5月11日台湾に、震度14?M14?の地震&170mの大津波が・・・来ないと思います。
5月11日午前9時から正午の間に、
台湾で震度14(M14?)の大地震が起き、
かつての世界一ノッポビル、Taipei101は3つに折れ、
170mの津波によって台湾は北回帰線を境に南北まっぷたつに分断される・・・。
ap_F23_20110501120203567.jpg

という電波・・・いや、予言が台湾で話題に。

新聞やテレビのニュースでも取り上げられるほどの注目ぶりだけど

広げた風呂敷のあまりの大きさに、逆に怖がる人が少なくて
女子アナさんもちょっと笑っちゃいながら報道するレベル。

・・・だったのだけど、その「王老師」の予言を受けて
南投にコンテナでできたシェルター(とはいっても見た目はただのコンテナ?)が200個も出現、

0_20110510053258.jpg


こんなコンテナで大丈夫なの!?と思ったら

「王老師」本人のために建設中のシェルターはスペシャル版。

5月5日に完成する予定だったのが
「建材の一部に、中国製のものが使われているので、取り替えてやりなおし中」とのこだわりようで・・・
7_20110510053229.jpg
11日に間に合うのか?


好奇心旺盛な人が多い台湾のこと、南投の現場には見物客が途絶えなくて
大部分の人はおもしろがっているだけだけど

中には真に受ける人もあり
一部の信者はコンテナを高値で購入したり
物資を買い占めたりしているそうで。

「王老師」の予言自体、
コンテナや物資の販売の目的での詐欺ではないか・・・との疑いも起きてきて
当局の対応は
とりあえず5月11日が来るのを待って、起訴に踏み切るかどうか決めるという感じらしい。


「王老師」は本名も顔も公開されていなくて、
自称50歳前後のビジネスマン、
ネットでこの予言を発信して有名になったんだけど

「これはいわゆる予言ではなくて、高度な科学による予測だ」と主張。

ネットの反応は

「そんな地震来たら台湾全滅でしょ、コンテナ意味ないじゃん」
「くだらない」
「こいつコンテナ業者じゃないの」
「でも女房の知り合いは真に受けて中国へ逃げたよ」
などなど。

多くの専門家たちが鼻で笑う中、中央氣象局局長は

「小説じゃないんだから・・・科学的根拠のない妄言で、人を惑わせるべきではない。」とのコメントを発表。

そもそも、震度って7までしか設定されていないんでは・・・?
M14ってこと??? それもどんだけ!?

自由時報;強震預言涉詐財? 檢511後傳喚

聯合報;傳511是台灣末日 南投避難貨櫃屋暴

本人のブログ

追記☆

皆さんも御存知のように、
5月11日は無事に過ぎ、
地震も津波も来ず、天気予報で来るはずだった台風さえコースを変え、
台湾は暑くてお天気な一日でした。

関連記事

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © Acco姐ェ...キューを担いだ渡り鳥 / ビリヤードプロ【豹柄☆女王】北山亜紀子オフィシャルブログ. all rights reserved.