☆ディズニーランド☆
ディズニー2

ちょっと前になっちゃったけど、
帰国したときのことをぜんぜん書いてないから、
忘れないうちに、ぼちぼち書いて行こうかな。
ディズニー3


ディズニーランドへ行きました。
もう通算10回以上は行ってると思うので、
どっちかというとまだ一回しか行ってないディズニー・シーの方に行きたかったんだけど・・・定番だからまあしょうがない。

メンツは、Hくん、王泓翔(ワン・ホンシャン)、周渚・・ゾウ・ジェーイィ) と彼女のお母さん、という日本人二人、台湾人三人。
年代的には、10代一人、20代一人、30代一人、40代一人、50代一人、ときれいにバラけた構成。

ディズニー7

周母娘。仲良し親子です。

お姐ェとHくんは、前日朝まで王のギャンブル勝負につきあって遠出してたので寝不足だけど、
お天気にも恵まれ、なかなか好調なスタート♪
ディズニー

青空に浮かぶ雲までが、ディズニー気分を演出してくれます。

あれに見えるは、ディズニーランドのシンボル、シンデレラ城!

ここへ来たら、とりあえずコレやっとかにゃ・・・


ディズニー4

ネタ仕込み中。

いや~ん、12時の鐘が鳴っちゃう~!!!

ディズニー5


意味わかんない人は、グリム童話の”灰かぶり”を読んで子供心を取り戻してください。
(原作は、いじわるな腹違いの姉が、ガラスの靴をむりやり履くためにかかとを切り落とす!~~~とか、けっこう怖いです。)

何やってんのぉ~???

と、不審げに見ていた台湾チーム。

私が、

”糟糠、来不及了、快要12点了~!!!”
(やばっ、間に合わない、もうすぐ12時だー!)

って言ったら、やっと解って、

「”灰姑娘”だぁ~!」



王が、”俺も撮る~!!!”



おいおい、君は男の子でしょ

ディズニー6


平日なのに、春休みに・・・>>
入ったせいですっごい込んでたので、
とりあえずあんまり並ばないもの優先で

マーク・トウェイン号(トムもハックも大好き!愛読書!)に乗って記念撮影。

ディズニー8


ディズニー9


ディズニー10


で、ちょこっとだけパレード観て、
ディズニー11


今度は汽車ポッポ乗って、ジャングルクルーズ乗って、
ディズニー12

スプラッシュマウンテン並ぼうとしたけど2時間半待ちのところを10分で降参。

ホーンテッドマンションへ向かう途中見た夕暮れのシンデレラ城は、また一味違って美しく、でもなんだかゾクゾク不吉な気配・・・。
ディズニー13


そしてこの後、ホーンテッド(呪われた)マンションで、
まさに呪いがふりかかることになろうとは・・・・・・

きゃ~~~っ!


無責任に つづく






みんなのプロフィールSP


関連記事

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

グリム童話
グリム童話 プロフィール検索 動画検索 画像検索  [続きを読む]
いま人気のコトバとは? 2007/04/13/Fri 21:05
1835年11月30日-1910年4月21日)は、アメリカ合衆国の作家、小説家。ミズーリ州出身。本名は、サミュエル・ラングホーン・クレメンズ(Samuel Langhorne Clemens)。当時最も人気のある著名人であった。ウィリアム  [続きを読む]
童話について 2007/09/14/Fri 15:16
Copyright © Acco姐ェ...キューを担いだ渡り鳥 / ビリヤードプロ【豹柄☆女王】北山亜紀子オフィシャルブログ. all rights reserved.