全國職業排名賽第254站(台湾男子プロツアー)優勝は張榮麟
11月2日に新竹の冠陽撞球場で開催された
台湾の男子プロツアー『全國職業排名賽第254站』の結果は

優勝=張榮麟(ザン・ロンリン)
準優勝=柯秉逸(カー・ピンイー)
3位タイ=傅哲偉(フー・ザーウェイ)・王清鋒(ワン・チンフォン)

ベスト8の組み合わせは
柯秉逸Wー郭伊哲
陳英傑ーW王清鋒
傅哲偉Wー鄭從華
陳信廷ーW張榮麟

決勝戦の張榮麟と柯秉逸は、
10月31日と11月1日に行われた日本との対抗戦に続く連戦。
(二人とも、5戦全勝(^_^;)

この二人、台湾を背負って立つトッププロ同士だけあってよく対戦する。
そして、高確率で張榮麟が勝っている。

よく知られている事だけど、
決勝戦のこの二人は、復興高校ビリヤード専攻の先輩後輩
(共に、陳冠列コーチにスカウトされてのビリヤード推薦入学)。
柯秉逸が入学したとき、張榮麟は3年生。
しかも、張榮麟は17〜18歳の時に入学したので、当時既に二十歳近かった。

その頃の力関係が、未だに影響しているのかも??



そして、本日11月3日には地中海撞球館で、第255回プロツアーが開催中。
参加日本勢の健闘を祈る!
関連記事

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © Acco姐ェ...キューを担いだ渡り鳥 / ビリヤードプロ【豹柄☆女王】北山亜紀子オフィシャルブログ. all rights reserved.