左手のくれる情報
湿度が高い台湾。

湿気対策で、ビリヤード場はギンッギンに冷房効いてることも多い(そ寒いの苦手だから、それもヤなんだ・・・)けど、それでもグローブは必需品。
お姐ェも、こっち来てからよく使うようになった。

手袋してるほうが難しいショット、なんてのもあって
今まで気付かなかったけど
レストから伝わる情報も大事なんだなー・・・。
と思うようになった。



球越しのフィンガーチップブリッジの場合など、
手袋していると感覚が鈍るので
球触りしがちだし、それを怖がってしまうから入れも落ちる。
素手だと、触りそうかどうかを、微妙な感覚が教えてくれる。



オープンレストで捻る場合も向かない。



お姐ェの伝家の宝刀、ジャンプショットは場合によるねー。
(手袋してたほうがキュースピードは上がるけど
素手のほうが方向感覚はつかみやすいことも。)



だから、今ではキュースピード命のブレイクでは必ず手袋して、
プレイに関してはその日のコンディションや感覚にあわせて使い分けてる。
手袋してても、ショットによって外すようにしてる。

・・・でも、ついついめんどくさくって左手で撞くのに手袋したまま撞いちゃうこともあるけどねっ。






みんなのプロフィールSP




関連記事

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © Acco姐ェ...キューを担いだ渡り鳥 / ビリヤードプロ【豹柄☆女王】北山亜紀子オフィシャルブログ. all rights reserved.