2011第3回緯來男子テレビマッチ あがり6連チャンで、張榮麟!
今年3回目の台湾の緯來男子プロテレビマッチ
優勝は、今年北京オープン&ジャパン・オープンを獲って勢いに乗る
【火雲邪神】張榮麟(ザン・ロンリン)!

この日、準決勝1試合目は

昨年の年度チャンピオン、【玉面飛龍】張玉龍 (ザン・ユィーロン)対
世界選手権準優勝2回の【小魔王】郭柏成(クォー・ポーツェン)で、結果は

張玉龍 11:3 郭柏成

もうひとつの準決勝は、
 
昨年全日本選手権準優勝から大ブレイクした柯秉中(カー・ピンゾン)。

対 張榮麟で、結果はヒルヒルの激闘の末

張榮麟11 : 10 柯秉中


張x張の対決となった
(さすがに、「世界一多い姓」なだけある・・)決勝戦。

この二人、昨年の、テレビマッチ年間チャンピオン決定戦でも対戦している。
100万台湾ドル(当時レートで300万円)のかかった大勝負。
この時は、8回のマスワリで9-2とぶっちぎった張榮麟に対し、
張玉龍が劇的すぎるまくり勝ちを決め、ビッグマネーを手にしている。

今回は5-5と序盤竸ったものの、
いきなり張榮麟が圧巻のマスワリ6連チャンで

邪神が飛龍の息の根を止めた。

張榮麟 11: 5 張玉龍


Edifyさんブログ(謝謝!)
関連記事

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © Acco姐ェ...キューを担いだ渡り鳥 / ビリヤードプロ【豹柄☆女王】北山亜紀子オフィシャルブログ. all rights reserved.