リードを許してしまったので、今日は取り返すつもりで臨んだのだけど・・・
まあ、明日、最後の一日に賭けるさ。
しかし、12点差は厳しい。相手も手ごわいしね。ベストを尽くすしかない。」

明日は、いよいよ最終日。

レイズはあと20点取れば勝ち、
それに対し、趙はあと32点取らなければ勝てない。

エフレン・レイズに12点のハンディを振って勝つのは至難の業だが・・・加油!


情報源は、中国の巨大ビリヤードサイト
My147.com写真も















関連記事

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © Acco姐ェ...キューを担いだ渡り鳥 / ビリヤードプロ【豹柄☆女王】北山亜紀子オフィシャルブログ. all rights reserved.