ある撞球戦士と、その形見のキューのお話
台湾中部で連日降り続いた大雨。

増水していた水路に
誤って転落した原付バイクの女性を助けようと、
その場に居合わせた男性が水路に飛び込み・・・

女性の遺体はほどなく揚がったのだけれど
男性の遺体は4日後に、八十六kmも流された先で発見されたのだそうです。


彼の名は黄品彦(ホァン・ピンヤン)、3年前に改名する前の名は金國(チングォー)。
台中では名の知れた、
36歳のアマチュアプレイヤーでした。

この悲しいニュースを、
数日前に台湾有名撞球ブロガーのEDIFYさんが書いていらっしゃいました。

そして昨日、
その後日譚が台湾のYahoo!Newsに載っていたので紹介します。

黄品彦の遺品となってしまったキューは、
彼の友人が2万台湾ドル(5万円弱)で買って贈ったもので、
「手に馴染んでいて、とても撞きやすい」と気に入っていた品。

そのキューを、遺族の方たちがこのたび
消防団のためのチャリティ・オークションに出品しました。


市会議員が有志を募って59人でお金を出し合い25万元(70万円)の高値で競り落とし
そのお金をご遺族が救命用具などの購入費用として地元の消防団に寄付しました。

人命救助に命を投げ出した彼のために記念碑を建てようという動きもあったらしいのですが。
彼の母上は「大切なのは精神ですから」と、やんわり断りました。

その後この話は馬英九(マー・インジョウ)総統の耳にも入り
国家から表彰され、『忠烈祠』に、英霊と共に祀られることになったとか。



形見のキューは、競り落した方達の好意で
その後再びご遺族の手元に戻って来たそうです。



撞球界又痛失了一位好友(Edifyさんのブログ)

http://tw.myblog.yahoo.com/edify-chang/article?mid=19947&next=19946&l=a&fid=37

?品?救溺喪生 家人義賣球桿捐義消(Yahoo!Taiwan News)

http://tw.news.yahoo.com/article/url/d/a/110824/1/2xgn2.html
関連記事

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © Acco姐ェ...キューを担いだ渡り鳥 / ビリヤードプロ【豹柄☆女王】北山亜紀子オフィシャルブログ. all rights reserved.