楊さま、カムバック!第258回プロツアー征す 【追記多数!】
日本全国の楊清順(ヤン・チンスン)ファンの皆さま、お待たせしました!

楊さまの地元、高雄(カオション)【球覇撞球館】で開催された
男子職業排名賽258站(台湾の、第258回男子プロツアー)で・・・

長い長い雌伏の時を乗り越えて、
ついに・・・

「撞球之子(ビリヤードの申し子)」楊さまが4年ぶりの奪冠!

誰もが認める天才。
プロツアーの優勝も、実に35回を数える。
しかし、モチベーション不足に悩み、一時は引退宣言まで・・・。

復帰後、初の優勝だ。

1006113_370950196338307_1715041982_n.jpg

1009934_370949593005034_1973748042_n.jpg


999519_370793163020677_1381300339_n.jpg


430046_4699998512421_2048104907_n.jpg(左から、3位鄭従華、優勝楊清順。右から、3位傳哲偉、準決勝鄭喻軒。真ん中3名は、台湾に合宿に来ているカタール代表選手たち。)

決勝戦のスコアは11−7
相手は、若手の鄭喻軒(ゼン・イーシェン)。

準決勝
楊清順 11-4 「拉稈王子」傳哲偉(フー・ザーウェイ)
鄭喻軒 11-10「府城戦神」鄭従華(ゼン・ゾンファー)

ベスト8
傳哲偉 11−8「天空飛弾」李昆芳(リー・クンファン)
楊清順 11−7「少年球王」陳英傑(チェン・インジェー)
鄭従華 11−8「撞球王子」柯秉逸(カー・ピンイー)
鄭喻軒 11−9「火雲邪神」張榮麟(ザン・ロンリン)

世界ランキング1位張榮麟は、
このところ第253回、第254回,第255回,第256回と、
プロツアー4連覇!ぶっちぎりの強さを見せつけていたが、
ベスト8で今回準優勝の新星、鄭喻軒に僅差で負けて終了。

歴代連覇記録に並ぶかと思われたが、惜しくもストップ。


張榮麟のコメントは、あくまでも前向き。
「比賽本來就有輸有贏,只是一場球而已,下次再來就好了。」
(試合は、本来勝ったり負けたりするもの。ただ1試合負けただけのこと。次まだ頑張ればいいさ。)

ちなみに、これまでの記録は、2000年に、楊清順の打ち立てた5連覇。
5連覇当時の楊は強すぎて、

『倒せば10000台湾ドル』という懸賞金のかかった、いわば”賞金首”だったとか。

恭喜、阿順!

次は国際試合での戴冠を! 
そして、不思議と縁の無かった『世界冠軍』を、ね!




会場
【球覇撞球館】高雄市楠梓区加昌路298號B1
07−3660330

情報&写真は、楊さま、Steven,Allen、
自由時報のビリヤード通、許明禮記者の記事。

Thanks!
関連記事

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © Acco姐ェ...キューを担いだ渡り鳥 / ビリヤードプロ【豹柄☆女王】北山亜紀子オフィシャルブログ. all rights reserved.