台北統帥撞球館の夜
古田クンのお店、
台北の「統帥撞球館」からの更新でーーーっす。

[※古田和男(ふるたかずお or グーテン・フーナン)
 台湾育ちの日本人プロ。一時JPBAにも所属していた。昔、アマチュア時代に日本に『留学』していたころ、渋谷のCueの常連同士だったので、知り合ってかれこれ十数年・・・?]


台北にせっかく来ているけれど、
なんせ携帯ぶっ壊れてしまったので(涙・・・だいじに使ってきたんだけど・・・S木ごめん)
誰にも連絡がとれない!

台北市 忠孝東路にあるこのお店に来れば、

古田クンをはじめ、
友人Hくん、
Fくんなど、
”撞球日本人会”仲間に会えるかも・・・と思って扉を開けると・・・

上のメンバー以外全員に、更に
Fくんの彼女さん しゃおしん(クレヨンしんちゃん)こと蘇雲億(スー・インイィー)を加えた
オールスターキャスト勢ぞろい!!!

更に”強力新人くん”を加えたみんなでごはんを食べに行って、
「日本語で球を語る」「日本語で中国語を学ぶ苦労話を語る」を満喫!

全員共通の話題だけに、盛り上がる、盛り上がる!!!

Fクン、楽しかった!ごちそうさまでした!(いろんな意味で・・・お幸せに~)

その後、「映画(木村クンの『HERO』)観に行くんだけど一緒に行かない?」って誘ってくれたんだけど、ラブラブカップルのおじゃまもなんだし、球も久しぶりに撞きたいので『総帥』に帰って古田クンに揉んでもらいました。

激シブの花台だけど、お姐ェも日ごろ1,4個のファルコン花台で撞いてるからねっ!
どっちもブランズウィックメトロだし。

ハンディは5-10.

こっちの男子プロは、とにかくたくさんハンディくれます。
(それでもなかなか勝たせてはくれないけれど)

最初もらって1-0
マスワリで2-0.

次も8番まで行ったけれど、ミスして2-1

そこから、ずーーーーーーーーーーっと座ってるだけ。

古田クンのマスワリを、何回見せ付けられたか。

横で常連さんが

「古田プロと撞いてもつまんないでしょ、まわってこなくて」
「古田さん昨日ね、相手が先リーチしてたのに、マスワリ6連荘でひっくり返して勝っちゃってたよ」


「あー。またチャンスないね。マスワリ配置だ」

なんて言いながら笑ってる。


くやしいから
「私もマスワリしたよ」って自己主張してみる。

「うん、見た。2マスめだよね・・・(遠い昔を思い出すような目)」

チャンスがもらえないまま、そのまま2-7で
3先になっちゃった。


ブレイクスクラッチからとり切ってもう1点、7番回ってきてラッキーでリーチ。

隠れた2番カーブで入れて、薄めにしか見えてない3番を
弱く撞いてスロウさせて”もって行かせて”入れて(これは出しは出ないのでジャンプに決めイレイチ)ぎりぎり届く台中央の手玉、ダーツショットでジャンプ、サイドへイン、そして手玉は・・・コーナーへ。(涙)

4-8

最後は、トラブルを壊しに行った結果、更にトラぶってしまった79を嫌って古田クンが外し、
6番を入れてブレイク、サイドバンクになった7番を入れ、8番をカット、ロングのへの字のゲームボールを撞く前に、

『要打ま?(OKしてくれないの?撞かなきゃだめ?)』 と一応聞いてみて
観衆の笑いを取り、

ど真ん中から叩き込んで 5-8で勝利!!!

うわーい!

観ていてくれたみんなと、ビールで祝杯、
『優勝できたのは皆さんのおかげです』とコメント・・。

古田クン、終了後にちゃんと私がミスした配置を覚えていてくれて、
いろいろアドバイスしてくれた。

ありがとう!

それに、『有進歩!!』って褒めてもらっちゃった。

昔から知っている人に褒められると、更にうれしいねっ!

わー、もう1時だ・・・明日も朝8時半から、楊明山の中の文化大学で講義が・・・帰って寝ないと・・・。
関連記事

Comment

 秘密にする

僕もすごい楽しかったです。

全員が撞球大好きかつ外国語を勉強してる(した)人間の集いって中々ありえへんですね。これも台湾だからこそという気がします。

ところで我が師匠相手に笑いをとりつつ勝つとはさすがっすね!僕もいつも5-10ハンデですけど、なかなか勝てないっす・・・。


とおる@台北 | URL | 2007/12/18/Tue 10:25[EDIT]
とおるクンへ
山の中で講義を聴きっぱなしの練習不足のわりには、
なかなか”状況好”でした。

あの球が今日あれば・・・うう~。。。
akiko+kit. | URL | 2007/12/22/Sat 16:14[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © Acco姐ェ...キューを担いだ渡り鳥 / ビリヤードプロ【豹柄☆女王】北山亜紀子オフィシャルブログ. all rights reserved.