神童呉珈慶、体調不良のため早期退役。(一部訂正)
あまり書きたいニュースではないですが

日本でもご存知の方もいらっしゃるようで
ビリヤード場などで質問されることも度々なので、ここで書くことにします。
420_2d8e1a63fcd798a8f4507448ba2ec50a.jpg

昨年4月から台湾で兵役に就いていた【神童】呉珈慶(ウー・ジャーチン)。
予定よりもかなり早く退役したことがわかり、軍からは当初「個人的な事情」とだけ発表。
昨年末あたりからその理由が血癌(白血病)では?と一部で噂になっていたらしいのですが
1月5日になってこのニュースが大手マスコミからも流れました。




「血癌では?」との問いに
翌6日のテレビのニュースまで本人側からは当初具体的な病名は明かされず、
ただ「病気の治療中で病状は安定している」とだけ答えていたので
報道も「白血病の疑いが」という姿勢でした。

そして6日の夕方になって出た記事で
退役の理由が 慢性骨髄性白血病であると明言されました。

台湾マスコミ髄一のビリヤード通である、自由時報の許明禮記者の記事です。

1月5日に呉珈慶の父呉振忠が語ったところによると
昨年11月に咳が続くなど体調不良のため血液検査をしたところ、白血球数が異常に高く
更に精密検査をしたところ、慢性骨髄性白血病であることが発覚。

本来は今年3月退役のはずだったのですが、
重大疾患のため、予定を早めての退役となりました。

幸い発見が早く、薬も効いていて、今では白血球値も正常に戻り
日常生活を送れているそうです。

過年(旧正月)まで台湾に居て、その後中国へ ”戻り” 、
ビリヤード事業の継続と今後の試合に備えるそうです。


このブログでも、たびたび取り上げて来たけれど・・・

彼のこれまでの人生は、本当に波瀾万丈。

赤ちゃんの頃から、兄弟と共におばあちゃんのところに預けられて育った彼は、
おばあちゃんのサポート(幼かった彼のためにビリヤード場に投資し、練習場所を確保)を得て大好きな撞球にのめり込んだ。
中学生の頃から頭角を現し、15歳でギネスツアーの台湾代表になり、16歳で最年少の9ボール世界チャンピオンになり、更に8ボール世界選手権も獲り、ダブル世界チャンピオンに!
賞金で、可愛がってくれたおばあちゃんに家を買ってあげ、恩返し。
そして、お年頃の彼は意を決して半年で26kgものスーパーダイエットにも成功。

しかし世界チャンピオンになり有名になったため
兄が博打で作った借金を、ヤクザが彼のところに取立てに来るようになってしまった。
その借金を2〜3年かけて返済し終わる直前になって、また新たな借金をバカ兄貴が作って逃げ・・・。

中国に遠征して試合中だった彼のところに、「店に、またヤクザが怒鳴りこんで来た」と連絡が来て・・・

それまで、公にしていなかったけれどもうさすがにこれ以上は無理、と記者会見。
これまで賞金からコツコツ、合計1000万円以上も返し続けて来たことを告白。そして、「もう今後は兄の借金は自分は払わない」と宣言。

フィリピンで行われた第1回10ボール世界選手権では、その直前に試合で訪れた中国で愛キューの盗難に遭い借り物キューで決勝戦まで進出し、準優勝。

そしてここから・・・更に彼の人生は複雑さを増す。
シンガポールから、国籍を変えて、自国の選手にというオファーが来て、
それに関し引き留めにかかった台湾のビリヤード協会と、すれ違いが発生・・・選手籍を抹消される。
シンガポール側の条件も二転三転し、こちらとも話はまとまらず。報道でも、移籍決定と言われたり、また覆ったり。
ビリヤード熱の高まる中国へ渡り、タップなどビリヤード用品を扱う自分のブランドを立ち上げる一方、
中国国内の試合に3つ出て、その賞金を全て(優勝x2,準優勝x1)台湾の大水害への義援金として寄付。

そうしたら、今度は中国から試合への出場を拒否され・・・。

シンガポールからのオファーを、正式に断ったことで台湾協会が彼の選手籍の復活を発表、これで試合に復活できる!と思った矢先・・・

・・・突然、台湾籍を破棄して中国籍取得何の特別待遇も無く、一選手としての移籍を発表。
中国で始まったビッグトーナメント、中国プロツアー第1戦でみごと優勝を飾った。

しかし

国籍が変わっても台湾の兵役義務は無くならないので、昨年1月までに「帰国」しないと指名手配されてしまうとの通達を受け、期日ギリギリに台湾に戻り
昨年4月から、入隊していた。
(兵役を拒否すると、向こう35年間(?)台湾に入れなくなる。というか、指名手配されてしまうので、入ると逮捕されてしまう)

ただでさえ、「新兵いびり」があると言われる軍隊で
史上初の、「(仮想敵国である)中国籍の台湾兵士」としての兵役・・・

とてもキツイものだったのは想像に難くないです。

Facebookでも、入隊後何度も
辛いと書いたり、逆に、自分を鼓舞するような事を書いたり。

それを目にしながら
なんとか、怪我などせずに無事に退役して欲しいと願っていました。

そしてここ2〜3ヶ月の書き込みが
なんだか軍隊に居ない様子だったので、
あれ??まだ退役じゃないはず・・・と不思議に思っていて・・・


でも、まさかそんな事情とは・・・。


そういえば

ここのところ、たびたび

「眠れない」

「色々なことがありすぎる」

などと書いたり、また彼らしく

「楽観的に捉え、前向きに生きなくては」と

ポジティヴなコメントを書いたりしていた。


(どんな思いで・・・。)



記事が出た前日の、彼の投稿は


只有不怕輸的人才配贏!
(負けを恐れない者だけが、勝利する!)




こちらは彼が1月3日にUPした台湾のNewYear風物詩、台北101の花火の写真。
734170_10151320256044826_1023890400_n.jpg


添えられたコメントは



接下來的人生,要像這般煙火一樣的燦爛!
(これからの人生が、この花火のように、輝いていますように!)

私も、心からそう祈ります。





一部直しました。 複数のメディアがいろいろ報じているのですが、現時点で、白血病であることは本人自身からの発表ではありません。(父親が発言しているので、ほぼ間違いは無いとはおもいます。)















関連記事

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © Acco姐ェ...キューを担いだ渡り鳥 / ビリヤードプロ【豹柄☆女王】北山亜紀子オフィシャルブログ. all rights reserved.