スティーブン・キングもヘンドリーもStephen って書いて何故スティーブン?
スヌーカーの名選手、
Stephen Hendry って、
Stephen_Hendry.jpeg

何故 Stephenなのにスティーブン・ヘンドリーって日本語表記されるの?
綴りに「V」が見当たらない。ステフェン、とかじゃないのかな?

Pool(ポケットビリヤード)のスーパースター、フィリピンのEfren Reyesが、
DSC00543_1EFREN.jpg

エフレン・「レイエス」なのにすでに日本ビリヤード業界では「レイズ」として定着しているようなものかな?


そうブログに書いたところ

ic01.jpeg

映画監督のStephen King と同じで、スティーブンですよ、とtwitterで教えてもらい
更に興味が湧いてきた。(最初からググれよ!)

調べてみると

steve系の名前は

ドイツなどではStefan(シュテファン)、
フランスでStephane(ステファーヌ)、
ハンガリーではIstvan(イシュトヴァン)、
ラテン名でStephanus(ステファヌス)。

更に男女合わせて、たくさんの変化形と略称が

Steve, Steven, Stephen, Stephane, Stefan, Stefanie, Steph, Stephanie, Stevie

そして英語圏では StevenもStephen も、
発音はどちらもスティーブンで統一されているそうだ。

同じ名前が国によって読み方が違うのは珍しいことではなく
特に聖書が起源となる名前は、各国で違う読みで広まっているみたい。

ちなみに、大天使 Michael(ミカエル)が元になるマイケル系の名前は
フランス語でミシェル、ロシア語でミハイル、ドイツ語でミハエル(ミヒャエル)、スペイン語・ポルトガル語でミゲルと七変化。(綴りもちょっとずつ違ったりします)

9.jpeg
ミハイル・ゴルバチョフ元ロシア大統領

imgres-2.jpeg
ビリヤードツアーのスポンサーにもなったことがある、
フィリピンの、サン・ミゲル・ビール

「モモ」などで知られる、作家のミヒャエル・エンデ


Michael+Jackson-b.jpeg
そして、ご存知KING of POP
マイケル・ジャクソン

だから、F-1のミハエル・シューマッハが英語圏では
「マイケル」と呼ばれているのねー。
wro31high_780x520.jpeg

最も参考になった
マイケルさん七変化さん(面白いので、ぜひ見て!)によると、
やはり聖書起源のヨハネさんは、もっと変化するそうです。

日本でも、名前や地名で漢字の変則的読みは、たくさんありますものね。
綴りそのままがあっているとは限らないのですねー。

勉強になりました!

夏休み自由研究、終わり!☆
関連記事

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © Acco姐ェ...キューを担いだ渡り鳥 / ビリヤードプロ【豹柄☆女王】北山亜紀子オフィシャルブログ. all rights reserved.