【動画】昭和天皇の植樹された巨木が台風被害に!?(@台湾)


かつて私が中国語を学んだ語学センターのある
國立成功大學のシンボル『三大榕樹(ガジュマル)』。

現地のTVや新聞で
「日本の天皇陛下が植樹されたうちの1本が8月8日の巨大台風の被害に遭い、三つに裂けてしまった」

と報道されたので、気になって見に行って来ました。

(撮影後調べてみたら、
昭和天皇が皇太子時代(大正十三年)に植樹されたのは
三本のうち真ん中の樹で、無事でした。

今回被害に遭ったのは、東側に立っている樹で
弟君の秩父宮が大正十二年に植えられた物とのこと。

ちょっとした誤報だった訳ですが、
ややこしい話ながら
もともと私の読んだニュース自体、別の誤報を伝えるもので・・・、(^_^;)

昭和天皇の植えられた真ん中の樹は、実は
一般には、「國泰(キャセイ)グループのシンボルツリー」として、より知られています。

(日立の「この木何の木気になる木〜♪」、と同じような感じで)

「國泰の、あの木が倒れた!(日本の天皇陛下が植えた木でもあるよ!」とまずニュースになり、

「あの木じゃなかった!誤報だった!(日本の天皇陛下が植えた3本のうち1本!!」と訂正され

それがまたちょっと間違っていたという・・・。

(実は私も、今回調べてみるまで、今上天皇が植えられたものと勘違いしてました(^_^;)


さて、歴史の生き証人とも言えるこの木ですが

成功大キャンパスは台南市民の憩いの場でもあり、
そんな歴史を知る人にも
知らない人にも長年愛されてきたのです。

(私も在学中に、木陰で太極拳の授業を受けたり
思い入れのある樹たちです)

なんとか持ち堪えて欲しいと思いました。
関連記事

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © Acco姐ェ...キューを担いだ渡り鳥 / ビリヤードプロ【豹柄☆女王】北山亜紀子オフィシャルブログ. all rights reserved.