邪神&王子、強し!!8月の台湾男子プロツアー4連戦、結果
240站 8月3日 (水)台北市 球聖撞球館 9ボール (10先)
優勝は、『火雲邪神』張榮麟(ザン・ロンリン)。
上手いし強い。そして、カーくんに対し非常に強い。復興高校の2学年先輩ゆえか?
240
左から、3位タイ陳家銘(ツェン・ジャーミン)、準優勝『撞球王子』柯秉逸(カー・ピンイー)、張明雄(ザン・ミンション)コーチ、優勝の張榮麟、3位タイ『少年球王』陳英傑(ツェン・インジェー)

240.jpg

241站 8月4日 (木)台北市 中正保齡球館 10ボール(9先)

久しぶりに『風城小子』呂輝展(ルィー・フェイザンが優勝!
(彼は、この10日ほど前に突然発熱し、Facebookで「どっかこの辺に小児科(何故?)無い?」と聞いて
病院へ、そのまま入院してた!そして、テレビマッチの前日か2日前に退院、それでも準優勝してた)
呂
小狗(シャオグォー=ワンちゃん)嬉しそう!
241
左から、3位粘榮智(ニェン・ロンツー)、優勝の呂、お店の方、準優勝の張、3位の柯。

241.jpg


242站 8月24日(水)台北市 中正保齡球館 9ボール (10先)
優勝は張榮麟、またしても、『邪神』強し!

この日は85名参加で
女子も多かったがベスト32に周捷予が入ったのみ。
準決勝がすごかった!柯秉逸が7-0、8-1と
リードしていたのに、張榮麟そこからマスワリ7連チャン!
更に柯の9ボールミスもあり、10-8で大逆転勝利、決勝戦に進んだのだとか。
カーくんにとっては、この「先輩」はまさに天敵。

決勝戦では前回優勝の呂に6-0リードからそのまま10-3と
終始ぶっちぎリードを保ち快勝、前回のリベンジを果たした。
このニュースは台湾最大の新聞、【自由時報】でも報じられている。
職撞排名242站/手感火熱 張榮麟奪冠
まさに「ZONE」に入った状態だった張榮麟、
「後半段完全沒失誤,每一顆球看起來都像籃球那麼大。」
「準決勝は、後半から完全にノーミスだった。1つ1つの球が、バスケットボールのように大きく見えた」そうだ。
面白いコメントですね。王貞治選手は、絶好調時に「ボールが止まって見えた」という逸話が有名だけれど。
242

左から、3位の柯、優勝の張、中正保齡球館の方、準優勝の呂、3位の『小魔王』郭柏成(クォー・ポーツェン)
242.jpg
 
以上の情報は、いつもお世話になってます台湾No.1撞球ブロガー
Edifyさんのブログ
より(写真&表も)

243站 8月25日(木)新竹市 10ボール (9先)

詳細はまだわからないけれど、Facebook情報によると
優勝は柯秉逸、準決勝が『府城戦神』鄭従華(ゼン・ゾンファー)、
3位は 呂輝展と『拉桿(ラーカン=引き球)王子』傅哲偉(フー・ザーウェイ)。

カーくん、4連戦を終えて2-3-3-1と、
全てでベスト4入りの安定度。

1-2-1と、ここまで際立った成績を残した張榮麟は、最終戦ベスト8戦で鄭従華に9-6で敗退。

詳しいポイントシステムは知らないが、
この4戦のランキング1,2位は、この二人で確定でしょう。
3位は、1位、2位、3位をそれぞれ1回獲った呂輝展。

この4回のランキングトップ8名は、
そのまま緯來テレビマッチに出場できるのだ。
(3名x4組の12名なので、あとの4名は主催者に指名される。
日本の男子プロも指名されるといいな♪)
関連記事

Comment

 秘密にする

川端プロのブログとニュースで震災の話をしてました。いろんな気持ちかありますか楽しさを伝えたいです。北山プロも楽しさを伝えて下さいね♪
Y.n | URL | 2011/08/29/Mon 19:54[EDIT]
Y.n.さん
川端プロは、被災地のビリヤード場に行かれたのですよね。
わたしも読みました。素晴らしいですね。
ビリヤードが好きな人達みんなで出来ることを頑張って、
ビリヤードの楽しさをたくさんの人に
伝えたいですね。
Akiko+Kitayama | URL | 2011/09/01/Thu 03:26[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © Acco姐ェ...キューを担いだ渡り鳥 / ビリヤードプロ【豹柄☆女王】北山亜紀子オフィシャルブログ. all rights reserved.