FC2ブログ

2007緯來テレビマッチ総冠軍賽(男子)Day-3&4
yan-hu




12月5日(水)より、
桃園の『台茂ショッピングモール(タイモール)』で行われている
2007緯來テレビマッチ総冠軍賽(年間チャンピオン決定戦)

7日(金)8日(土)の二日間は、

楊清順(ヤン・チンスン)
張裴偉(ザン・ペイウェイ)”偉”は本来は王へんに韋。IEだと化けちゃうので。。。)
傅哲偉(フー・ザーウェイ)
呂輝展(ルィー・フェイザン)

”アダルトチーム”(と言っても、最年長が34歳の傅哲偉なんだけど)予選B組 四選手の試合が行われた。


1試合目

楊清順 11 : 6 傅哲偉

『撞球之子』が、『引き球王子』を圧倒。

2試合目、


呂輝展 11 : 8 張裴偉

呂輝展、
ここのところ調子がよく、
テレビマッチ解説者であり
私のネタ元でもあるSteven氏の予想では、
彼がこの試合注目の黒馬(ダークホース)。


3試合目、

1,2試合目の勝者どうしの対決となったこの勝負。

7月のテレビマッチの決勝戦の顔ぶれでもある。
(そのときは、 呂輝展 のまくりを振り切って楊清順 が優勝。)

今回の対戦結果は


楊清順 11 : 9 呂輝展



この時点で、トータル


楊清順(2勝0敗)

呂輝展(1勝1敗)

傅哲偉(0勝1敗)

張裴偉(0勝1敗)


日付が変わって

8日(土)

総当たり戦の残り3試合。



1試合目

傅哲偉 11 : 10 張裴偉
前日0勝1敗どうしの二人の対戦。

傅哲偉、ヒルヒルの厳しい試合を征して、
望みをつないだ。

張裴偉は、残念ながら2連敗で決勝進出の可能性は無くなった。


楊清順 9: 11 張裴偉


張裴偉、予選落ち確定ながら、腐ることなく戦いぬき、
台湾No.1楊清順を倒し、一矢報いた。


傅哲偉 7 : 11 呂輝展

予選最終試合
楊清順がすでに勝ち残りを決めているので、
1勝1敗同士のこの二人が
残りの一席を賭けて直接対決する形となった。

結果は呂輝展が勝利、決勝進出を決めた。


楊清順(2勝1敗)
呂輝展(2勝1敗)
傅哲偉(1勝2敗)
張裴偉(1勝2敗)


予選確定した楊清順と呂輝展がなんと、
2勝1敗、得点31 失点26で完全に並ぶ!

直接対決した時の結果
(楊清順 11 : 9 呂輝展 )により、
楊清順 が予選B組1位に。


予選B組結果

1位通過
楊清順(2勝1敗)

2位通過
呂輝展(2勝1敗)

ーーーーーーーーーーー
3位
張裴偉(1勝2敗)

4位
傅哲偉(1勝2敗)

===================



明日のベスト4組み合わせは、



A組1位 柯秉逸(カー・ピンイィ) 対 B組2位 呂輝展

B組 1位 楊清順 対 A組2位 呉珈慶(ウー・ジャーチン)












ap_20071209125339483[1].jpg

関連記事

Comment

 秘密にする

どぅやって・・・
どうやってやるのかイマイチわからない・・・来年~○籍するのでまたいろいろよろしくね!
ちん太郎 | URL | 2007/12/11/Tue 11:43[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © Acco姐ェ...キューを担いだ渡り鳥 / ビリヤードプロ【豹柄☆女王】北山亜紀子オフィシャルブログ. all rights reserved.