【動画】マスワリ 無茶振りからの〜、一発ミッションコンプリート。
昨夜マグで、仕事の後残って練習していたら

オーナーのYさんがiPhoneを取り出して
「ムービー撮るから今からマスワリして!」とのリクエスト。

ドッカーンとブレイクして、配置はまずまず。

カウンターに鈴なりの常連さんたちの酒の肴になりつつ、
そのままマスワリできました。
一発ミッションコンプリート(^^)☆

ポジションラッキー1回あったけど。

朝まで撞いて、ロイホのステーキ食べて帰宅。

おやすみ!

☆動画は、Facebookで観れます☆


■動画解説■
取り始め、3番入れて、7番で隠れないところへうまく手球を出せたのですが、4番に対し理想より厚く(まっすぐに)なってしまったので、キューを利かせて、押し球と右ひねりの回転で手球を無理やり走らせたら、オーバーランしてしまい、あわやスクラッチ(手球がポケットインしてしまうファール)・・・!かろうじて残った手球は・・5番に対する角度は悪くないけど、レール沿いにあって撞きづらい。少しキューを立てて処理し、7番には良い振り(角度)を残せたので、後は問題なし!

◆ビリヤードマニア以外の方へ◆
注1;マスワリ、と言うのは、ブレイクから最後まで全部ノーミスで撞き切る事です。9ボールの場合は、1番から9番まで、9個連続で取りきる事。Break-Runoutとも言います
注2;9ボールは、手球を、常に台上の最小番号のボールに当てなければいけないので、ボールを入れる事だけでなく、手球のポジションプレイが大切です。
ポジションプレイのためには、ひとつ前の球で{仕込み}をします。
手球を走らせたい時には、その前の球で、良い『振り』を残すようにします。
そうすると、ボールが右と左に分かれる力を利用して、自然に手球を動かせます。
(角度が厚いと手球にあまり力が残りませんし、逆に薄いと的球に力が伝わりませんので、手球は良く走ります。)
より理想のラインを走らせるために、押しや引き、左右のひねりで調整します。

反対に、手球を止めたい時には、その前の球を厚い配置に残すようにします。



関連記事

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © Acco姐ェ...キューを担いだ渡り鳥 / ビリヤードプロ【豹柄☆女王】北山亜紀子オフィシャルブログ. all rights reserved.