チャイニーズ8ボール ラックの並べ方
中国式8ボール、ラックの並べ方、イングリッシュプールと同じだそうです。

なーんだ、そうか!

・・・ていうかイングリッシュプールって何さ?

そういうゲームがあるのです。

ダレン・アプルトンが、まだそこまで知られていなくて、
まさに 誰ん?・・・って思われてた頃、プロフィールに
”イングリッシュプールの世界チャンピオン”って書いてあって、
「何だそりゃ?」って思った記憶がある。


racka.gif

真ん中が⑧ボール、その下はハイ・ローがひとつずつ。

外周は、ほぼ、ひとつ置きにH,L,H,L,と、同じグループのボールが隣り合わないようにしますが、
トップとボトムに1ヶ所ずつ、HH.LLと隣り合って置く場所があります。

これは、ちょっとめんどくさいけれど、なかなか合理的。

従来の2つの方法では、

ひとつ置きに置いていくと、偏りは少ないけれど、最もブレイクインしやすい3つの頂点が、全て同じグループの球になってしまう。

ランダムに並べて、ボトムの頂点のボールをHとLにするのは、ブレイクインのチャンスは公平に近づくけれど、配置の偏りがすごいでしょ。

いいところ取りの、なかなか優れもの。

(慣れないから、なんか間違えそうだけど(^_^;))
関連記事

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © Acco姐ェ...キューを担いだ渡り鳥 / ビリヤードプロ【豹柄☆女王】北山亜紀子オフィシャルブログ. all rights reserved.