クインシー・ジョーンズ80歳記念コンサート!! そして突然の聖子ちゃん!!!
【Quincy Jones The 80th Celebration Live in JAPAN】
要するに、クインシー・ジョーンズ80歳記念コンサートに、行ってきたよ!

1-60443_657347490961738_1769568943_n.jpgこちらは開演前

1-Quincy.jpgこちらは、終演直後。


クインシー・ジョーンズと言えば「愛のコリーダ」も有名だけど、

コレね。

私ら世代には、何と言っても
マイケル・ジャクソンのプロデューサーとして
quincy-jones-michael-jackson.jpg

アルバム『スリラー』や
Thriller


4efe838f.jpg『We are the world 』をプロデュースした神様だ!!!

今回のコンサートは、前半(トリビュートパート)と後半(クインシーパート)に分かれていて、

前半は、クインシーに影響を受けた日本のアーティストたちが出演。

まず絢香が歌うマイケルの「Human nature」(上手かった!つかみはばっちり!)を皮切りに、
小野リサ(素敵!)、ゴスペラーズ、BOA(Beat it)、小曽根真 featuring No Name Horses(客席まで降りてきての演奏、生音に感動!)、三浦大知(マイケルメドレー)などなど、を堪能。

前半だけでも相当楽しめた!

そして、30分の休憩。

帝国ホテルの出店しているスタンドでワインをいただき、後半は・・・

クインシー・ジョーンズが連れて来た、
新旧秘蔵っ子アーティストたち!

年齢も幅広く、11歳の天才少女ピアニストから、
超ベテラン ジェームス・イングラム、パティ・オースティンまで!


マイケル・ジャクソンと「Can't stop living you」を歌って世に出た
サイーダ・ギャレットは、
「私の人生を変えてくれた。」と語り、

「・・・私の”Master”、マイケルに。」と
彼女自身が作詞作曲に関わった「Man in the mirror」を歌った。

16歳のギタリスト アンドレアス・ヴァラディに続き

11歳のピアニスト エミリー・ベアーが、大人なジャズを披露し、

どんどん低年齢化してゆく出演者に、
観客一同「どこまで行くの・・・?」とびっくりしながら見守る中

御大が

「この次は、4歳の新人を紹介する!・・・」


! ! !

4歳!? 固唾を呑む観衆。


そこですかさず御大「(小さい声で>)いやそんなワケないでしょ。」

ジョークでした。

「しかし、次に紹介する彼女は、実際4歳から歌っていたよ。
素晴らしい歌手だ・・・パティ・オースティン!」
(彼女は、4歳の時にNYのアポロシアターでデビューしたらしい!)

そして、

パティ・オースティンが「愛のコリーダ」をド迫力で熱唱している途中、

なんの紹介もアナウンスもなく

白いロングドレスを来ていきなり現れ、
デュエット始めたのは・・・

・・・聖子ちゃん!

うわ〜!!!

中学生の頃から、テレビで拝見してきましたが、初めて観た!!!
生「聖子ちゃん」!!!

シークレットゲストが彼女だったとは・・・かっわいい!!!

そして、歌うまっ!英語の発音も(・∀・)イイ!!! 

パティ・オースティン×松田聖子の『愛のコリーダ』、

いいもん観せて(聴かせて)いただきました!

ごっつぁんでした!!!


御年80歳の「神様」は、4時間にもわたるコンサートの間
ずっと舞台袖で見守っていて、演奏が終わるとアーティストをハグで迎える。

後半の「クインシー組」では、自らシンガーやプレイヤーたちの紹介をし、
何曲かは、元気に指揮なさっていた。

そして、最後は、やはりというか期待通り、

出演者総出で、「We are the world」で、締め!!!

観客が一緒に歌えるようにと、

モニターに歌詞出てたけど、見ないでも歌えるっ!!!

まさか、聖子ちゃんと一緒に歌える日が来るとはっ!


クインシー御大、ジェームス・イングラム、若い!




会場は、ここ。

東京国際フォーラム(ホールA)

さすがに、5000人みっちり入ってましたよ。

実質前から9列目だったので、すっごく近くて、感動!!
(Nくん、お誘いありがとう!!!)

プロデューサーの亀田誠治さんのブログ > 「亀の恩返し」 の会場写真、左側客席に、きっと私も写ってる!?

国際フォーラムに行ったのは今回で2度目、・・・十数年ぶり??

昔、TOKIOのコンサートに

国分太一くんに招待してもらって行った事が・・・。

(ふっふっふ。その頃、太一くんと長瀬智也くんにビリヤード教えていたのだ♪
アイドルさんの私生活だからばらさないで来たけれど、もう時効だよね♪
っていうか、太一くんとはメンズ雑誌で「ビリヤード対談」もしたことがあるから、内緒でもないか。)

関連記事
クインシー・ジョーンズ、32年ぶりの来日公演スタート

クインシー・ジョーンズ来日公演トリビュート・パートにVERBALとゴスペラーズが追加決定

クインシー・ジョーンズ来日公演のトリビュート・パートにJUJU、BoAらが新たに決定







上に書き忘れたけど、盲目のピアニストジャスティン・コフリンも良かった!


アレックス・ロドリゲス トリオも!
関連記事

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © Acco姐ェ...キューを担いだ渡り鳥 / ビリヤードプロ【豹柄☆女王】北山亜紀子オフィシャルブログ. all rights reserved.