ビリヤード試合観戦のススメ☆今週末は、東京でJapan Open!
明日からはじまる、Japan Open!

東京で開催される最大の試合です。
ぜひぜひ観戦してみませんか?

土曜日の予選は、なんと全ての会場出入り自由の、1500円!

日曜日は、竹芝ニューピアホールの、特設会場で、立ち見2000円から!


今回の種目は、男子が10ボール、女子が9ボール。

9ボールは、
先週ドーハで赤狩山プロが世界タイトルを獲った種目で
間違いなく日本で一番普及しているビリヤードゲームなので

おそらくみなさんもプレイされたことがあるのでは?



一応念のため、ごく簡単にルールを説明しときます。

番号が振られた1番から9番の的球を用い、白い手球を撞いて行います。

9ボールは、9ボールを入れた者が勝つゲームです。
しかし、どのショットも、常に手球を、
その時に台上にある最小番号のボールにまず当てなければなりません。

最小番号に先に当たらない、手球が落ちる(スクラッチ)などのファール時には、
プレイヤー交代+次のプレイヤーは、好きな所に手球を置けます。


まず、バンキング(試合以外なら、じゃんけんでも)で
先攻を決めます。

勝ったほうが1番を先頭に9番を中心に菱形にラックされたボールに向かって手球を放ちブレイク。

ブレイクでも通常のショットでも、何か的球が入ればそのまま続行、ノーインやファールはプレイヤー交代。

最小番号の球にまず当てれば、何番が入ってもかまいません。
なので例えば、1番に当てて、1番を9番に当てて(コンビネーションショット)入れる
もしくは1番に当てた手球を、そのまま続いて当て(キャノンショット)9番を入れる

ことができれば、それでそのラックは勝ち、1ポイントです。

ブレイクショットで9番が入ってもOK,そこでそのラックは終わり、1ポイント。
これを、ブレイク9とか、ブレイクエースと言います。
(自由が丘と緑が丘の間・・・スーパー文化堂の2階にあった
ブレイク9というビリヤード場が、私の最初のホームでした。)


ブレイクから1番~9番までを、ノーミスで取りきることを、
「マスワリ」もしくは「ブレイク・ランナウト」と言います。
ちなみに、先日の世界選手権決勝戦では、カーリー(赤狩山プロ)は13点取るうち、
実に6回のマスワリを達成しています。

ボールを入れる・当てる技術もいろいろあり、上記のコンビ・キャノン以外にも
的球をクッションに当ててから入れるバンクショットや
手球をジャンプさせるジャンプショット(そのまんま)
手球をカーブさせるカーブショットや
さらに急激にカーブさせるマッセ
まずクッションに手球を当てる、空(カラ)クッション=キックなどなど。

しかし、ボールを連続して取りきるためには、
入れることに加え、手球のポジションが重要です。

的球を入れ手球をその場に停めるストップショット、
バックスピンをかけるドローショットや、その反対のフォローショット
そして左右のスピン以外に、

その一つ前のショットで次の配置の角度を調整することも大切です。

そのため、上級者はひとつを入れて次に出す(ポジションする)ことを考えるのみでなく
先の先を考えます。

例えば、手球をまっすぐに当てる配置でないとボールは止まってくれないので、
3番へのポジション上2番を入れて手球をそこで停めたい場合は、
1番から2番でまっすぐに出すようにしますが、

逆に、適度な角度があるほうが手球を動かしやすいので
2番から3番へ手球をダイナミックに動かす必要があるのなら、
その前の1番から2番へ出すときに、故意に角度を残して出すのです。
そうすると、押したり引いたり強く撞いたりしなくても、
手球と的球が左右に分かれる力を利用して、
うまくポジションすることができます。

どうしても、難しい配置の球を入れる凄さに目が行くものですが、
プロの試合を観戦するときには、
白い球の動きにも、ちょっと注目してみてくださいねっ。


どうやっても入らない配置の場合など、
わざと入れに行かず、相手に難しい配置を渡す、
セイフティという選択をする場合があります。

これは、知らずに見ると「ちょっとズルいんじゃないの?」と思ってしまうかもですが、
正当であたりまえの選択です。

どうやっても入らない、とわかっていても
初心者なら運を天に任せて適当に撞くかもしれませんが・・・。

知ってて観ると、高等なセイフティの応酬は、
なかなか見ごたえがありますよ!


☆今回男子の競技種目である10ボールのルールは、ほぼ9ボールに準じますが
コールショットとなります。(指定した以外のポケットに入っても無効)




☆注意とか用意するもの☆

携帯電話は電源切るか、マナーモードで。
選手や観客のじゃまになるようなら、通話も控えましょう。

公式戦の試合会場は基本的に禁煙です。
おタバコは、喫煙所か外で!

カメラ・ビデオ撮影の可否は、試合により異なります。
試合中もOKな場合も、フラッシュは厳禁。

撮影時に
ぴろり~ん♪とか
面白い音がするタイプの携帯は特にNG~!
き、緊張感が・・・.

会場はテーブルコンディションを保つために
冬でも空調が効いて寒かったりする(特に雨の日は)ので、

上着持参など、
自分である程度調節できるような服装がいいです(選手もです)。

大きい会場では、オペラグラスなど持参すると見やすいです。

選手の写真やサインなど、
みなさん気軽に応じてくれるはずですが、
タイミングを見て!

人にもよりますが
集中を高めている試合直前や、また敗戦直後は(・A・)イクナイ!! かも。

無断で写メ撮ったりせずに
「今、お写真いいですか?」など聞いてみてくださいね。


構えに入り、今まさに狙っている瞬間の選手の正面、視界に入るところで、
邪魔になるような動きはやめましょう。

周りがどうであれ

「それでも入れるのがプロだ!」と思って皆がんばりますが、

究極のメンタルスポーツと言われるビリヤード、
ベストの状態で闘わせてあげてください。

ゴルフだって、ショットの瞬間は、「皆さんお静かに!」って気を使うでしょ?
選手への「がんばれ!」などの声掛けも、構えに入ってからはNGです。

あと、試合中、選手への戦略的アドバイスにあたる行為は禁止されています。

「がんばれ!」>もちろんOK 「肩の力抜いて!」>OK 
「コンビのほうがいいんじゃない?」>NG! 「1番があるの忘れてない?」>NG!

「シュテフィ結婚してくれ!」=相手がグラフならOK,
(1996年、テニスの試合で実際にあったハプニング。
ウインブルドン準決勝で、すでにサーブ直前のシュテフィ・グラフ選手に対して、
こう叫んだKYなファンが。。。

わたし、たまたまテレビで見ていて、
あまりの非常識さにびっくりしたんだけど

それに対する彼女の返答が、サイコーにウィットに富んでいた。
「How much money do you have?=あなた、お金はいくら持っているの?」と返したのだ。

後で聞けば、当時彼女の父親の会社に国税局査察が入り、経営が危ぶまれていた時期で、
それを踏まえた自虐ギャグだったらしいのだけど


対戦相手が伊達公子選手だったし、日本でも見ていた人も多いとおもうけど
即答した彼女の表情はそんな暗さの微塵もなかった!


でもまぁ、常識的に考えて

選手への求婚は、試合後にお願いします。


でも、

ナイスショットや9番イン時には、

遠慮は要りません!

大きな拍手をお願いします。

( ゚Д゚ノノ"☆パチパチパチパチ( ゚Д゚ノノ"☆パチパチ


(白い球が入ってしまった時には、拍手しないであげて・・・それは、ファールなのです(^_^;)


では、Japan Open会場で、みなさんのおいでをお待ちしてます!



予選は、男女ともにダブルイリミネーション(敗者復活戦あり)トーナメント
■男子
2011年7月9日(土) 9:30集合 10時試合開始
10ボール コールショット・セルフラック 7ポイント先取 
■女子
2011年7月9日(土) 9:30集合 10時試合開始
(東日本女子プロは運営のため9時集合(^_^;)
9ボール 7ポイント先取 
予選会場は、東京周辺の各ビリヤード場。一つ前の記事の一番下にまとめがあります。


10日(日)決勝日は、竹芝のニューピアホール特設会場にて。
ニューピアホール
東京都港区海岸1-11-1  TEL:03-3578-0041
男女ともにシングルイリミネーション(敗者復活無し)トーナメント
 
男子決勝トーナメント(ベスト16)
 10ボール8ポイント先取  コールショット・セルフラック
 9:30集合 10:00時試合開始

女子決勝トーナメント(ベスト8) 
9ボール 8ポイント先取 シングルイリミネーショントーナメント 
12:00試合開始 


予選日 一日券 ¥1,500 (各会場観戦可能・出入自由)

決勝日 
当日立見 ¥2,000  
指定席 A~F ¥3,500 
指定席 G~K ¥2,500 
(指定席の当日券は、僅かに残りあるかも・・・?入り口の受付で聞いてください)

関連記事

Comment

 秘密にする

モナコ遠いからご苦労様です
試合頑張って! 加油!
なみへい | URL | 2011/07/08/Fri 11:37[EDIT]
なみへいさん
ありがとう!

頑張ります。国分寺に9時って・・・ハードル高い!
Akiko Kitayama | URL | 2011/07/08/Fri 19:34[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © Acco姐ェ...キューを担いだ渡り鳥 / ビリヤードプロ【豹柄☆女王】北山亜紀子オフィシャルブログ. all rights reserved.